たかにぃ
皆さんどうもこんにちは。たかにぃです。

ペグハンマーの素材がチタン製なのを見つけました。

重量がかなり軽いけど、果たして本当に使えるのか?ペグハンマーとしての機能を果たせるのか?色々気になるので、実際に購入しました。今回はそのレビューといきます。

スポンサーリンク

DESERTWALKER「チタンペグハンマー」

基本スペック

重量 110g
サイズ 23×12㎝
素材 TC4チタン合金,密度4.3
付属 収納袋、保護カバー

メーカー名がDESERT WALKERという名のメーカーで、有名なのは激安コットとか出してましたね。中国製品のようです。

ペグも激安なのかと思いきや、実はそうでは無い。割とお高めなのです。

もちはこび

重量

重量を実測してみたところ、135gでした!

たかにぃ
あれ?110gは嘘なの??笑

まぁそれでも通常のペグハンマーが600g〜700gなので、その重さの違いはおよそ1/6程度!(大人気ペグハンマーと比較。)これちょっとペグハンマーとしてどうなの??と疑いたくなるような数字ですよね。

サイズ

サイズ感は割とミニサイズですが、コンパクト過ぎないサイズ。

ペグハンマーの頭の部分がやけに大きめだなと思ったのですが、ここに色々機能がつまっているよう。

実際にバックパックのサイドポケットに収納するとなんかちょっと危なげ。このまま電車に乗れば空き巣犯に間違われるかもしれませんね。笑

収納袋に入れれば何だかわかりません。(収納袋40g)

たかにぃ
収納袋重くね?
スポンサーリンク

チタンペグハンマーの使い方

それではこのチタンペグハンマーの機能性を紹介します。

ペグハンマー

当然ですが、ペグハンマーとしての機能があります。

人間工学に基づいた構造なので、非常に打ちやすいらしいですが、果たしてどうでしょうか??

栓抜き

瓶ビール等の栓抜きにも使用できます。いざという時に活躍しそうですね。

ペグ抜き

ハンマーの後ろ側に小さな穴があり、ここでテコの原理を利用しつつ、ペグを抜くことができます。

はいらねぇ。。。。

お!ジャスト!

ただし、ペグの種類は選ぶようですね。

アライテントの「スティックペグ系」以外は難しいでしょう。

ライフハンマー

ハンマーの後ろ側はかなり鋭利。自分の身を守るための武器になります。

たかにぃ
悪い事に使うんじゃ無いぞ!!

スコップ

ハンマーの後ろ側が長めに作られているので、穴掘りにも使用できます。ペグがなかなか抜けない時は穴掘り機能は役に立つでしょう。

また、雪上でのキャンプ時には、凍った雪上からペグを抜く時に間違いなくスコップが必要なので、この機能は使えるでしょう。

保護カバーを付けよう

ハンマーの後ろ側は鋭利なため、使用しない時は必ず保護カバーをつける事。幼児の手に届くところに置かない事。

実際にチタンペグハンマーを使ってみて

実際にキャンプでチタンペグハンマーを持って行きました。

普段はペグハンマーではなく石でペグを叩く私ですが、ペグハンマーも持って行ってどう感じたのかも話して行こうと思います。

軽い!

最初手にしたとき「軽ッ!」と声が出ました。

ハンマーは重たいものだ!という概念を少し覆すようなその軽さはかなり魅力だなと思います。普段絶対にペグハンマーは持って行かない私でしたが、これなら持って行こうかなと思える。

それに「おめぇ、軽量化してんのにペグハンマー持って来てんのか!?」と誰かに言われたら、すっと持たせてその軽さに驚かせたい。ネタになる。

ソロペグに使いやすい

ソロテント用のペグでしたら余裕で刺さります。石でおっ叩くより楽だな〜と感じました。

また、ペグハンマーの持ち手には防振グリップが付いているので握りやすく、手に振動も伝わらないので、思いっきり叩けます。

たかにぃ
頭部に力がいきやすいね!

ソリステレベルもイケる!?

ソリステのような大きめのペグもイケるかなと思ってましたが、まぁまぁそこまで問題なく打ち込めました。

細かく何回も打つような感じになりますので、少し大変ではありますが、確実に刺さっていきます。ただし、あまりにも地盤が硬い場所だと不安ですね。。。。

そもそもソリステみたいな重たいペグを持って行く人がこのハンマーを選ぶとは思えませんが、一応。

たかにぃ
普通のちゃんとしたペグハンマーでも大変な地盤、あるからね。

尖ってる箇所、危なくね?

鋭利〜!!

尖っている箇所が危ない。武器になりますので、謝ってザックやテント等を突き破らないように注意しておきたい。

保護カバーしとけば大丈夫なんですが、この保護カバーであるゴムキャップが半端なく無くしやすいので、もはや無いものだと考えておいた方がいいかも。

たかにぃ
俺は1日で紛失しました。

100円均一のペグハンマーも軽い

100円均一で売っているペグハンマーも重量120g程度で軽かったんですよね。チタンペグハンマーの方が頭部が圧倒的に大きかったのでペグを打ち込みやすいとは思うけど、重量だけで言えば他の選択肢もあるって事ですね。

てゆか高くない??

このチタンのペグハンマーはAmazonで購入すると6,958円→4,597円となんと2,000円以上OFFされてて、大変お安くなっております。大チャンスですよ!!

たかにぃ

いや、たけぇよ!

皆さんチタンペグハンマー持ってた!

4,000円のチタンペグハンマーなんて誰も購入しなくね?と思ったけど、実際自分購入してますし。実はオフ会でも2人使っている人がいて、「あれ?皆普通にチタンペグハンマー使ってんのね。」という発見。驚き。

アウトドア用品って本当、何が売れるのか分かんねぇなと思いました。笑

まとめ:チタンペグハンマー、買っても良いかもよ?

最後にお話が逸れましたが、チタンペグハンマーのレビューでした。

個人的には、高いとは思うけど、話のネタにもなるし、軽いのに使えるので全然有りかなと思います今までのペグハンマーだったら、重たいから絶対に持っていかないけど、このペグハンマーなら持ち物に入れられる。徒歩キャンパーには嬉しいハンマーですね。

たかにぃ
登山でペグハンマー使用する人も増えそうだよね!

関連記事

▼私が使用しているおすすめペグ

▼ソロテントのペグ事情


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事