スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!

前回は道具の紹介をして行きました。

今日は川苔山のデイハイキング「実践編」と言う事で!

早朝集合

2019年1月27日。

朝方8時前に駐車場「TOKYOトラウトカントリー」にて皆さん集まりました!

今回私たかにぃは飛び入り参加で参加させて頂きました。

たかにぃ
失礼の無いようにな!!

因みに私を含めて皆さん登山の経験は何度かあるそうですが、冬場の登山は初めてとの事で。

気を引き締めて登ります。

ただ、実は雪山登山は初めてのソロの登山もそうでした。

遭難しかけた記憶が蘇ります。。。

スポンサーリンク

登山スタート!

熊に注意だぞ!のポーズ。

「TOKYOトラウトカントリー」から歩く事10分程。

川苔山の登山口に到着します。

ここから登山スタートです!

少し長めの舗装路を歩くことになりますが、それが終われば沢と隣接した登山道を登って行きます。

川沿いのコース

コースと隣接している川は前回記事でも話した川苔谷に流れている川になります。

迫力があり、色んな表情を見せる川なので見てて面白い。

がしかし、足を滑らせて落ちようもんなら一撃であの世行き。

しっかり足元を見ながら集中して登ります。

あんまり日が当たらない

また、谷に沿って歩いているせいか、なかなか日に当たることがありません。

よって気温は常に零下

地面が乾いていたから良かったものの、雪が積もったり、濡れていたらと考えると少し恐ろしい。

ちゃんとアイゼンを携帯しておいた方が良いと思います。

長いつらら。

百尋ノ滝

しばらく登って行くといよいよ「百尋ノ滝」に到着します。

到着時刻は9時半なので、1時間半程歩いた事になります。

これが百尋の滝だ!

思ったよりでかい。

そしてガチガチに凍っていることに驚きました。

たかにぃ
滝って凍るんか!!?

しっかり水が流れております。

近くで見るととても神秘的。自然が作り出すアートは偉大ですね。

ただ綺麗だからと言って近付き過ぎには注意です。

滝壺は凍っていましたが、そこまで氷は厚く無いですし、

何より昼間に近くに連れて凍った滝が少しずつ解凍されているのです。

何が起こるかと言うと、大きな氷が上から落ちてくるんです!!

たかにぃ
マジかよ。こえぇな。

滝の側でプチ休憩。水分補給が大切!

キツい登り

百尋の滝を過ぎるとそこそこの急登が待っています。

ここでペースを崩すとバテてしまう。

こまめに休憩と水分補給をしながらゆっくり登って行きます。

稜線上のルートがなかなか綺麗で圧倒されていました。

ただ、風が強いので休憩しようとすると恐ろしく寒い。

ウインドブレーカー必須です。

そしていよいよラストスパート!

この坂を登れば頂上!

登頂!

とうとう着きました!

時刻は12:00

しっかり川苔山の写真を納めましたよ!

たかにぃ
撮ってくれたお兄さん。ありがとう。

お昼ご飯

もうお腹もペコペコなので「きつねうどん」。

持ってきたお茶も温めて、ホットな緑茶にしました。

山頂で食うメシウメェー!

唯一ホットサンドとコーヒーをやろうとしているオシャレな奴が。。

みんなカップラーメンとかサトウのご飯とかでした。

特に紹介はありません。笑

たかにぃ
男だねぇ〜。

いやそれにしても山頂は寒くて、タオルが凍っていました。

下山

うふふふふ。

時刻は13:00

下りは私を含め皆さんかなり軽快なステップ。

荷物も軽いので、トレイルランニングです!

下りは走った方が良いのかゆっくり歩いた方が良いのか議論をしていました。

たかにぃ
因みに私は走る派です。

お疲れ様でした!

下りはあっという間にふもとまで着いちゃいました。

到着時刻は15:00

山頂から登山口まで、およそ2時間で着いちゃいました。

早いですね。

因みに後日私は恐ろしいくらい筋肉痛で階段を降りれませんでした。

たかにぃ
体力ねぇよな。

今回一緒に歩いたキョウさん、スズキさんはギアレビューもさせていただいているのでよかったらこちらも!↓

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!

ゆるーいキャンプしてます。是非ご参加下さい!

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事