スポンサーリンク

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

本日紹介するのは「ピコグリル239」

ピコグリル239/Picogrill239

基本情報

重量 239g
本体素材 ステンレス
組立サイズ 19×19×16.5㎝
収納サイズ 33.5×19×0.5㎝
付属品 ナイロンケース、スピット1本
価格 ¥9,600

本体重量239gだからピコグリル239。

本体素材はピコグリル298や、ピコグリル85と同じ、ステンレス。

位置付け的にはファイヤーボックスっぽいですね。

もちはこび

A4のノート状になるので持ち運びは簡単ですね。

普段使いするようなカバンの中ですら入ってしまうレベル。

この手のウッドストーブって結構ありますけど、ダントツで軽いようですね。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] さすがピコグリル。 [/speech_bubble]
スポンサーリンク

組み立て方

組み立て方も紹介します。

めちゃめちゃ簡単でした。

収納袋から出して、固定してあるスピットを抜きます。

するとこんな感じで開きます。

開いたら、底の受け皿を指で押して固定させます。

四箇所のスリットに底板を引っかければ完成。

スピットは串にしてお肉刺しても良いし、

ゴトクとして使ってもよし。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 「開くだけ」って感じだね。[/speech_bubble]

これは別売りですが、ピコグリル239専用の火受け、またはゴトクになります。(3,100円税込)

ゴトクとしての使用をすれば、火口が固定されるので

重たい物を乗せた時の安定感がありそう。

底に設置することによって安定もするし

燃え移るとマズい場所だったり湿った場所での焚火も可能になりますね。

使い方

焚火台として

普通に焚火として。

ウッドストーブとして

調理にも使用できます。

火口が塞がって薪が入れられないのかと思いきや、

サイドの穴から、入れることができます。

実際どうかな?

完全にボックス系のウッドストーブは結構激戦区。

どんな中、ピコグリル239がどんなメリットがあるのか紹介して行きます。

結構大きい

ピコグリル398とピコグリル239の比較。 出典:Pikari outdoor-shop

火口が結構大きいのでそこそこ大きな焚火が楽しめます。

100均の網で1人焼肉もできそうですね。

耐久性もかなりあるのでスキレット乗せたりしてお肉も焼けそう。

ピコグリルの公式動画では大きなウインナーを焼いている姿があります。

また他の紹介でも、じゃがいもをアルミホイルに包んでインしたり等の

ピコグリル85だと実現できない焚火飯が、このピコグリル239でできたりする。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 箱型だから、サイドの鉄板の壁が熱を反射させてんだね。[/speech_bubble]

高い燃焼効率

燃焼効率が良いようで、薪をどんどん入れていくと大きな炎が上がっていました。

ソロストーブ等の二次燃焼系もかなり燃焼効率良いけれど、

焚火感という観点であればこっちの方が楽しめるかもしれません。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] 二次燃焼系はお行儀良く燃えるイメージ。[/speech_bubble]

耐久性がかなりある

ペラペラなステンレスでできたピコグリル239。

耐久性が気になりますがこのおじさんがかなーり重たそうな岩を乗せています。

それでもピコグリル239は潰れることはない。

これならスキレットも余裕ですね。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] ピコグリルって構造を考える神様みたなとこあるよね。[/speech_bubble]

市販の薪はそのまま入らない

市販の薪を入れようと思うと、

長さは40㎝ってのがちょっと倒れそうで危ない

重量が239gなのは軽くて嬉しいけれど。。。。

ある程度薪を小さく割って中に入れて、重みを作ってからガンガン入れる感じなのかも。

でもここはやはりその辺で拾ってきた木の枝を使用するのが無難かもしれません。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="camptakany1.jpg" name="たかにぃ"] サイドの穴も小さいから、鍋置くと小さい薪を入れる感じかな。[/speech_bubble]

アルコールストーブも使えるみたい

スピットをサイドから刺してアルコールストーブを空中で固定させています

これはちょっと怖いので、あんまり真似できなさそうに思うけれど

別の紹介で見た所、割としっかり固定されているようです。

いざという時に、使ってみようかなと思うところですね。

まとめ

以上でピコグリル239の商品紹介を終わります。

軽いが故にファイヤーボックスとしてのデメリットもあるけれど、がっつり焚火飯ができる。

軽量キャンプでもガンガン焚火飯をする方にはぴったりかもしれませんね。

因みにピコグリル239はピコグリルの正規販売店である「Pikari outdoor-shop」で購入することができます。

数が限られているので、早めの購入を!!

また、ゴトクとメタルシートもセットで購入希望なら楽天で購入する手もありますので、ご紹介しておきます。

あとピコグリル398とピコグリル85も紹介していますのでそちらもどうぞ。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事