スポンサーリンク

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

過去の話(2017年6月27日28日)になってしまいますが、

ロードバイクでキャンプをした内容を紹介します。

ロードバイクでキャンプ

巾着田キャンプ場に

場所は無料でキャンプができるで有名な「巾着田キャンプ場」。

以前自分は東京在住だったので約60キロの距離でした。

地図を貼りましたが、地図とは違います。

実際は全体の1/3くらいの道が荒川沿いのサイクリングコース。

残りの2/3は公道を走りました。

秋ヶ瀬公園でちょっと休憩♪

パッキング

パッキングを紹介します。

サドルバックを使用

装備は3点、

になります。

重たい物はサドルバックやフロントバックに入れて、

リュックの中は嵩張るけど、軽いもの。

例えば、シュラフやテントを入れるようにしています。

パッキングの中身

まず、サドルバックの中身から。

テントはいつも通りデュシューツプラスタープ

今回は標高も100mとかなので夜も大して寒くなる心配はありません。

シュラフ無しのシュラフカバーのみ。あとはエマージェンシーをシートに、イナーシャオゾンをマットで就寝します。

2日目は雨予報だったのでレインウェアを持ってきていて、結局使う事のなかったマイクロンランタンも持ってきています。

コッヘルはツンドラ3ミニブラックバージョンで夜にレトルトカレーをやるつもりで、朝はパスタです。

バンジーコードの部分には外付けでチェアとサンダルをくくり付けました。

ちょっとした時に使える。ミニチェア。 

河原にサンダルは必需品!

フロントバックは行動食と一眼レフ。

デイバックは焚火台のピコグリル。

白い巾着は軽いウインドブレーカー。ポリ袋の中は巾着田の最寄のコンビニで買ったお菓子やお酒です。

スポンサーリンク

こんな感じでキャンプを楽しみました!

こんな感じの装備で友人と現地にて待ち合わせ!

因みにこの友人たちはこの重装備で徒歩で来ています。(笑)

この時シュラフカバーオンリーで寝てましたが全然余裕でした。

不快感も無くです。シュラフに比べると触り心地はやはり劣りますが、そこまで悪くは無い。

一度やってみるといいです。

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓


登山・キャンプランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事