スポンサーリンク

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

キャンプや登山で使用するマグカップって激しく悩みますよね~。

私も散々迷いました。でもある日、「とりあえず持ち運びに便利な物!」って決めました。

それがこの「Fold A Cup」(フォールダーカップ)だったんですよね。

フォルダーカップ基本スペック

製品情報

  • サイズ:9.4cm×7.2cm×2.9cm(折り畳み時)
  • 重量:約25g
  • TPB(BPAフリー)

(参考:Amazonより)

容量は250mlほど入りますので、コーヒー1杯分ってとこですね。

TPBってプラスチックの材質みたいですが、ゴムみたいになっています。

BPAは人体に有害な化学物質なのですが、一応入ってないので、安心して使えるという事だそうで。

「ウィルドー」というスウェーデンのメーカーが誕生したきっかけになったマグカップ。

35年以上同じ形で作り続けているみたいです。

ちなみに

メーカ名が「WILDO」ですが、

「ウィルドー」ではなく「ワイルド」と呼びそうになったのは私だけでしょうか?

もちはこび

実測してみると重量は22g。軽いですね~!

私のお決まりの収納方法はこんな感じ。

フォルダーカップを折りたたんで、中に「エバニューのアルコールストーブ」をいれつつ、「ベルモント チタンシェラカップ250」と抱き合わせる。

見てのとおり凄くコンパクトにこの3点セットが収まります。

これでフリーズドライの袋飯程度ならイケます。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] マジUL。 [/speech_bubble]
スポンサーリンク

実際に使ってみて

ココからは通常のアウトドアマグカップとして、メリットデメリットについて記載していこうと思います。

メリット

こんなメリット!
  • 安い
  • 持ち手が熱くならない
  • 踏んでも大丈夫
  • 滑りにくい
  • 見た目がポップで可愛い

お値段は600円程度なので、アウトドアカップの中でも比較的安い方だと思います。

ホーローのマグ使ったことがある方はよく持ち手が熱くて触れないという事は経験しているのではないかと思います。材質的にはポリプロピレンというゴムのような材質なのでアツアツの珈琲を淹れても、全然平気です。

また、落とそうが、鞄の中で押しつぶされようが、踏みつけようが壊れません。

1度車にひかれた事がありますが、壊れませんでした。笑

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"]どんな状況だよ![/speech_bubble]

ツルツルしたテーブルの上に置いて、斜めに傾けても滑りません。

キャンプのテーブルは傾いている事もあるので、これは嬉しい。

カラーバリエーションはたくさん!

見た目の可愛らしさも大きなポイントですよね!

みんなで乾杯する時も気分があがります!

デメリット

デメリットもあるよ!
  • 匂いがつきやすい
  • 冷めやすい
  • 入手しにくい色もある

ウイスキーなどを入れると結構少々匂いが残ります。

自分はそんなに気になりませんが、気にする人はどうかな??

アツアツの珈琲を入れていても、寒い日なんかはすぐに冷めます。当然ながら、ダブルウォールマグカップや蓋つきのマグには敵わない。

また、色んなカラーはあるけれど、割と入手できるカラーは限定されています。

その時々で代理店が仕入れるカラーは変わるので、欲しい色が現在無くてもちょっと待てばある可能性があります。

まとめ

とことん軽量化するならこのマグカップは定番かなと思います。

収納性抜群だし、正真正銘ウルトラライトです。

安くて使いやすいのでとりあえず持っとくだけでもいざという時、使えるはず。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事