スポンサーリンク
Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

「パーゴワークスのニンジャタープ」をもれなく紹介していこうと思います。

皆さんのご協力により記事はどんどん改善されて行きますので是非アドバイスください!

PaaGo WORKS NINJA TARP(パーゴワークス ニンジャタープ )

製品情報

重量 480g(本体のみ)
サイズ 280×280㎝
収納サイズ 27×φ9㎝
付属品 ガイライン6本、スタッフバッグ
素材 ナイロン30D シリコンコーティング

私が使用しているニンジャタープ は旧モデルで、色がグレー。

現在はダークグレーのモデルも出ています。

ペグやポールは付属されていないので別途で購入が必要。

私の場合は

  • ペグ:「ARAITENTのスティックペグ」(1本10g)
  • トレッキングポール:「ローカス CP3」(1本150g)

を使っています。

もちはこび

実際に重量を測ってみました。

  • タープ
  • パラコード
  • 収納袋

全てを合わせて550g。

サイズ感的にはウルトラライトテント(SIXMOON DESIGNS デュシューツプラスタープ)よりもコンパクトになるし、スリムな形をしているので、パッキングはしやすい。

ザックの中に収納する時、横向きでもギリ入る。

軽量シェルターとして考えても、1人用タープとして考えてもコンパクトですね。

スポンサーリンク

ニンジャタープの仕組み

ニンジャタープは他のタープとは少し違って様々な仕掛けがある。

これがニンジャタープ の面白さであり、

何度も何度もキャンパーを楽しませ、心をくすぐってくれる。

どんな仕掛けがあるのか紹介していこうと思います。

手裏剣型タープ。形のこだわりが素敵。

  • たくさん付いてる黒いきのこはハドメ。(タープの外周に複数と中央にあります。)
  • 真ん中のリングもハドメ。
  • 上下にある点線は中にコードが仕込まれていて絞れる

ってな感じで

シンプルに3つの仕掛けをまずは紹介。

特殊なハドメ

ニンジャタープに付属されているパラコードは通常のパラコードとは違います。

ロープの端には「もやい結びになっている側」と「自在金具が取り付けられている側」になります。

ニンジャタープのハドメにパラポードをひっかける。

ニンジャタープのハドメはただ引っ掛けるだけの構造になっています。

ハドメとは
ロープやペグでタープをピンと張るために付けられている金具。パーツ。

なぜ?そんな構造になっているのか?

それはニンジャタープの変幻自在さと大きく関係しています。

引っ張ればテンションがかかります。

写真の黒い部分が自在になりますので

これにより、ひっかけてすぐにロープの張りの調整が可能になるのです。

リングのハドメ

リングのハドメはポールに引っ掛けるのに便利。

タープの中央にもハドメ??

タープのど真ん中にハドメが付いているのはなぜなのかと言うと

 

こんな感じで、トレッキングポールとガイラインを使って背中を引っ張るようにテンションをかけてやれば

居住空間が大幅に広がり、より快適になります。

隠された「圧縮コード」

灰色のコードがタープの中に内臓されていて、

引っ張るとこのようにタープの一辺を縮ませることができます。

タープの内側にマジックテープが!

実はタープの内側にもちょっとした仕掛けがあります。

見えますでしょうか?

トレッキングポールでテンションかけた時にポールがずれないように、ひっかけて固定できるマジックテープがついているんです。

たかにぃ
LEDランタン吊るすのにも使えそうだよね。

このマジックテープはタープの裏側3箇所に取り付けられているので、

時と場合に応じてタープの張り方をアレンジすることができるのです。

ニンジャタープの魅力を語る

ではでは、実際にキャンプでニンジャタープを使用してきて

どんな魅力があるのかを紹介しようと思います。

サイズ感がマジで絶妙

ソロキャンプ にはシェルターにするのに最高の大きさなんですよね。

しかも、2人なら雨宿りのタープとしてめちゃめちゃいい感じの大きさ。

MAXで4人くらいかなぁ〜。

様々な張り方ができるので、人数に合わせて張り方を変えています。

おかげでこのタープ1枚あればなんでもできちゃうのが嬉しいところ。

生地が丈夫!

生地はナイロン30D シリコンコーティングでパリッとした素材になっています。

30Dはかなり絶妙で、しっかりしているのにも関わらず軽いってアイテムには

多く使われているイメージですね。

フロアに敷いても全然平気だそうですよ。

自在が使いやすい!

先ほど紹介させて頂いた6本のパラコード。

自在がマジで使いやすいです。

ペグとの摩擦もないので、テンションの調節がすごく楽。

よく考えられているなぁと感じますね〜。

ハドメが便利!

たくさんあるハドメのお陰で

色んな張り方ができるってゆー便利さももちろんありますが

ハドメのお陰で色んな物を吊るせるのが個人的には大きく嬉しいポイント。

ランタンも吊るすし、虫除けベープとかも吊るしていいかも。

何かと使えます。

ニンジャタープの数々の張り方

これまで数々の張り方を試しきました。

勝手に名前までつけて紹介。笑

皆も色んな張り方で遊べるように、ちょっと詳しく説明しています。

是非試してみてください。

ハーフシェルター型

一番最初はこの張り方。

目の前の景色を思う存分楽しむ事ができる張り方。

程よいプライベート空間もあってめちゃめちゃ快適で最高。

「ニンジャタープめっちゃええやん!」ってなりました。

ムーンライト型

形がモンベルの「ムーンライトテント」に似ていたからこの名前。

保温性があるので寒い時にゴロゴロしながら本を読むのが良いかも。

居住性はあんまりよくなかったけど。。。

マンタ型

これもまた前方の景色を思う存分に楽しめるし、何より広くて快適。

ただ一晩寝てみて思ったことは逆にオープン過ぎたな〜ってことですかね。笑

でも1番お気に入りの張り方。

ウイングタープ型

風通しもいいし、開放的でゴロゴロしながら景色を見れるので楽しい。

これもオープンすぎる張り方ではありますが、めちゃめちゃ広くスペースがとれるので、

タープの下でいろんな物を広げることができます。

オクタ型

禍々しいオーラを放ったこの形。

個人的には「フォルム賞」を捧げたい。

居住性としては覆われているの安心感は半端ないですが、正直出入りしにくい。

でも意外に良かった。

面白いからネタにこの張り方してみてもいいかも。笑

トレイルスター型

先ほど紹介した「オクタ型」にポールを一本追加しただけでこの形。

居住性に関して完璧なテントです。

形もかっこいいし、設営も簡単なのでおすすめ!

オープンタープ型

なんやかんやこういうベーシックな張り方は一番安心感があるのではないかと思った瞬間でした。

張り方も一番簡単なのでおすすめ。

まとめ

他にも張り方はこんなにあるぞ!!

タープ1枚でここまで遊べるのって良いですよね。

色んな張り方ができるのでソロキャンプでも2人でも4人でも出番がある、かなり便利なタープです。

1人1枚持ってても良いんじゃないかなと思います。

たかにぃ
徒歩キャンパーなら絶対欲しいタープだよね〜。

併せて欲しい道具

ゆるーいキャンプしてます。是非ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事