【ギアレビュー】TOAKSのチタニウム550ポットはビジュアル最高、使い勝手バッチリなチタンコッヘル。

Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は私が使っている山やキャンプで使えるコッヘル。「トークスのチタニウム550ポット」のレビューをしていきます。

基本スペック

製品情報

製品名で分かるとは思いますがチタン製。550mlの容量が入ります。

蓋とオレンジ色の収納袋が付きます。この収納袋が割とフカフカで本体をしっかり守ってくれる。余裕があるので、風防等をコッヘルの外側に巻いて、その上から収納する事も可能です。

蓋の直系は13㎜。

コッヘルは内径93㎜・外径13㎜(取手や縁込み)・高さ80㎜になります。

なお、全て実測をした結果になります。

もちはこび

本体重量は100g。収納袋も合わせると125gとなります。(実測した結果)

収納サイズ的には少し大きいマグカップ位と言ったところでしょうか。

収納時にはこの様にしてセットで収納しています。

実際に使用してみて

実際に旅やキャンプで使用しています。

使用してみて実感していったこと、紹介していきます。

550mlである事

そもそもなぜ550mlなのか??

少し前にハイカーの中で流行ったのはスノーピークの450ml。チタン素材になると基本的に煮沸専門でコッヘルを使用する事が多い。

それにウルトラライトにしようと思うと食料もフリーズドライになってくるので、450mlで十分なんですよね。アルファ米を作るのにもお湯が200mlもあれば十分ですから。コッヘルにお湯を溜めて、その中にアルファ米をブッ混むわけですよね。450mlで十分です。

しかし今回私は敢えて550mlという容量にしました。

実際、パスタがギリギリ茹でれるサイズになるなと予測してたんですけど、コレがまぁまぁいい線突いておりました。

今まで作った物

   

まぁ、パスタかアルファ米かどっちかしかつくっては無いのですが、この2つさえつくる事ができれば大抵の料理がつくる事が可能になるかなと思います。

というのも、正直1つの旅でアルファ米かスープしか作れないというのは少し退屈するなと思ったので、幅を利かす為にも「せめてパスタをッ」と思っていたのです。

こんな使い方しています。

アルコールストーブに五徳を置いて風防をセット。五徳にコッヘルを置いて調理しています。

コッヘル内には200、300、400、500mlまでしっかりと目盛りも付いているので安心して水の分量を測る事ができます。

ただ煮沸専門でしか使っていないので、炒め物などはしたことがありません。

チタンは焦げ付きやすい上に、アルコールストーブは別途で蓋をセットしないと火力調節もできない。そう考えるとどうしても煮沸専門にしてしまうのが妥当かなと思っています。

見た目が可愛らしい。

この長細くもなく、ちょっとふっくらした見た目が可愛いですよね。

チタン素材の質感もマッドで愛らしい。

そして更にはこのTOAKSのロゴである足跡がまたいい味出しています。

蓋の取手がチマっとしているところも可愛いポイントの1つ。お家に飾っても様になります。

取手が熱くなる。

薬指で取手をしっかりと掴む事ができる仕組みになっている!

取手がゴムで保護されている訳ではないのでめちゃめちゃ熱くなります。

そのまま掴むと火傷してしまうので、私はいつもハンカチで取手を覆いながら掴んでいます。

それだけがちょっと面倒だなと思っています。

でも、取手にゴムの保護が付かないこの裸状態の取手もこのTOAKSのコッヘルの可愛らしいポイントだと思っています。

まとめ

皆さんコッヘルを選ぶ際には色々と悩まれる方が多いとは思いますが、チタンで煮沸専門で良いよ!って方は是非このコッヘル。可愛くて良いんじゃないかなと思います。

因みに私の場合はアルミ、チタンとその日の料理のメニューに合わせて使い分けています。

また、旅でも実際に使用しているので、是非コチラも!

【LONG TRAIL】フェリーに乗って南房総ロングトレイルチャレンジ!!(計画編)
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント