スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

ソロキャンプで使うような焚火台て何だろう?

ってことで、この先軽量化も視野に入れた焚火台をおすすめしようと思います。

ソロキャンプおすすめの「焚火台」

バックパックのキャンプでも使用できるような比較的コンパクトさ重視。

そしてビジュアルが命。

ピコグリル398

重量 450g
収納サイズ 33.5×23.5×1cm
火床サイズ 38.5×26㎝
付属 収納袋

スピット(串)

素材 ステンレス

重量は450gと軽く、

収納サイズはA4のノートより少し大きめかなというくらいの薄っぺらい形状がナイス。

バックパックの背中部分に差し込んで運ぶことができます。

かなり頑丈な土台はダッヂオーブンだって置ける。

しかも、鉄板には反射熱効果もあるのでスチールメッシュのものより暖かいらしい!

PaaGo WORKS 「ニンジャ ファイアスタンド」

重量 280g
収納サイズ φ6×39㎝
火床サイズ 36×36㎝
付属 収納袋
素材 ステンレス

本体重量がなんと280g!

めちゃめちゃ軽い焚火台はがっつり焚火飯でも使える事は実際に見てきたので実証済み。

パッキングサイズは直径が6㎝で長さ39㎝の細長なので、

ザックに差し込むか、外付けにしても具合が良い。

とにかく持ち運びに便利な焚火台です。

たかにぃ
焚火台を最後に収納する人は外付けが良いよね!

ロゴス ROSY

重量 700g
収納サイズ φ10×63㎝
火床サイズ 43×43㎝
付属 収納袋
素材 スチール

ステンレス

アルミニウム

シンプルでかっこいい焚火台をなんとあのロゴスから!

お値段もかなりお買い得だし、重量も700g。

収納サイズは細長〜いのでバックパックなら外付けにした方が良さそうですね。

ただ、土台が少しゆるいみたいなので、あんまり重たいものを乗せるのは不安なところ。

MONORAL ワイヤフレームライト

重量 650g
収納サイズ 14.5×29㎝
火床サイズ 37×37㎝
付属 収納袋
素材 特殊耐熱クロス

ステンレススチール

アルミ合金

ビジュアルがひたすらにおしゃれですよね!!

サイトに取り入れたら雰囲気上がること間違いなし。

重量も650gで収納サイズもコンパクト。

火床のサイズどうなんだろ〜?って思ってたけど、37㎝×37㎝なら全然平気ですね。

市販の薪も十分乗せられます。

ただ、クロスの取り扱いには十分注意。

キチンと折ったり、豪勢に焚火すると穴が開きます。

たかにぃ
イケメンな焚火台だから大切に使う!!!

ロウインパクト ファイヤーボール

重量 1,880g
収納サイズ 22.5×12.5×1.2㎝
火床サイズ 33㎝
付属 ストラップ、クリップ
素材 ステンレススチール製

私の知っている焚火台の中では1番かっこいい。そして可愛らしい焚火台。

6枚のステンレスのパネルで組み立てるのですが、

3枚にしてウッドストーブくらいのサイズ感でも焚火が楽しむことができる。

そしてコンパクトに収納できるナイスな焚火台。

ただ、通常の薪のサイズは35㎝〜40㎝なので、はみ出てしまう。

パネルの重さは1枚で330gで6枚だと1,880gな事はちょっとお痛。

選ぶか選ばないかはあなたの自由。

たかにぃ
見た目は最高にかっこいいよね。

UNIFRAME ファイアスタンド

重量 490g
収納サイズ φ6×57㎝
火床サイズ 40×40㎝
付属 収納袋
素材 メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2

スタンド:18-8ステンレス

とてもシンプルな焚火台が信頼できるアウトドアメーカー「ユニフレーム」 から出ています。

収納サイズもスマートだし、重量も490gでバックパックでも持って行ける重量。

それでも火床サイズは市販の薪が乗るサイズなので問題ないですね。

価格帯はリーズナブルではありますが、類似品の焚火台が更に安い金額で出しているので、

思わず迷ってしまう。

でもここは間違いないメーカーにしておきます??

スポンサーリンク

他にも揃えると便利な道具

火吹き棒

これは私も使ってるんですが、相当便利っす。

特に焚火飯をする時!

熾火部分に吹きかけて、燻るのを防ぎます。

モーラナイフ

薪を細かくするためのナイフ。

最初のナイフとしては超ベターで、持っているキャンパーさんもかなり多い。

ロゴス 「焚火シート」

特にスチールメッシュ系の焚火台を使用するなら、これが必要になる瞬間は多い。

草原サイトで焚火をするなら確実に持って行こう!

コニファーコーン フォールディングトング

非常にコンパクトになるトング。

ソロで使う炭バサミとして。

まとめ

というわけで、おすすめの焚火台の紹介を終わります。

ビジュアルで選ぶのも良し!

収納性で選ぶのも良し!

あなたにとって最高の焚火台が見つかると良いなと思っております。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事