【ウェアレビュー】ユニクロづくしの冬キャンプウェア装備

Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日はユニクロだけで揃えることができる冬キャンプのウェアを紹介します!

お金が無い!

お金が無い時や急に冬キャンプしなきゃ行けない!って時にユニクロで揃えちゃうことができる冬キャンプのウェアを紹介していきます。

とはいえ、ユニクロのウェアってどんどん良い物が出てくるので、あくまで参考程度に見てもらえればと思います。

ちなみに私は実際に冬キャンプをユニクロ一式装備で行ったことがあります。

ユニクロ一式装備

この日の気温は30度。暑い。。。。

これが正真正銘ユニクロ一式装備。

全身黒くて解りづらくて申し訳ないですが、これで冬キャンプをしています。

さすがにマイナス5度レベルになるとダウンベストではちょっとキツイので、長袖ダウンをオススメします

ヘッド

帽子だけユニクロではありませんが、ニット帽ならなんでも。

ネックウォーマーはユニクロです。

寒い中じっと過ごすのに、首は絶対に守りたい場所ですよね。

ネックウォーマーはめちゃめちゃ大切!

帽子は耳元まで覆ってくれるようなニットのキャンプが良いと思います。

こういう帽子にすれば雪中キャンプでもへっちゃら!

ホームセンターで¥1,500で購入できましたよー!

上半身

ダウンベスト

私の場合はダウンベストしか持っていなかったのでダウンベストで過ごしましたが、正直袖まで付いている「ウルトラライトダウンジャケット」の方が確実に暖かいですね。

もしも自転車で冬キャンプされるならよりコンパクトになるダウンベストにするのは1つの手かなと思います。

また、ダウンには風をシャットアウトしてくれる効果もあるため、一枚着ておくだけで随分暖かくなります。

フリース

寒さを凌ぐのにレイヤリング(重ね着)は超重要。

その中でもやっぱりフリースは暖かいので、中間着として是非とも一枚着ておきたいところですね。

極暖ヒートテック

極暖ヒートテックは鉄板!

私は首まで覆ってくれるタートルネックのタイプの極暖ヒートテックを使用しています。

下半身

暖パン

ユニクロの暖パンはすごい。

暖かい上に風までシャットアウトしてくれるので一枚で完結。

見た目もシンプルでおしゃれ。なのでタウンユースとしても使えます。タウンユース程度なら真冬でもこれ一枚で過ごせちゃいます。(東京で使用していました。)

ただ、汗をかいてしまうと相当蒸れます。

暖パンで自転車を漕いでいたら汗でビチョビチョになって風邪をひいた経験があります。

極暖ヒートテックタイツ

ピロっとめくると下に極暖ヒートテックを履いています。

冬キャンプでじーっとしてるとさすがに暖パン1枚だと寒いので。

下にアンダーウェアとして極暖ヒートテックタイツを着ます。

応用編

これは余談にはなるんですが、このユニクロのウェアを私は夏の登山や秋の低山の旅でも使っていました。

停滞する時の防寒着として使っていたのです。

なぜならコンパクトに収納できちゃうから。

例えば私が夏場の高山に持っていくのはこのセット

極暖ヒートテック上下とダウンジャケット。

それが1つの収納袋に収まります。

その収納袋がこちら。

ウルトラライトダウンベスト購入時に付属されている収納袋です。

実はウルトラライトダウンベストを入れただけだと随分と隙間ができます。

なので極暖ヒートテック上下を入れちゃいます。

ほら!コンパクト!

まとめ

冬キャンプで使えるユニクロのウェアでした!

ここまでガッツリユニクロのウェアをキャンプで使い倒している人間私だけなのでは??

ただ、寒さの体感温度はめちゃめちゃ個人差出ると思います。

私が紹介した服+αで持っていくようにしてください。

下手すると冬キャンプは凍死する恐れだってありますので!

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする