スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は隣のULキャンパーシリーズ!本日はどんなキャンパーが来てくれるのか!!?

紹介していきます。

今回紹介させてくれたキャンパー

左手には必ずシャンパン!

関東のULキャンパー「スズキさん」。

愛用しているテントはLOCUS GEARのKuhfu HB。

ギアのチョイスに少し変化球があって面白い。

最近ロードバイクに乗り出したという事で、ULキャンプも充実ですね!

スズキ
うふふ。
スポンサーリンク

今回紹介してくれるギア

そんな「スズキさん」が紹介してくれるのは軽量スタイリッシュなLEDランタン

GOAL ZEROのライトハウスマイクロ フラッシュです。

見てわかる通り、スタイリッシュなLEDランタンです。

基本スペック

 製品情報

商品重量:72g

商品サイズ:3.8㎝×8.9㎝

耐水性があるので、雨の中濡れても使える。

価格はamazonにて¥4,000。

たかにぃ
小さい割には高くね?

メーカーは「GOAL ZERO」で、色んな電子機器を出している会社ですね。

軽量化したソーラーなんかは是非とも使ってみたいところです。

もちはこび

重量は72gなので、世の中にある色んなLEDランタンに比べてもかなり軽い方でしょう。

嬉しいのはバッテリー式なので、わざわざ電池を持っていかなくてもいいってところ。

ただ、ヘッド部分の取手がカナビラ状になってないのだけは残念。

テントの天井に吊り下げる為のカナビラは持っておいた方がいいかもしれません。

使い方

使い方を簡単に説明します。

ヘッド部分にスイッチがあるので、スイッチを押します。

すると光り出すのですが、押す回数ことに光り方が変わります。

ライトの照明パターンは3パターン。

  1. 懐中電灯
  2. ランタン明るさ大
  3. ランタン明るさ中

って感じです。

1回押せば懐中電灯

1回目が懐中電灯ですが、結構明るく照らしてくれるのでこのランタンがあればヘッドライト無しでも十分活動可能。

2回目押すとランタン(光量大)

2回目に押すと通常のランタンとして使うことができます。

また、3回目押すと光源は半分に。しかし、それでも十分明るいですが。。。

実際どう?

明るい

結構明るいです。

最初明るさを見た時少し驚きました。

このサイズでここまで明るいのは嬉しいですね。

テント内で使えば十分手元が見えるので、本も読めるかも!

暖色の灯りが良い

このタイプで暖色ってちょっと珍しいなと思いました。

個人的には白色の光よりも暖色の方が温かみがあってテントの中で点けていても落ち着く。

登山系のコンパクトなLEDランタンって白色なものが多くてあんまり選ばないんですよね。

バッテリー残量知れるのが良い

バッテリータイプのランタンは使ってるとバッテリー残量がわからずに、いつの間にかめちゃ暗くなってることがあります。

なので残量チェックができれば次の日に備えて充電したりもできるし、本当に必要な場面のために節約もできる。

長期の旅にはこの機能はマストな気がします。

電池長持ち

実際に付けっ放しで試した訳ではありませんが、一応電池自体は最長170時間持つって。え??

たかにぃ
そんなに長持ちするの!!?
スズキ
半端ねぇな!!

充電自体はUSB差し込んで3.5時間でフル充電のようです。

これは驚異的な数字だなと思いました。

安いシリーズもある!

これまで紹介してきたライトマイクロフラッシュは¥4,000と少し高め。

しかし、それよりも少し安いシリーズも出ていて

名前はライトマイクロフラッシュ。

違いとしては懐中電灯の機能が付いていないだけであとは同じなので、安い方にしても全然アリなんじゃないかと思います。

まとめ

こんなに小さくてスタイリッシュな使えるランタンなので、是非とも手に入れたいところ。

個人的にはテントの中と外に1個ずつ欲しいなと思うところが本音です。

今回の隣のULキャンパーシリーズもとても面白いアイテムを紹介させていただきました。

たかにぃ
ありがとう!スズキさん!
スズキ
またな!みんな!
友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!

ゆるーいキャンプしてます。是非ご参加下さい!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事