スポンサーリンク

テントって結構たくさん種類があるしメーカーもマジで様々なので私自身、すげぇ迷いました。

いろんなお店に行って建ててもらって中を見ては「うーん。」って帰るようなちょっと面倒なお客さんでした。

たかにぃ
あの時はごめんな。

その甲斐あって、間違いないテントを選ぶ方法を見つけたので今回はその方法とやらを皆さんに紹介したいと思います。

ソロキャンプ初心者のテント

これからソロキャンプ始める人にとって最も大切な道具それがテント

あなたの家となり、あなたを雨風から守る事になるので、機能性によってはせっかくのキャンプも不快な結果に終わるかもしれません。

是非とも内容を把握した上でテントを選んで欲しいなと思います。

  • ドームテント
  • ワンポールテント

をとりあえずマスターしましょう!

スポンサーリンク

ドームテント

ドームテントは文字通り、ドーム型になっているテント。

たかにぃ

因みに俺は最初はドームテントを選んだよ!

ドームテントの構造の特徴

メリット

ドームテントは設営方法が簡単で設営後にテントを持って移動できる「自立式タイプの物が多く、建てた後の場所変更もしやすいのは嬉しい特徴だと思います。また、ドーム状の空間なので、面積の割に広く感じることができます

さらに、ドームテントは耐風性等の強度にも信頼のある構造となっておりますので、山岳テントでも多くみられますね。

あと、前室が広いタイプのドームテントもあるので荷物をテント内に確保したり、雨よけスペースが欲しい人にはおすすめします。

デメリット

しかし、ドームテントは後で紹介するワンポールテントよりもパッキングサイズが大きめになりますし、重量もありますので持ち運びの面に関してはやはりやや劣勢ですね。

ポイント!

メリット
・設営方法簡単!
・面積の割に広い!
・自立式が多い!
・前室の広いタイプもある!
デメリット
・重たいし、収納サイズも大きめ!

ドームテントの細かい構造について

ドームテントの構造は「シングルウォール」と「ダブルウォール」で別れます。

シングルウォール:壁1枚。(結露で中が濡れる恐れあり。)

ダブルウォール:壁2枚。

たかにぃ
最初はダブルウォールの方が安心だと思うよ!

更に、ダブルウォールには「スリーブ式」と「吊り下げ式」に別れます

スリーブ式:インナーテントのスリーブにポールを通して骨組みを完成させ、フライシートを被せる。

吊り下げ式:ポールを先に組み立ててから、インナーテントを吊り下げて、最後にフライシートを被せます。

そして1番安定して使用できるのはダブルウォールの吊り下げ式のテントかなと思います。

ドームテントおすすめ4選

キャンプ初心者におすすめしたいテントはこちら。

基本的に居住性の高いテントで、前室があるタイプ。

コスパ最強!コールマン「ツーリングドームテント」

「ツーリングドームテント」は前室がかなり大きくて荷物もたくさん置けるし、キャノピーが伸ばせるタイプのテントなのでタープも必要ない。

開閉式の3つのドアにはそれぞれ網戸になるような仕組みがあるため、換気の調節もできる優秀なテント。お値段も安いので最初のテントとしては理想的です。

軽さと居住性を兼ね備えた!ogawa「ステイシーネスト」

上で紹介したコールマンツーリングドームとほぼ同じスペックで、前室広めでキャノピーも作れる。

こちらの方が重量が軽く3キロとかなり優秀ですが、値段は高い。ちなみに、私が最初に1番欲しかったテントです。

たかにぃ
悩んだけど高くて買えなかったの。。。

前室のあるイケメンテント!naturehike「Hiby2(ハイバイ2)」

形が超イケメンですね。

前室もあってかなり使いやすそうですが、キャノピーが作れないというのが少し残念。このスペックで重量が3キログラムなので重量的にもおすすめなテントです。

※このテントはフライシート側にポールのスリーブがあり、吊り下げ式になっています。

山岳用の頑丈テント!モンベル「クロスノドーム2型」

モンベルは山岳用のメーカーなので、暴風雨にも耐えられる程の耐久性。

将来的に山にも登りたいなと考えているなら、登山兼用のテントを購入するのも1つの手だと思います。特にクロスノドームは開口部が広めなので、キャンプでも快適に過ごせるテントなので登山とキャンプ兼用で使用している人も多いです。

