スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日はウルトラライトなテントのご紹介。

数々のULテントを出しているあの「NEMO EQUIPMENT(ニーモイクイプメント)」からいよいよ出て来ました。

HORNET STORM 2P(ホーネットストーム2P)

もともと出ていた個人的には色はあんまり好みではないのですが、ニーモのテントで嬉しいのが、この面積の大きい出入り口ですよね。

のんびりキャンプをしようと思うと開口部の大きさは

  • 景色を楽しむ
  • ゆっくりテント内で座ってご飯を作る

という点で重要になると思います。

では、スペックを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

基本スペック

就寝人数 2名
重量 940g(フライシート・インナーテント・ポール)
本体素材 メッシュ&10Dナイロン
フライ素材 10D Sil/Peuナイロン
フロア素材 10D Sil/Peuナイロン
前室面積  0.7㎡×2(前後)
付属品 スタッフサック・ガイライン・ペグ・リペアキット

インナーテントの素材がブリーザブルナイロン使用とのことで、冷気や風をシャットアウトしてくれる。

テント内の幅と就寝人数

幅が108㎝ということで、

ギリギリ2人いけるかな?

くらいですね。

テントのスペース的に、2人で就寝して荷物は全室に出すパターンかなと思います。

たかにぃ
このスペースで2人で就寝したら暖かいだろうね〜。

自分ならこれを是非とも1人用テントに使って、ゆったりとしたいところ。

テント内の高さ

テント内の最大の高さが98㎝。

身長にもよりますが、平均身長の170㎝の人でギリギリ頭を擦らないかなーって感じかな。

※身長170㎝の人の平均座高は91㎝とかになります。

でも、ドーム型の山岳用テントでは大体100㎝前後なので、悪い数字ではないと思います。

前後の前室

全室は前後に付いております。

結構この前後の全室って便利と聞きます。

片側にザックを置いて、片側で調理スペースができるので快適ですね。

 

軽い。

この

  • 2人入れる広さ
  • 自立式
  • フルクローズ型

を確保しつつ重量が960gということで、かなり優秀かなと思いました。

収納サイズ的には??

収納サイズはどうなんでしょうね??

スタッフサックにインナーとフライを入れるとこんな感じ。

別途でポールをザックの外部に付けるようなパッキングもいいかなと思います。

たかにぃ
俺ならそうするね。

テントの特徴

他にもテントのデザインを見ていきます。

前後のメッシュは広げる事ができるので、風通しGOOD!出典:NEMO公式ホームページ

インナーテントは吊り下げ式。

これなら雨の中でも先にインナーを収納ができる。

中心部から3本に別れるポールによって建てられています。

ポールとインナーテントの連結部分が特徴的なクリップですね。

より簡単に少しでも素早く設営できる工夫がされています。

テントの天井にはポケット。

ヘッドライトを収納してランタン代わりにします。

1Pもあるよ!

ちなみにこのテント、1人用もあります。(アップデートバージョンはアマゾンでは出品されておらず。)

大きさ的にも幅は79㎝まで小さくなりますが、高さは98㎝と変わりません。

重量は760g。

ドーム型の中では間違いなくウルトラライトなテントですね。

まとめ

以上でニーモのホーネット2Pの紹介を終わります。

すみずみまで機能的かつ軽量、設営も簡単!

さすが名のあるメーカーさんだなと思いました。

値段は¥50,760(2019年3月Amazonより)と、まぁやはりそこそこのお値段ですわな。

ちなみに。

アップデートされる前のホーネットストーム2Pはフルメッシュのインナーテントとなっており、最小重量は910gと実は最新のものよりも50g軽い

ただ、今回の最新の方は天井の広さもあるし立ち上がりも垂直になってたりと、中の居住空間が広くなる改良がされているので、是非ともそこも考慮したいところです。

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事