スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

軽量キャンプのチェア・テーブルは何を選ぶ??

自転車キャンプや徒歩キャンプで持っていきたいチェアやテーブルは当然コンパクトなもの

しかし、一般で販売されているオートキャンプ仕様のアウトドア用チェアやテーブルって

車でないと持ち運びが困難。徒歩ではちょっとキツイですよね。

「いったい何を選べば良いの??」

ちょっと見ていきましょう。

チェア

アウトドアチェアは色んなタイプのものが存在します。

用途

そもそもどういう用途なのかをはっきりさせておきたいところ。

  • ちょっと休憩して足を休めたいけど、まだ動くよ。
  • しっかり寛ぎたい。もう動かない。

前者のパターンならあんまりリクライニングするようなチェアでなくても良さそう

むしろ、設置場所を簡単に移動できるような簡易的なチェアでも良いのでは無いでしょうか?

後者のパターンは背中をもたれさせて動けなくなるくらいリラックスできるタイプのチェアを選びたいところ。

高さ

チェアの高さは色々ありますが

ソロ用のテントの高さは130㎝程度。

レイアウト的にバランスを良くするためにも、チェアはあぐらをかける程度の低いチェアが良いと思います。

また、コンパクトなテーブルに合わせるためにも、低いチェアが理想だなと感じます。

たかにぃ
地面すっれすれ。

テーブル

テーブルはよく使われるのが高さ10㎝程度のもの。

広さはA4サイズ程度

野菜を切ったり等の調理に使う場合は正直スペック的には全然足りません。笑

是非ともバンダナとクッキングシートを併用して作業スペースを広げることをおすすめします。

持っていかない選択支もある

そもそもチェアもテーブルも持っていかない選択肢があります。

私自身もやったことがありますが、テーブルに関しては持っていかなくても意外にほとんど困りません。

チェアは「寛ぎたいなー」って思うとやっぱり欲しい時はありますが、正直無くてもイケる。

個人差が出るところだとは思うのですが、一度皆さん試して頂きたいと思います。

補足事項
チェアやテーブルが無い時の対処法
  • 山座布団を使う。
  • バンダナやクッキングシートを敷いて調理や食事を行う。
  • 近くに落ちている平らな石をテーブル、大きな木をチェアにする。

しかし、自転車でキャンプされる方はできるだけ簡易的なものでも良いのでチェアは欲しい。

長時間自転車を漕ぎ続けるとどうしても足を休めたいケースが多く、

そんな時にチェアがあると随分楽になるからです

たかにぃ
足を休めないと痛んだりするぞ〜。
スポンサーリンク

おすすめチェア

マジックマウンテン トレイルチェアー 290g

自転車でキャンプに行く時は必ず持って行きます。

収納性が優れていて、ザックのサイドポケットに差し込んでおくことができる。

ヘリノックス グランドチェア 560g

腰がすっぽりハマり極上の気分を味わせてくれるので、ウルトラライトなキャンプでも持って行くことが多い。

重量は少しあるけど、パッキングサイズは意外と小さめなので持ち運びに便利。

エーライト メイフライチェア 770g

アニメ「ゆるキャン△」で出てきたリンちゃんがこれの水色を使ってましたね。

背面の高さが大きくとってあるのでより寛げるチェアになります。

現在日本での取扱店が無いようで、簡単に修理に出すことはできなくなっているらしいので注意。

因みにたかにぃは何を隠そう、リンちゃん推しなのだ。

どうでも良いよ。

おすすめテーブル

キャプテンスタッグ アルミローテーブル 700g

これもリンちゃんですね。

天板はA3くらいの大きさ。(400×290㎝)

ソロキャンプと言えばまずこのテーブルを選ぶ時代もありました。

それくらい大ヒット商品。私も持っています。

SOTO フィールドホッパー 395g

組み立て簡単!使いやすい!で大人気のテーブル。

今や登山では定番品で、持っている人も多いでしょう。

スノーピーク オゼンライト 270g

なんと言ってもビジュアルがかっこいい。

その代わり設営にしにくくさはあるので、購入を考えるならちょっと詳細も見ておきましょう。

ペニグリンファニチャー アルマジロテーブル 250g

木製のローテーブル。

サイトのレイアウトにどうしても木製テーブルを入れたい人にはこのテーブル。

現在Amazonや楽天だと販売されてたりされなかったりしてるので公式ホームページをチェック!

カスケードワイルド ULフォールディングテーブル 65g

(カスケードワイルド) Cascade Wild Ultralight Folding Table

(カスケードワイルド) Cascade Wild Ultralight Folding Table

1,836円(05/21 23:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

素材がプラスティックダンボールでできた完全なるウルトラライトなテーブル。

価格もリーズナブルなので今後定番のテーブルになる可能性あり。

まとめ

以上で軽量キャンプのチェアとテーブルの紹介を終わります。

最後に注意点なのですが、この様なスーパーロースタイルの場合は、頻繁に立ち上がったり座ったりを続けると足が筋肉痛になることがあります。

ザックに荷物が収まるので必要な物は大抵近くに置いていて、動く必要は無かったりしますが、一応そんな場合もあると伝えておきます。

また、逆に皆さんがオススメであるチェアとテーブルも気になるのでコメント頂けたら嬉しいなと思います。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事