スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!軽量キャンパーCAMPたかにぃです!

今日はフリーズドライでお洒落なキャンプ飯を紹介いたします。

商品の紹介

パッケージがめちゃ可愛い!

鳥取カレー研究所という組織が出しているこのカレー麺。

フリーズドライになっているルゥは鳥取の名産物を使っているそうです。

ハンドメイドで鳥取のガレージブランドのフリーズドライカレー麺!。。。良いですね!!

神奈川県辻堂駅の近くにあるテラスモールのURBAN RESEARCH DOORSで発見しました。

パッケージが可愛いし、完全に乾物で揃えているのでこれで美味しかったら是非ウルトラライトキャンプ飯に導入していきたいと思い、今回購入いたしました。

もちはこび

ジップロックに入れて持ち運びます。

ホームページには内容量86gとは書かれていましたが、実際に測ってみると92g。

袋の重さがあるんでしょうね。いずれにせよかなり軽い。

コレが何キロカロリーなのかがかなり気になるのですが、特にカロリー数に関してはどこにも情報が無いので感覚でお伝えしようと思います。(笑)

作ってみた

作り方は一応裏面に書かれています。

ん??水400mlを沸騰させる前に入れてしまうって事ですかね??

中火っていうのが火力調整ができないアルコールストーブだと少し難しいですね。

TOAKSの550mlのチタンコッヘルで400mlの水を入れて具材を入れてしまったら確実に溢れる。

最初は300mlだけ入れて、吹きこぼれ防止の為に後から水を足していく事にしました。

中火で無いので、時間も8分ではなく、麺の硬さを確かめながら煮ていこうと思います。

吹きこぼれそうになったら一度、火から離すのも良いですね。熱いですから、気を付けましょう!

麺の硬さが良い感じになってきたらカレーの粉末を入れてよくかき混ぜます。

具材を掘り起こし、麺の上にトッピングすれば出来上がり!

食べてみた感想としてはやはり具材に拘りがあるだけ食べ応えがありました。

フリーズドライとは思えないクオリティでした。

一応、カボチャやトウガラシやローリエの他にもキノコとゴボウもたっぷり入っております。

唐辛子の辛さは控えめなのでかじる事ができます。麺をすすりながらちょっとずつかじると美味しい!

このカレー麺で結構お腹は膨れます。400キロカロリーはあるのではないかな??

まとめ

フリーズドライでも極上なキャンプ飯が食べたい!そんなあなたにオススメ!

価格も税込み価格で¥594なのでそこそこリーズナブルですよね~!

一応ネットでも購入はできるみたいなので貼っておきます。

よかったらどうぞ~♪

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓


登山・キャンプランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事