ワンポールテント

こちらも文字通り1本のポール(ワンポール)で立つテントになります。

こんな感じの三角形のテントで、「ティピー型」、「インディアンテント」等と呼んだりもします。

たかにぃ

見た目はワンポールが1番好き!何より見た目がおしゃれ

ワンポールテントの構造の特徴

メリット

何より見た目がおしゃれなワンポールテントの特徴としては、設営撤収がドームテントより早くできるし、パッキング時も軽量かつコンパクトなんで、手軽さという面では最大のメリットがあるんです

また、ワンポールテントは耐久性も高い構造の為、登山用にも使われる事もあります。(ドームの方が圧倒的に多いけど。)

デメリット

しかし、ワンポールテントはドームテントに比べると、占有面積の割には居住スペースが少し狭いと感じる構造だったり、雨の日には出入り口を開けるとテント内に雨が侵入してしまうことがあるというデメリットがあります。

また、ワンポールテントは非自立式」のテントなので、一度張ってしまうと移動できない。設営後に場所の変更をしようと思うと、全部のペグを抜かないと行けないので、大変なんです。

ポイント!

メリット
・設営が早い!
・軽量でコンパクトな収納サイズ!
・耐久性にも問題なし!
・見た目がおしゃれ!
デメリット
・面積の割には狭い
・出入り口開けっ放しだと雨入る
・非自立式

たかにぃ

現在俺はワンポールテントを気に入って使っているよ!

ワンポールテントを購入時に注意する事

因みに、ワンポールテントにはフロアレス(床なし)で売られている物が多く、インナーを別途で購入しないといけない事が多いです。

というのも、特にコットン素材のテントはテント内で薪ストーブを使用することも想定されているので、インナーテントが別売りになっているパターンが多いんです。

フロアレスの場合は季節によってはもちろん虫が入ります。最初はしっかりインナーテントも購入された方が良いと思います。

▼フロアレスのテントで過ごした結果

ワンポールテントおすすめ3選

ではこれからワンポールテントのおすすめを紹介していきます。

完成されたワンポールテント!テンマクデザイン「パンダテント」

前室をつくれるワンポールテントで、窓が色んな方面で開放できるという細かいギミックが嬉しいテント。

アウトドア・イラストレーターとして有名な「こいしゆうか」さんがプロデュースしているだけあってデザインはおしゃれ!女の子におすすめです!

▼インナーテントは別売り

前室付きイケメンテント!Vidalido「インディアンワンポールテント」

ワンポールテントの弱点である、中に雨が入ってくるのを前室幕の取り付けで克服。

見た目もかなりかっこいいテントですね。これでも値段はインナーテント込みで15,000円を切るのでお安い。素晴らしい。

※別途でポールとグランドシートが必要です。

コスパ最強!バンドック「ソロ ティピー 」

パンダテントが欲しいけど、高くてちょっと手が出ない人にはこちら。

色はホワイトだけでなく、「ダークグリーン」や「カーキ」もあるので普通にかっこいい。

たかにぃ
ポールもインナーも込みなのは嬉しいね!

軽さ710g!シックスムーンデザインズ「ルナーソロ」

アメリカのガレージメーカーのワンポールテントで、重量はたったの710gで半端じゃないくらい軽いです。

また、収納時は洗濯物を袋に入れるかのごとく、ぐっちゃぐっちゃにして入れるのでパッキングが秒で終わるので、ラフなキャンプがしたい方にはかなりおすすめ。現在私もこんな感じのテントを使用しております。

その他のテントの種類

基本的にはドームテントかワンポールテントがほとんどですが、他にも色んなテントの種類があります。

自分の理想とするキャンプスタイルを追求する上で、テント選びはとても面白いので是非チェックしておきましょう。

パップテント

ワイルドな見た目が特徴的なテント。

軍用の幕を使っているので焚火の火の粉にも強く、「ブッシュクラフト」というキャンプスタイルにはぴったり。

サバイバルテイストな男前なキャンプを目指すならパップテントにしてみても面白いかもしれません。

ポップアップテント

海外ではポップアップテントが好まれる傾向があります。

なぜならパッと手を離せば設営完了という、設営が数秒で終わる手軽さがあるから。

ただ、収納サイズが少しかさ張りやすいのと、撤収にはコツがいるので初心者向きではないかもしれません。

鉄骨テント

居住空間の素晴らしさで選ぶなら鉄骨テントが良いかも。

おしゃれなテントが多く、中には10万円を軽く超えてくるビンテージ物もある。

そして重量や収納サイズが大きいので設営と撤収も少々面倒なテントであるイメージ。

ワンタッチテント

これも2分程度で設営完了できる面白いテント。

私が1番最初に4人用で購入したのはワンタッチテントでしたが、本当に簡単に設営できちゃう。

ただ、重たくて収納サイズが大きいのと、耐久性に乏しいので壊れやすい。

ハンモック

ハンモックスタイルはラフなキャンプスタイルとして好まれています。

就寝以外もチェア代わりになるので、軽量キャンプには最適。

ただ、慣れないうちはなかなか寝付けないので、少し上級者の過ごし方。

ソロキャンプのテントの選び方3つ!

