スポンサーリンク

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

こんな感じのタイトル通りで、割とコテンパンにされました。

そんな北岳の登山を紹介します。

北岳の概要

コース
歩いたコース 1日目:広河原〜白根御池小屋(宿泊)

2日目:白根御池小屋〜北岳〜広河原

歩行距離 1日目:2.44㎞

2日目:7.51㎞

タイム 1日目:3時間(休憩含める)

2日目:8時間半(休憩含める)

ただ、この歩行距離とタイムは「空白の4時間」を抜いております。

その空白の4時間については文末に記載されているので、

気になる方はこのまま読み進めて下さい。

たかにぃ
空白の4時間。。。。
スポンサーリンク

お盆の洗礼

私が今回の北岳の登山を実践したのは2019年8月10日〜11日というガッツリお盆の最初

しかも8月11日は「山の日」だった。

早朝でも渋滞

私たちが出発させたのは朝5時半

にも関わらず高速道路(中央道)は大渋滞

通常なら2時間以内には着くのですが、3時間以上かかってしまった。

バスが1時間単位

私たちが駐車したのは「市営芦安駐車場」。

駐車場自体は第八駐車場まであったので、ギリギリ止めることができました。

バス乗り場は駐車場から徒歩10分ほど。レストランもあったよー。

時間に余裕があるなら足湯もあるよー。

しかし、バスは1時間単位で出ているので、9時どころか、10時のバスも逃した我々は

奇しくも11時のバスに乗り、

結局登山口に到着したのは12時半だったのであります。

お盆の洗礼

今回の私のお荷物。

このように、お盆休みの初日は恐ろしいくらい交通機関がパンクし、予定が狂わされることがわかりました。

絶対にこの時間にはスタートすると決めていても叶わない事もあると想定し、

予定を組みましょう。

たかにぃ
反面教師で聞いてくれ!

北岳記録

そんなこんなでとりあえず登山は始まった。

広河原〜白根御池小屋

バスが広河原インフォメーションセンターに到着し、

我々はトイレを済ました後に出発。

バスの遅れもあったので結局12:30のスタートとなりました。

低山ばかりの私とは違い、標高が高いところ大好きな2人に同行。

登山口

初っ端。長い吊り橋があり、これが結構揺れます。

そして、「これから凄い冒険が待っているぞ」感があります。

たかにぃ
吊り橋ってテンション上がるよね!!

白根御池小屋へGO!!

そこにはかなり緑豊かなコースが待っていました。

これは最高のコース。

思わずツルツルした木の感触を確かめたり、

コースを流れる水流を足でチャプチャプしてみたりした。

それくらい楽しいコースでしたね。

それが急に結構登り始めて

よろよろと階段まで登ることになったりして

第一ベンチ

ああ〜ん。ベンチィ〜。

かと言って、時間があまり残されていないので

「第一ベンチ」で休息すること無く、素通り。

幾度となく足上げを要され、凄急登を登り続けた私たちは

冷たい水場や開放的な景色などというご褒美すらも与えてもらえず、

第二ベンチ

疲れた。。。

14:18

約1時間半の登りを経て、「第二ベンチ」にて、根こそぎ気力を持って行かれたのでした。

たかにぃ
ザックに装備されてる鍋が気になるね。笑

それからもずっと登ります。

緩やかな登りは無く、急登続き。

小さな癒し(北岳の花)

なんていうキノコなんだ!!?

ミヤマハナシノブ

ギンリョウソウ

シモツケソウ

なんだろう??

 

14:40

この看板を見た時には登りは緩やかになり

少しアップダウンのあるコースになっていました。

 

滝を発見!

15:00

ご褒美きました。滝です!!笑

ここで水分補給をしつつ、顔を洗ったりしてスッキリします。

気づいたら私は身体中びしょ濡れになっていました。

たかにぃ
不純物の無い、綺麗な滝だったね!

水浴びしたお陰で、虫がまとわりつかなくなり、楽しいハイキング。

白根御池小屋

15:20

私たちは今回の宿泊所である「白根御池小屋」に到着

池の畔でキャンプができる素敵なテントサイトです。

お盆なのでぎっしりでしたが。。。

空白の4時間

そして時刻は飛んで、19:42

私たちはお鍋を目の前にしていました。。。。

これから15:30〜19:30までの間「空白の4時間」で起こったことを話します。

まだ歩く。

本来の目的地は実は「北岳山荘」。

というわけで、行けるとこまで行こうという話で歩いてみることにしたのであります。

この感じでコースが続くなら確かに不可能ではないし、

最悪暗くなってもヘッドライトでナイトハイキングする手もあると思っていました。

残雪が見えるぞ!!

16:10。「二俣」到着。

引き返す事を決意

しかしガレ場の道は危なくて急ぐ事もできず、

この先のガレ場を暗闇で歩くかもしれないリスクを考えるとやはり恐ろしいので

止む無く私たちは「白根御池小屋」に引き返すことにしました。

というわけで私たちは19:30再び「白根御池小屋」に到着し、急いでテントを設営し

ひっそりと離れた場所でお鍋をしたのでございます。

いやぁ疲れた!!

たかにぃ
初めて登る場所には余裕のあるプランが必要だね!

続く。。。。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事