【ギアレビュー】SOLのエマージェンシーブランケットを1年半使い続けた結果。

Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は私がこの「SOL エマージェンシーブランケット」を1年半使い続けて感じた事。そしてその結果を書いていきたいと思います。

基本スペック

製品情報

重量:210g

サイズ:213×142㎝

パッキング:17×20×3.5㎝

素材:ポリエチレンアルミ蒸着

一応広げると人が2人分は寝転がれる程のスペースがあります。

半分に切って1人用のサイズにしてしまうのがアリかなぁと思います。そうすれば重量も半分になるし、パッキングもよりしやすくなる。

ただ切らなくても折りたたんで二枚重ねにする等の使い方で保温力を高めることは可能でしょう。

もちはこび

今回初めて重量をはかってみましたが、200gもあったのですね。意外と重たい。。。

デュシューツプラスタープ(450g)と組み合わせてULキャンプのつもりでしたが、重量合わせると650gかぁ~。そんなに軽くないのでは?と思ってしまう。

収容時は折りたたんで輪ゴムでとめています。そこそこ小さいですよね。

使い方

それでは使い方を説明していきます。

シートとして

防水性のある素材なのでシートにして使うのは最適だと思います。

雨の日、雪の上でもガンガン使ってますが、染みてきたことは一度も無かったです。

しかも熱反射の機能があるため、直接地面で座る時と、エマージェンシーを敷く時では全然地熱の伝わり方が違います。やはりしっかりと熱反射の効果があるのが分かります。

とは言えど、冬キャンプの時はそれなりに地面からの冷気が伝わります。そんな時はエマージェンシーを2つ折りにして2重にして敷くとかなり変わりましたよ。

ブランケットとして

その名の通り、ブランケットとして使う。

例えば、寝袋みたいに身体に巻き付けて暖をとるとか。

風もシャットアウトしてくれるので防寒着代わりにちょっと羽織るのも良いですよね。

まぁ、ガサガサ音が気にならなければの話ですが。

タープとして

大きさ的には小さなタープになるでしょう。

防水性や反射熱性もあるのでタープとして使うのはとても効果的なはず。

まだその使い方は試してないですが、きっと遮光性もあったりで快適だと思います。

レインスカートとして

レインスカートとして使ったこともあります。

上半身はレインウェアを着て、エマージェンシーは腰に巻き付ける。

アクティブに動けなくなったり防風だとめくれ上がるけど、そうやって兼用で使うのもアリかなと思います。

他にも

また、ハンモックの下の地面に敷いとくだけでも熱反射してくれて効果があるみたいです。いつかハンモックを手に入れたら実験してみようと思います。

1年半使い続けたら

小さな穴が開いています。

エマージェンシーって基本使い捨てと聞いておりますが、その価格は決して使い捨てに出来るほどの値段ではないのでずっと使い続けていました。

もう何度使ったのか分かりませんが、50回以上は使っています。それも砂利の上や岩場の上やかなりハードな使い方しているにも関わらず、穴はこの一か所だけ。相当丈夫なんだなと思います。

まとめ

目立たない脇役なヤツですが、なかなか使えるやつです。コスパ最強。

最近だとエマージェンシ-よりもタイベック派の方が多いと思いますが、色々話を聞いているとエマージェンシーの方が優秀なようですよ。タイベックは意外に防水で無いとか、熱反射は全くないとか。。。

ただエマージェンシーってやっぱり地味なんですよね。お洒落なエマージェンシー出ないかなぁ~。

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする