スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

本日はウルトラライトにソロキャンプをするなら、こんな道具は如何でしょう??

という内容の記事。

ソロキャンプでULにするならこの道具!

ULキャンプなんだけど、ソロキャンプなので快適性も求めていきたい!!

というわけで、持ってる道具の中でも

最も軽くて便利だなと思うものをまとめてみました。

テーブル 「ウルトラライトフォールディングテーブル」

まずはこのテーブルでしょう!

重量が63gとテーブルの中では最軽量のテーブルでもあり、ミニテーブル系の天板サイズもしっかりと保っているので、とっても使える!

自分的にはUL界のメインのテーブルになってくるじゃないかなと思っております。

「とりあえずテーブル買うならこのテーブルでしょ??」

とおすすめできるミニテーブルになります。

ただ、プラ段なのでちょっぴりチープ感あり。笑

チェア 「グランドチェア」

グランドチェアの重量は615gなのでアウトドアチェアの中でもかなり軽い

やっぱりソロキャンプを快適に過ごすのにチェアはめちゃめちゃ大事だなと自分が実感したので紹介。

因みに、ヘリノックス 「チェアゼロ」の方が490gと、もうちょい軽いのですが、

  • ULテントとの相対的サイズ感
  • ミニテーブルとの相対的高さ

の観点から見るとやはり「グランドチェア」に軍配が上がります。

また、同じくヘリノックスの「チェアワンミニ」も450gなので重量的にはナイスなんだけど

座面が小さくてお尻が落ち着かないので脱落。

やはりグランドチェアが1番なのです。

カップ 「フォルダーカップ」

ひたすらに小さいカップだけどしっかり250ml入ります

重量もパッキング性もピカイチなカップなので、最近皆さん気付き始めて売れ行き良好な様子。

いろんな色があるので、自分の好みの色を見つけて使うと良いと思います。

因みに私が持ってるオリーブ色のフォルダーカップは渋みもあってなかなかカッコいい。

お気に入りっす。

クッカー 「アルミポット」

容量650mlで絶妙な容量はお米も二号炊けるし、お鍋もできる。

アルミだけど重量は130gで軽いんですよね。

何より、焚火飯したりで汚れるとそれはそれで味が出るクッカーなので

焚火が楽しいソロキャンプには是非持っていきたい。

バーナー 「チタンアルコールストーブ」

ガスバーナーも良いけれど、ソロキャンプならアルコールバーナーも楽しみたい

エバニューのチタンアルコールストーブは少量の燃料で水を煮沸できるし、

しっかりメモリもついているので重宝。

火力調整が出来ないじゃないかと懸念される事もありますが、

別途で蓋購入して使えば火力調整だってできるのでご安心を。

詳しくは下の記事にて紹介しています。

焚火台 「ピコグリル398」

焚火を思う存分楽しむのに

ソロならば焚火台はピコグリル398で十分でしょう

先ほどのアルミポットを乗せて飯盒炊爨といこう。

重量が500gでペラペラなパッキング姿は焚火台とは思えない。

シュラフカバー 「 エスケープビィビィ」

SOLのシュラフカバーは実はめちゃめちゃ万能

  • 夏場はシュラフとして活用
  • 冬場ではシュラフカバー
  • 雨の日はパックライナー

しかもSOLのシュラフカバーの内側にはアルミ蒸着がされているので反射熱も期待できる

素晴らしいシュラフカバーなのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上で「ULキャンプでソロキャンプするならこんな道具!」の紹介を終了しようと思います。

ソロキャンプで何を楽しむのかは人それぞれなので多少の個人差はあるとは思います。

でも、

  • ゆっくり座ったり
  • 焚火を楽しんだり
  • 焚火飯やったり

ってソロキャンパーの人たちみんな大好きって言う人の割合多いと思うので

ちょっとでも参考になるんじゃないかなと思います。

また、自分が「コレは是非持って行きたい」と思うものだけに標準を絞り、あとのギアに関しては全てULにしてしまうのも1つの手

自分なりの組み合わせを考えて更に楽しいソロキャンプを研究しましょう!


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事