スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

皆さんついに出ましたね!

あのMSRから、ウルトラライトなテント!!

その名も「CARBON REFREX1(カーボンリフレックス1)」です!

MSR カーボンリフレックス1 (CARBON REFLEX1) 37011

MSR カーボンリフレックス1 (CARBON REFLEX1) 37011

68,040円(08/23 20:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

CARBON REFREX1基本スペック

見た目がイケメン。さすがMSRだ。出典:MSR公式ホームページ

就寝人数 1名
最小重量 660g(フライシート・インナーテント・ポール)
本体素材 10D ナイロンマイクロメッシュ
フライ素材 7D リップストップナイロン 耐水圧 1,200mm デュラシールドポリウレタン&シリコンコーティング
フロア素材 15D ナイロン 耐水圧 1,200mm エクストリフロア ームシールドポリウレタン&DWRコーティング
前室面積  0.65㎡
付属品 収納袋・ペグ・ペグ袋

ダブルウォールのテントになります。

ポールの構造状、非自立式。

ポールの素材はなんとカーボン!(イーストンカーボンION)

スポンサーリンク

パッキング性能

カーボンリフレックス1と2と3の比較 出典:MSR公式ホームページ

パッキングサイズは43㎝×13㎝と、やや細長い形。

持ってみたサイズ感。 出典:MSR公式ホームページ

これだけでも十分小さいが、個人的にはポールとインナー/フライを分離させて、インナー/フライをググッと圧縮したい

ポールの収納袋も別途で付属していて、ポール単体のサイズ感はザックの外付けにしてもなんらストレスのない程でした。

そして重量が660gときた。

たかにぃ
660gかぁ〜すげぇな。

気になる特徴5つ

設営の楽チン

設営はめちゃめちゃシンプル。

インナーフロアを四隅にペグ打ち。

 

ポールを立てます。

インナー天井をポールに吊り下げ。

フライを被せて最初に打ったインナーペグに引っ掛ける。(ガイラインは使っておりません。)

前室もペグ打ち。

簡単ですね。

フライをかけずにメッシュだけで利用するのも季節によっては気持ちいいでしょうね。

高さ、広さ

室内の広さ的には2m以上ある長さと、70㎝以上ある幅があるので、1Pにしてはそこそこ広いですね。

がしかし、気になるのは86㎝という高さ。

高さが90㎝を下回ると少し居住性に不安ですね。

前室

前室は奥行き61㎝と申し分ない広さですね。

調理もできるし、ザックも置けるでしょう。

ただ、前後にあるわけではないので、注意。(カーボンリフレックス2は前後に前室あり。

フライがノンジップ

フライの出入り口のジップは付いておりません。(前室はジップが付いているのでご安心を。)

ベルクロと小さなフックで閉めます。

無駄を省いて必要最小限にとどめる感じがウルトラライトでGOOD!

ちゃんと閉まるのかな?

と思ったけど、ちゃんと閉まるみたいです。大丈夫だ。

まとめ

以上でMSRのカーボンリフレックス1の紹介を終わります。

大手メーカーであるあのMSRがここまで軽量なテントを出してくるとは、驚きました。

因みにお値段は¥63,000+税です。

たかにぃ
まぁそれくらいするよね。品質的には妥当な値段だわ。

皆さん、在庫がなくなる前に買っちゃおう!

MSR カーボンリフレックス1 (CARBON REFLEX1) 37011

MSR カーボンリフレックス1 (CARBON REFLEX1) 37011

68,040円(08/23 20:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

ゆるーいキャンプしてます。是非ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事