【隣のULキャンパー】BIGSKYのWisp 1Pはウルトラライトで快適なソロテントだった!

たかにぃ
みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

本日も隣のULキャンパーにとっておきの素晴らしいギアを紹介して頂きます!

今回紹介してくれたULキャンパー「太郎くん

あれ?なんかイケメン?

関東で活動しているのULキャンパーの「太郎くん」

テント:BIGSKY「Wisp1」を愛用。(2018年)

バックパック:ZummerBuilt「PikaPack」を愛用。

ビジュアルに強く拘りがあってウルトラライトな道具に手を出し始めたらしい。因みに「太郎くん」の歌と串焼きはめちゃめちゃ上手い!

そして本日紹介してもらうのはウルトラライトなテント!BIGSKYの「Wisp1P」

たかにぃ
太郎くん!今日は宜しくねー!

太郎くん
おっしゃー!任せて!Wisp1Pはおすすめするよー!
スポンサーリンク

BIG SKY「Wisp1P/ウィスプ1P」

重量 576g
サイズ 幅100〜60㎝/高さ120㎝
パッキングサイズ 39㎝×φ11.5㎝
素材 ???

このデータは2018年11月に取得したものです。

現在(2019年12月)はウィスプ1Pは改良されていて、重量は576g→674g。そしてハイブリットダブルウォール構造になりました。より開放的なテントになっております。

太郎くん
以前にも1度改良されていて、バスタブの立ち上げが大きくなったんだよ〜!

Wisp1Pのもちはこび

写真で見てわかると思いますが、ウィスプ1Pの収納サイズはかなり小さいです。

ザック内への収納はもちろんですし、ザックの背面ポケットへの収納もできるレベル。圧縮バックへ収納袋を変更すればさらに小さくなるかもしれませんね。これは凄い。

たかにぃ
かなり幕が薄いもんね〜。
収納は自在ですな!
スポンサーリンク

Wisp1Pの構造を見てみよう!

ではでは実際にどんなテントなのか見せて頂きましょう。

嬉しいフルクローズテント!

ウィスプ1Pはフルクローズテントなので、虫は入りません。

通常、ウルトラライトテントへの選択肢と言えば、フロアの無いフロアレステントが非常に多いんですが、ウィスプ1Pの場合はしっかりフロア付き。しかも、フロアに雨水が侵入しないようにバスタブまで付いております。

たかにぃ
500g代でフロアがあってフルクローズテントは珍しいよね。

太郎くん
フルクローズテントで軽くて収納サイズが小さいテントなら、やっぱりWisp1Pが1番だったね!

前室が広い!

テントを閉めて中でくつろいでみてわかったんですけど、前室がかなり広いんです。

たかにぃ
前室広いのはかなり助かるよね!

太郎くん
この広い前室のおかげで、荷物も置ける。
雨の日には前室での調理が可能になるから、凄く便利よ!

素早い設営が可能!

ウィスプ1Pはかなりシンプルな構造になっておりますので、設営も簡単!ファストパッキングにも最適です!

太郎くん
7箇所にペグを打ってポールを立てればOK!
超簡単だよ!

また、ウィスプ1Pのガイライン(テントの張り綱)はテントにくっついているので自分で用意したり、結んだりする必要はありません。

片手でテンションを強めることができるので素早く設営することができるんですね

ポールは別途で「カーボンポール」を用意!

ウィスプ1Pにはポールは付属していませんので、別途で用意しなきゃいけない。

SixMoonDesignsのカーボンポール(120㎝)がジャストサイズのようですねもちろんトレッキングポールでもOK!ハイキングでの使用を考えるならトレッキングポールをテントポールの兼用にする方法もありますね!

たかにぃ
カーボンポールは俺も持ってて、実測値は45g。めちゃカル!!笑

Wisp1Pを実際使ってみてどう??

たかにぃ
いやぁかっこいいし、使い勝手良いのは見ればわかるんだけどさ。
実際使ってみてどうなの?

太郎くん

それはもちろん!メリットもデメリットもあるよー!

メリット1:とにかくかっこいい!

とにかくかっこいい!フォルムが綺麗ですよね!

しかもBIG SKYのロゴがかっこいいし、色合いも最高!海外製品ぽさもあって渋くて好きなデザインです。

太郎くん
そんなに褒められると照れますなぁ〜。笑

メリット2:フルクローズは安心して寝られる

フルクローズなので、マジで虫が入らない。不安要素なく眠ることができます。

夏場はかなり重宝するし、虫の多い場所でも安心して寝れるのはかなり嬉しいですよね。

たかにぃ
フロアレスのテントだと、虫は普通に入ってきます。

メリット3:天井に頭が付かない

ウィスプ1Pの頂点にループがあるので、タープを連結させています。

ウィスプ1Pの高さは120㎝なので頂点部分に頭の位置を合わせれば、天井に頭をこする事もありません。

100㎝でギリギリのラインなので、120㎝は嬉しいですね。

たかにぃ
座った時に天井に頭が着いてしまうと結構ストレスなんよ〜!

デメリット1:結構結露する

シングルウォールなので結露はします。

立派なバスタブもあるので中に水が溜まってしまうようですので、タオルを持って行って拭き取る必要があります。

たかにぃ
でも、前室部分を開けっ放しにしておけば結露しなくなるよね!
寒い時は無理だけど!笑

太郎くん
まぁ、そういう方法もあるよね!
でもシュラフが濡れないように、シュラフカバーは一応持っておいた方がいいよ!

デメリット2:ちょっと狭いかも

パッドは山と道ULPad15+

ウィスプ1Pは本当に1人用テントになりますので、ザックをテントの中に置いておくのはちょっと困難!

とは言え、部分的には100㎝幅のテントですので、スタッフサック程度なら室内での保管は可能。貴重品はテント内に入れておきましょう。

太郎くん
ただ、張り綱をもう1つ増やすと少し空間が拡張されるから、結構快適になるよ!

デメリット3:生地が薄すぎるかも。

ウィスプ1Pの素材の情報が無いので、何デニールなのかわかりませんが、触ってみると生地はかなり薄いです

あんまり乱暴な使い方をしていると穴が開くかもしれませんので踏みつけたり、引っ張りすぎたりしない方が良いかもしれませんね。

太郎くん
ポールを挿入する場所を間違えて、穴を開けてしまった経験があります。

まとめ:Wisp1Pは快適なウルトラライトテント!

以上でウルトラライトなソロテント!BIG SKYのWisp1Pの紹介を終わります!

総合的にみて、デメリットはあったものの、やっぱりWisp1Pは優秀なテント!欲しいなと思いました。重量やパッキングサイズがウルトラライトにも関わらず、快適性にもこだわりがあるのは凄く魅力ですよね。旅にも使いたい。

ありがとう!太郎くん!

たかにぃ
なんてゆーか。ウルトラライトテントで快適に寝る枠として1個欲しいよね。

太郎くん
いいだろ〜!たかにぃも買っちゃいなよ!

たかにぃ
欲しいけど、BIGSKYでの生産数が少ないんだよね〜。
だから結構在庫切れが多くて入手できる機会が少ないのが残念。

太郎くん
ちなみに俺は何かあった時の為にWisp1Pを2個持ってるんだぜ!笑

たかにぃ
お、恐るべし太郎くんのテント愛!w

ただ、一部改良されておりますので、異なる部分がございます。

改良後のテントの構造の詳細はコチラ

▼Wisp1Pを購入するなら一緒に持っておきたいギア

▼太郎くんはこんなギアも持っている!


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーリンク
おすすめの記事