皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日はシュラフカバーでよく知られてる、「SOL エスケープヴィヴィ」の紹介です!

スポンサーリンク

SOL エスケープヴィヴィ

基本スペック

サイズ 213×81㎝
重量 241g
収納サイズ 17×11φ㎝
素材 アルミ蒸着加工を施した特殊フィルム+ポリエステルシート
付属品 収納袋

サイズが213㎝あるので、大人1人がシュラフ被っても余裕ですね。

収納サイズも小さい。

素材がアルミ蒸着加工しているので熱反射効果も望めます。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"]SOLというメーカーはエマージェンシーシートでも有名だよね。 [/speech_bubble]

もちはこび

実測してみたところ、重量は250g

他のシュラフカバーと比べても軽い方ですね。

コンパクトさもそこそこ優秀。

他のシュラフカバーに比べても比較的コンパクトです。

使い方

このシュラフカバー。様々な使い方があるので紹介しておこうと思います。

シュラフカバーとして

シュラフの上から覆うようにして、シュラフカバーとして使います。

生地が防水なので、シュラフを外部の水から守ってくれます

  • テントが結露して床に水が溜まる
  • 結露で水滴がポタポタ落ちてくる

そんな時に絶対持っといた方が良いアイテムだと思います。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 「シングルウォール」のテントだとそういうの多いよね。[/speech_bubble]

防寒対策に

防寒対策にもなります。

エスケープヴィヴィは防水性だけでなく、防風性熱反射効果もあります。

シュラフ自体には防風性はほとんど無いので、タープ泊をする人なんかはシュラフカバーで防風性を高めるのが効果的なのではないかと思います。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"]首元も絞れるから、寒い日には顔だけ出すんよ。 [/speech_bubble]
雪中キャンプで使ったよ!
因みに私の場合、雪上で寝る時は限界温度ー5℃のシュラフにこのエスケープヴィヴィを組み合せましたが、とても快適に寝ることができました。
以前に「HYPER CAMP CREATOR」で紹介させて頂いた雪中キャンプの記事でその装備が紹介されています。

防水スタッフサックとして(パックライナー)

たかにぃ、パックライナー中。

写真の様にシュラフカバーをザックの内側に這わせ、その中に濡れては困るシュラフや衣類を入れていきます

収納袋を入れなくて済む上に、パッキングのスピードも短縮されるのでオススメ。

ロングトレイル中にその性能を確認できました。

大雨でザックがビショビショになっても、シュラフカバーの中は全然濡れませんでした

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] たかにぃのズボン。穴空いてんぞ。[/speech_bubble]
スポンサーリンク

知っておくべき注意点

購入前に知っておいて欲しい、シュラフカバーの事実。

内部結露でシュラフが濡れる

そう!!

意外に知られてないのがこのシュラフカバー内の結露問題

身体から出る水蒸気によってシュラフカバーの中で結露が起こるのです。

そしてその結露によりシュラフが濡れる!

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 結局シュラフ濡れるんかい!![/speech_bubble]

特にシュラフカバーをガッポリ顔まで被せると本当に結露が酷かったっす。

ちょっとシュラフカバーに余裕を持たせるくらいが丁度良いと思います。

因みに、ゴアテックスのシュラフカバーでも濡れるらしいです。

シュラフカバーはそういう宿命なのですね。。。

完全防水ではない??

じつはこのシュラフカバーは完全防水では無い

と言うのも。よーく見ると縫い目にシームテープ貼ってなかったり、ジッパーだって止水ジッパーではありません。

縫い目からジワジワ濡れることがあるかもしれません。

ただ、ビショビショに濡れてもザックの中まで浸透する雨の量は知れています。

今んとこ「シュラフカバーの中が濡れちゃったよ〜」なんてことはありませんでした。

補足事項

実際に使って見た結果

春夏秋冬を通して、かれこれ3年は使い続けてきました。

1年中活躍使える!

冬はシュラフカバー夏はシュラフとして使うので、1年中使ってます。

また、日中はパックライナーとして使っているし、夜はシュラフカバーとして使うので1日中使ってます。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 最強の兼用系アイテムだな。[/speech_bubble]

ながーく使える

かなり耐久性があります。

というのも、寝袋やシュラフカバーにして、パックライナーに使っているのに未だに現役なんですから。

もう何泊したのか数えてはいませんが、少なくとも100泊はしてる。

コスパは最強だなと実感しています。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 中のアルミ蒸着もまだ剥がれてないしね。[/speech_bubble]

夏はシュラフの代わりにできる

個人差はあるでしょうが、夜の気温が20℃前後ならシュラフカバーの単体使用で問題ないと思います。

私の夏の就寝時はシュラフカバーの単体使用ですが、問題なく快適に寝ています。

もちろんシュラフに比べると肌触りはよく無い。

でも、意外にベタベタしないし、あんまり不快に感じた事はありません

12℃でシュラフカバーだけで寝てみたけど流石に寒かった。ウェアは極暖ヒートテック上下にダウンベストでした。

ただちょっと窮屈になる

伸縮性は特にないので、ちょっと窮屈に感じます。

ジップが付いているので少し開けて寝るのも1つの手です。

まとめ

正直、これは1人1個持っといて良いアイテムだと思います。

それくらい使い勝手は良いし、ずっと使える。

素晴らしいです。「エスケープヴィヴィ」。

折りたたみ方

折りたたみ方を載せておきます。

  

あんまり綺麗に畳まなくても、収納袋には入りますが

コンパクトに折りたたんで収納する方法を載せました!

参考までに。

SOLのその他の製品

 

 


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事