スポンサーリンク
Pocket

どもどもたかにぃです!

先日、軽量なソロキャンパーを集めたTwitterオフ会「アルパカ会に行ってきました!

たかにぃ
ノランくんが開催してくれたぞ!!

因みに場所は自由キャンプ場。

富士五湖の中の西湖に位置する湖畔キャンプ場です。

軽量ソロキャンパーが集まる!!

今回はキャンプ道具を軽量化したソロキャンパーが集まると言うことで

私も

たかにぃ
軽量にしなきゃ!!

ということで、色々考えてパッキング!

 

バックパックの中身(ここに追加でシュラフや防寒着、食料を入れています。)

テントを持って行こうと思ってたけど、日差しがキツイらしいので

「タープの方が大切!」

と判断。

なので、タープ泊に半身蚊帳という装備にしてみました。

たかにぃ
今回はハンマーも入ってるんだね〜。
スポンサーリンク

軽量ソロキャンパーたち

いました!

自由キャンプ場には軽量キャンパーたちが並んでテントを建ててます!

パルくんのサイト

ブルーとレッドで統一されたサイト。

ドームテント(モンベルのクロスノドーム)にタープ(モンベルのミニタープHX)の小川張と、

ソロキャンプ王道の間違いないスタイルですね。

これだけ快適な空間も、実はクーラーボックス以外はバックパックに詰め込んで来ているので、車とのサイトの往復もたった1回で済む。

因みに重量はクーラーボックス抜いて14㎏だそうです。

たかにぃ
14㎏でこの快適さは魅力!!

ノランくんのサイト

バックパック1つで電車で来たノランくん。

テントにタープをトレッキングポールで立てて、これまたシンプルなスタイル。

しっかり焚火台まであるし、よく見たら軽量焚火台NINJAFIRE(280g)で、テーブルがULフォールディングテーブル(63g)

重量は全部で13㎏だそう、歩くことを前提としたパッキングだなと思いました。

たかにぃ
NINJA FIRE欲しい!!

ともちゃんのサイト

ともちゃんもバックパック1つで登場。

ウルトラライトなドームテントであるBIGAGNESの「フライクリークUL1」に軽量なチェアとテーブルを合わせたウルトラライトスタイルでした。

レイアウトがハイレベルで、次々と出てくる小物も魅力的なものばかり。

重量は9㎏!

たかにぃ
これ一式下さい!!

ゴリくんのサイト

こちらはゴリくん。

パップテント1張りにコットとマットを敷いただけの超絶シンプルなサイト。

就寝時はパップテントを閉じて、フロアレスで寝ていた!

因みにゴリくんのキャンプのメインは冬場らしいです。

たかにぃ
男気溢れるサイトだ。

たかにぃのサイト

ニンジャタープをシェルターにして、半身蚊帳。

チェアも座布団もあるのでダラダラに過ごしつつ、お酒を飲むスタイルです。

せっかくフリスビー持って来たけど、自由キャンプ場はフリスビー禁止みたいなので飾り付けの看板みたいになっている。。。

たかにぃ
禁止なのかよ!笑

宴会場はえーくんが作ってくれました!

強い日差しを遮ってくれるテンマクデザインのコットンタープのお陰でめちゃめちゃ快適!!

それにしてもかなり綺麗に張ってますね。

たかにぃ
何気にウォータージャグとか食器入れがおしゃれ。

夕方から参加のおじまるさん。

ミスティックの「ミニポップビー」

キャンピングカーの中ではコンパクトでミニマリズムな軽キャンパー!

主に軽キャンで生活をするというおじまるさんの話は本当にミニマリスト

将来私も軽キャンを購入することに決めました。

おじまるさんのキャンピングカースタイルはマジで魅力なので

皆さんも是非おじまぶ」(おじまるさんのブログ)をチェックしてほしいっす。

たかにぃ
俺も軽キャン生活したい!!

軽量ソロキャンのパッキング

バックパックで来てるソロキャンパーのバックパックが気になったので

背負い合いっこもしたんですね。

パルくんのバックパック

山と道の「THREE」

ショルダーハーネスがしっかりしているので肩への負担が少ないのと、

背中で背負える感じもありました。

私は同メーカーのバックパック使っていますが、「THREE」もかなりいいですね。

容量は45ℓで重量686gのスペックは流石、山と道ですね。

たかにぃ
色もデザインも最高。欲しい。。。。

ノランくんのバックパック

グラナイトギア「VIRGA」

容量が52ℓにも関わらず、重量はなんと625g。

軽量バックパックとは思えないくらいショルダーハーネスがしっかりしていて背負いやすい!

かなり気になるバックパックです。

たかにぃ
これもデザインめちゃめちゃ良いよね。
ULテーブルがアクセントになっててGOOD!

ともちゃんのバックパック

ゴッサマーギア「GORILLA40」

ガッチリしたショルダーハーネスとウエストハーネスで荷物は楽々背負うことができます。

それでも重量は863gでこちらも軽量!

何よりこの渋いデザインがたまりません!!

たかにぃ
これ一式下さい!

たかにぃのバックパック

こちらは山と道の「mini2」

「背中で背負う感じって何だろう?」

という疑問を実際に背負って解決してもらいました。

背負いやすくて良いですよね〜♪

まとめ

というわけで軽量ソロキャンプの集まりでした!

みんなそれぞれ持ち味があって面白いオフ会でしたね。

もともと皆さん普通にオートキャンプをしていたので、

軽量に行き着くまでの話で盛り上がりました。

たかにぃ
もともと重量級おしゃれキャンパー目指してたんだね。

バックパックで自分に制限をかけてそこに必要な物を選定して入れていったと言うことで、

やはり軽量キャンプは追い込みが大切なのかもしれません。笑

また、細かいギアも面白かったので後日紹介していきたいと思います!

参加者のツイート


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事