たかにぃ
どもども!たかにぃです!

自転車キャンプには「バイクパッキング」を実践することをおすすめします。

バイクパッキング実践することにより、キャンプ道具の積載のほとんどを自転車に任せて、身体をフリーにすることができます。

でも、

「バイクパッキングってどんなパッキング方なのでしょうか?」

「バイクパッキングはどんな道具を持ち運ぶことができるんでしょうか?」

私のバイクパッキングを例にして紹介しようと思います。

スポンサーリンク

バイクパッキングの魅力

自転車に荷物を取り付ける事をバイクパッキングと言いますが、バイクパッキングって本当に凄いんです。

初めてバイクパッキングを取り入れた時は感動したものです。その経緯を少し聞いてください。

バックパック背負っての自転車はマジで大変だった。

初めての自転車キャンプは2016年12月!寒ー!笑

ロードバイクでキャンプ道具を積むということで、登山用のバックパックを背負って自転車に乗り、キャンプ道具を運んでいました。

たかにぃ
40ℓの安ーいバックパックだったよね〜。

実際にバックパック背負って自転車で5時間とか走ると、結構大変なんです!笑

バックパックの重量を10㎏程度でしたが、背中は汗かきまくるし、肩は痛いし、身体重いしで、キツかったっす。旅もキャンプも楽しかったけれど「もっと楽できないのかな?」と思ったのが正直な感想でした。

バックを自転車に付けるという選択肢!

そこで注目したいのが、自転車用のバック

自転車自体にバックを取り付けることにより、その分自分で担ぐ道具は少なくなります。自転車によってバックの種類は変わりますが、いくつかのバックを使って自転車への荷重を増やし、身体をどんどんフリーにしていきます。

旅がもっと楽しくなる!!

バイクパッキングを導入した結果、旅はもっと楽しくなりました

バックパックを背負うもんだと思ってましたが、自転車に取り付ければ万事解決です。もっともっと長いこと旅をしたいと思えるようになるし、走行中に感じるストレスもそこまで無いので、バイクパッキングは凄くおすすめです。

これが私のバイクパッキング!

実際に私の通勤用ロードバイクにバイクパッキングしてみました。

自転車に取り付けるバックだけで推定40リットルはあります。しかし、これでも全部は入りきらなかったし、自転車バックに入らない形の道具もあったので、いくつかのギアはバックパックに入れて持っていく事にしています。

お値段は??

大容量サドルバックだけ、良いのを購入しましたが、他のは1,500円程度。

安いサドルバックを選ぶのであれば、恐らく1万円ちょっとで全部揃うでしょうバイクパッキングは敷居の高いイメージがありましたが、1万円で一式揃うなら、簡単に始められますよね。

たかにぃ
2016年は全然安いの無かったよね・・・。
スポンサーリンク

バイクパッキングのキャンプ道具一覧

バイクパッキングにどんなキャンプ道具を入っているのか紹介します。

バイクパッキングで使用している自転車用のバックにはそれぞれ名前があって、それぞれ

  1. フロントバック(5ℓ)
  2. トップチューブバック 
  3. フレームバック(3ℓ)
  4. アクセサリーバック
  5. 大容量サドルバック(17ℓ)

というバックの名前になり、付ける位置も決められています。

また、バックの配置によって、収納するギアも変わりますし、それぞれ容量も全然違う。その上パッキングの形状もかなり異なるので、通常のバックパックのパッキングよりも難しく、工夫が必要かもしれません。

たかにぃ
わからないけど、とにかく一度入れてみる!って感じだったね!笑

1.フロントバック

バイクパッキングで1番使用頻度の高い物をフロントバックに入れました。

私の場合は一眼レフの使用頻度がかなり高いので、フロントバックに入れています。他にはお財布やタバコ、歯ブラシ、ポイズンリムーバー等が入っております。

私の使用してるフロントバックはそのまま肩掛けのバックになるので、自転車から離れる時も必ずこれだけは持っていきます。

2.トップチューブバック

フレームのトップチューブに設置するのでトップチューブバックです。スマートフォンにナビをさせるのに活躍しました。

ここにも使用頻度の高いものを入れていて、ティッシュやウエティ、モバイルバッテリーやコード等を収納。完全防水なので、いざ雨が降っても中が濡れることがありません。安心!

たかにぃ
これは普段も使いそうだね!

3.フレームバック

フレームバックはフレームの中のスペースを有効活用するバック。

フレームバックには厚みが5㎝程度しかないので、入れる物はかなり限られます。私の場合は携帯ポンプや六角等の自転車修理キットを入れました。それでもまだスペースが多少あったので、ヘッドライトやランタン類を入れています。

4.アクセサリーバック

フロントフォークに取り付けたアクセサリーバックはテント、ポール、ペグ、ガイライン等のテントセットを収納しております。

私は右側だけに取り付けましたが、両サイドに取り付けることも可能なので、自分の荷物に合わせて追加しましょう。

たかにぃ
アクセサリーバックって他の自転車バックの意味も含んでるっぽいよね。

5.大容量サドルバック

大容量サドルバックはサドルの後ろに取り付ける、サドルバックの大きいバージョンですね。

嵩張って重ためのアイテム、は全てサドルバックにお願いしました。17ℓも容量があるので大変便利ですね。

  1. ダウンシュラフ
  2. シュラフカバー
  3. ダウンパンツ
  4. エアーマット
  5. クーラーバック
  6. テーブル
  7. クッカーセット(バーナーや燃料も)

が入っております。

大容量サドルバックはパッキングにクセあり!

大容量サドルバックへのパッキングには少しコツが必要です。

パッキング方法によってはサドルバックの頭が垂れて、自転車の後輪に擦ってしまいます。そこで、ダウン等の膨張するアイテムがかなり便利。ダウンの膨張の力を使い、サドルバックの硬度をつくります。すると全然垂れない。

シュラフカバーを仕込んで、

シュラフをそのまま入れていく。

たかにぃ
ウルトラライトバックパック系のパッキング方法だな。

大容量サドルバックにはバンジーコードあり!

また、大容量サドルバックにはバンジーコードが付いている物が多く、更に道具を追加することもできます。

私はヘリノックスのグランドチェアをバンジーコードに挟んで積載。しっかり固定されているので、いくら揺れても落ちることはありません。

バックパックにもちょっと入れました!

バックパックも使用しております。(容量30ℓほど)

焚き火台とトレッキングポールの収納場所がどうしても無かったので、バックパックに収納。他にもキャンプ場の最寄りのコンビニで食料やアルコール調達も行う予定だったので、その入れ物にしております。防寒着だってすぐに取り出せるので何かと便利でした。

ただし、重量はバックパック自体も含めて全部で2㎏以内に収まるように考えました。

たかにぃ
2㎏越えると不快指数グンと上がるよね。

バイクパッキングでもキャンプは楽しい!

バイクパッキングでもかなり十分な装備でソロキャンプができました!

もちろん移動中も快適。自転車のキャンプは気軽に満足度の高いひとり旅ができるので、バイクパッキングを揃えて、自転車キャンプデビューしてみるのも如何でしょう?

たかにぃ
気軽にキャンプに行けて良いよね!交通費かかんないし!笑

関連記事

▼自転車キャンプの実態は優雅な旅とキャンプ!

▼巾着田自転車キャンプ!

▼輪行してみた!


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事