スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

2019年4月21日〜22日の1泊2日で雲取山に登ってきましたので、そのご紹介をいたします。

今回は物語編のDAY2

前回DAY1も紹介していますので読んでない方コチラもどうぞ!

DAY2

暗闇のスタート

時刻はAM3:00

我々は起床し、朝ごはんも食べず撤収作業。

スズキさんとほぼ同時のタイミングで撤収をし終えて、ヘッドライトとLEDランタンで周辺を照らしながら歩き出しました。

ナイトハイキングです

闇の中で片付け。

なぜナイトハイキングをしているのかと言うと、雲取山で朝日を見ようという作戦を立てたのであります。

そして何より

「ナイトハイキングというものをしてみよう!」

というちょっとした好奇心もありました。

集中力を研ぎ澄ませ、昼間とは全然雰囲気の違う静かな山の中を歩きます。

一寸先は闇で緊張はしますが、これはこれで素敵。

休憩の時なんか

落ち葉の上に腰を落として、真っ暗な夜の山を感じるのは気持ちが良い

たかにぃ
1人で来てたらチビってたけどな。

道のりは結構長く、途中アップダウンのある迂回路も通っていたので

時間がかかり、

そしてそうこうしているうちにだんだん明るくなってしまいました。

日が出て来て暖かくなると思いきや、残雪がちょこっと。

寧ろ少し寒く感じます。

そしてとうとう雲取山を視界にとらえました。

三条ダルミで小休止をとった後、

最後の登り!雲取山への道を登ります!

この登りがね。結構きついんです

私は2年前にここでたくさんの虫に襲われながら足をガクンとひざまづいたのを覚えております。

今回は一度も呼吸が乱れなかったので、成長ですね♩

雲取山

雲取山に到着しました!

時刻は8:00で、休憩含めて約4時間程。

たかにぃ
朝日は全然無理だったね。

ここでようやく朝食をとります。

ここまで行動食で過ごしていましたが、やっぱりしっかりと朝食がとりたくなりますね。

うーん!最高!

ちなみに、私たちがご飯を食べた場所は山頂ではありません。

本当の山頂はそこから徒歩2分の場所にありますのでお間違えなく。

こんな石碑があるよ!

意外と知らない方が多いのかな?と思ったので、載せておきます。

下ります

さて、1時間程休憩を取ったので、行きます。

このカットが1番好きだ!

今回も素敵な山だったなぁ。雲取山。

また来ます。

雲取山を超えてからの稜線は気持ちのいい道が続きます。

景色もとても綺麗だし、何より雰囲気があって良いですよね。

奥多摩小屋への道。

以前にテント泊ができた奥多摩小屋はもう閉鎖されていましたが、水場だけは生きていました

そこで水の補給をしつつ、また稜線を歩きます。

ただ、水場までの距離が結構長いので、覚悟していかないといけません。笑

稜線上の途中、気持ち良さそうな芝生を見つけたので、寝転がってみました。

もうね。最高に気持ちが良かったんですよ。

30分ほど寝てしまいました。

たかにぃ
のんびりやなぁ〜。

走って帰る。

鴨沢コースに入った瞬間。

足を早めます。

毎回恒例と言いますか、鴨沢コースの下りは小走り。

うおぉぉぉぉおお!!

もちろんこのまま走り続ける訳ではありません。

しっかりと途中途中景色も楽しみます。

わぁ〜綺麗だなぁ。

ゴール

時刻は13:00下山しました!

コースタイムは休憩が自由すぎて参考になりませんが9時間半!

水平移動距離16㎞

914m登って1471m下りました。

睡眠時間が少ないのもあってそこそこ疲れていましたが、優雅な登山だったなと思います

スポンサーリンク

反省

全体的にストイックな登山ではなく、

優雅なハイキングや旅に近い感じで歩けたのは良かったですね

たかにぃ
正直、ハンモックを持って行ってお昼寝タイムをしたかった!!

因みにこのコースは私が登山を初めてから2回目でも歩いています。

その時は1日目で攻めるプランで、1日目に親川バス停から登り雲取山を超えて奥多摩小屋まで行きました。

しかし、その時テント場に夜到着だったし

雲取山を目の前にしてひざまつく程、キツかった。

この2年で歩き方と計画の立て方に関し、そこそこの成長を感じたので良かったと思います。

たかにぃ
最初の登山もひどかったよね。無謀。危険。お馬鹿。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事