テントを選ぶ上で、いくつか見ておきたいポイントがあります。

そのポイントとは

  1. テント内高さ!
  2. 前室の有無!
  3. デザイン!

1.高さ

テントの高さは極力「低いな」と感じるものは選ばない方が良いと思います。

テントの中に座ってみて頭をこすってしまう様なら、もう少し高めのテントを考えた方が快適。

目安としては

  • ドームテントは100㎝以上
  • ワンポールテントは120㎝以上

が良いと思われます。

日本人成人の平均座高
あくまで目安ですが。平均身長と平均座高です。
男性:身長170㎝で座高92㎝
女性:身長158㎝で座高86㎝
(参考:Fist Styleより )

2.前室の有無

前室に足を伸ばす〜。

前室って言わばテントの土間のことです。

前室があった方がいざ雨が降ってしまった時でも、前室にテーブルやコッヘルやバーナーを展開してご飯がつくれる。

テントのフロアの上で調理をすると、溢れてしまった時の後処理が大変だし、最悪火事になる恐れもあります。

また、ザックを前室に出してテントの中を広々と使うこともできるので、やはり前室がついているのはおすすめです。

3.デザインで選ぶ

たかにぃ
初めからデザインで選ぶのはどうよ?

全然ありです!

デザインに惚れ込んでそのテント選ぶことも重要だと思います。

私もデザインで選ぶことが多く、キャンプのモチベーションとしては大きいと感じています。

ソロテントにはペグやハンマーが必要!

通常の4,5人で使用するようなキャンプのテントやタープと、ソロキャンプ用のソロテントでは、使用するペグやペグハンマーも同じである必要は無くなります。

より簡易的な設営手順にするために、丁度良いくらいの機能性を狙いましょう。

ソロテントで使用するペグ

たかにぃ
ペグはやっぱりソリステっしょ!!

いえ、そんな事ないです。

小さなサイズのソロテントにソリステみたいな重くて立派なペグはちょっと過保護すぎるかなと思います。

おすすめは「アライテント スティックペグ  11gで、登山用ペグとしても知られている小さな15㎝程度のペグになります。差し込むのが凄く簡単だし、ペグの強度的にも十分なので設営の時短にも繋がります。

ハンマー

ペグが小さめであれば、ハンマーは100円ショップで購入できる程度の安物でも十分機能します

私の場合はキャンプ場に落ちている石を拾ってきてペグハンマー代わりにするので、そもそもペグハンマーを持って行かない事は多いです。

無駄を最大限に省いたソロテント?

写真をよーく見るとわかると思いますが、フロアが無いんです。

ある程度キャンプに慣れた段階で

  • フロアレステント
  • タープ泊

にチャレンジしてみると良いと思います。

フロアレスはその名の通り、床が無いテントで、シートを敷かないと地面に直で寝ることになります。また、タープ泊はタープのみで就寝することを言います。

虫やプライバシーの薄さの関係で最初に寝るときは緊張します。しかし、少し慣れてくると、自然に溶け込める感じ味わえたり、意外と自然は怖くないことを感じたりなど、自然に対しての価値観も変わる体験ができるのでおすすめ。

何よりキャンプがマジで手軽なんだと感じる事ができ、個人的にはこの「ラフさ」「身軽さ」が大好きなスタイルです。

たかにぃ
サラッとキャンプを楽しむ感じね!

上半身だけ被る、タープ泊。

まとめ:ソロテント選びは悩むよね!

ソロキャンプを始める上でテントについてはこれだけ知っておけば十分かと思いますが、まぁ悩みますよね。

特に最初のソロテントとなると、私もそうでしたが、悩んで悩んで悩み抜きました。笑

というか、ゴールは無くて、実は私も今でもソロテントって悩んでいるんです。だからいつの間にか6張りのテントを持っていて、快適なツーリングドームからフロアレスのテントやハンモックそして半身タープ等、様々な寝床を楽しみつつも、本当の寝床を探しているような、そんな遊びをしています。

「こんな寝床を作ったら面白いかな?」と自分で考えて寝床をつくるのもキャンプの楽しさなんす。

たかにぃ
色んなテント持ってると「別荘感覚」でテント選ぶようになるよね。笑

 


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーリンク
おすすめの記事