スポンサーリンク

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

本日は隣のウルトラライトキャンパーシリーズ。ギアレビューをして頂くのはこの方!

いつも元気いっぱい!スズキさん!

ウルトラライト系ギアの魅力に惚れ、キャンプだけでは無く登山にもチャレンジ中

「スズキさん」です!

使用しているザックはFREE LIGHTの「S35W」!

今回はスズキさんがずっと愛用しているテント。

LOCUS GEARの「Khufu HB」のレビューをして頂きます。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="DSC_083.jpg" name="たかにぃ"] 宜しくねー! [/speech_bubble] [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="suzuki.jpg" name="スズキ"] 任せろ!!たかにぃ!![/speech_bubble]

LOCUS GEAR 「Khufu HB」(ローカスギア クフHB)

基本スペック

基本スペック

就寝人数 2名
重量 762g(フライ390g/インナー360g/ペグ12g)
収納サイズ フライ25×12φ㎝/インナー28×12φ㎝
フライ素材 10D シリコン/PU ハイブリッド・コーティング リップストップナイロン
インナー素材・フロア素材 上部:ノーシーアム・メッシュ

バスタブフロア:10D シリコン/PU ハイブリッド・コーティング リップストップナイロン

前室 不明
付属品 収納袋・DACペグS×16本
値段 58,000円

(参考:ローカスギア公式ホームページより)

綺麗なフォルムが特徴。

非自立式のフルクローズタイプのワンポールテントになります。

もちはこび

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="DSC_083.jpg" name="たかにぃ"] 持ち運びはいつもどうしてるの??[/speech_bubble] [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="suzuki.jpg" name="スズキ"] 1つのスタッフサックにまとめて入れてるよ!

それでもまだスペースが余るからウェアを1枚入れてギュギュッと収納してるんだぜ!

[/speech_bubble]

確かにテントの「フライ」と「インナー」と「ウェア」セットで収納してこのサイズは小さいですね。

そしてフルクローズ型で2人就寝できるというハイスペックなテントなのに

重量が762gときた。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="DSC_083.jpg" name="たかにぃ"] 半端ねぇな。 [/speech_bubble]
スポンサーリンク

実際に見て

設営が簡単!!

クフHBの設営は簡単!

ペグを四隅に1本ずつとめてしまえば、フライもインナーも同時に立てることができます。

多少のズレは自在金具ですぐに調節可能。

少し余裕を持たせて設営し、後で自在でギュッとテンションをかけます。

ダブルジッパー

なんとこの入り口部分のジッパーはダブルジッパー!

ちょっと外を覗きたい時や換気がしたい時にめちゃ便利です。

ポール受けがある

クフHBにはローカスギアのトレッキングポールがぴったり合います。(135㎝まで伸びる)

そしてフロア生地の中心にはちょっと厚めの生地。

トレッキングポールのテンションでフロア生地が破けたりしないような配慮がしてあるんですね。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="suzuki.jpg" name="スズキ"]ガス缶の蓋を再利用してさらに強度アップだ![/speech_bubble]

メッシュとインナーはくっつかない!

フライとインナーのスペースになります。

実はフライとインナーがくっついてしまうと結露がバスタブ内に溜まってしまうことがある。

この様に、フライとインナーが離れている事は重要なのです。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="DSC_083.jpg" name="たかにぃ"] へぇー!めちゃめちゃスペースあるじゃん![/speech_bubble] [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="suzuki.jpg" name="スズキ"] フライにテンションをかけてやれば心配ないさ![/speech_bubble]

前室もつくれる

調理くらいならできそうですね!

ただちょっと狭いかも。

でも大丈夫。どうしても広い前室が欲しい人のために、既存の前室の1/3や2/3の大きさのタイプもあります。

就寝人数は1人になってしまうので、よく考えてから決めましょう。

マジで広い!!

ポールの長さが135㎝のものを使っているので、高さもあって中はかなり広いです。

1人で寝るのなら十分!

2人でも楽々就寝できるスペースです!

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="DSC_083.jpg" name="たかにぃ"] 俺のテントの方が床面積はあるのに高さが違うだけでこんなに差が出るものなのか。。[/speech_bubble] [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="suzuki.jpg" name="スズキ"] はっはっは!困ったら俺のテントに入りに来いよたかにぃ![/speech_bubble]

因みに。。。。

トレッキングポールを二股にして真ん中のトレッキングポールを排除することもできます。

DAPEというアイテムで二股で固定することができます。

こんなやつ。

コチラはローカスギアにて別途で販売されています。

めちゃめちゃ良いテントだった。

そんなわけでスズキさんによるLOCUS GEARの「Khufu HB」の紹介でした。

コレだけハイスペックなのに重量760g程度なのはかなり魅力ですよね。

ロングトレイルでも使っている人は多い様です。

それだけ実用的なテントって事ですね。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="DSC_083.jpg" name="たかにぃ"] スズキさんありがとー! [/speech_bubble] [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="suzuki.jpg" name="スズキ"] これからもガンガン使ってくぜー!![/speech_bubble]

因みに公式ホームページでは現在売り切れ(2019年4月)

次回の入荷は2019年7月とのことですので!もう少々お待ちを!


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事