【自作ギア】アルミ缶のパッケージを活かしたアルコールストーブを作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日はアルミ缶でアルコールストーブをつくろうと思います。

今回のアルミ缶アルコールストーブ

自作アルコールストーブでよく見るのはアルミ缶の底を2つ、組み合わせるパターンが多いですよね。

でも今回、アルミ缶は1つしか使いません。

1つでできちゃうのです。

前回の失敗編ではアルミ缶を2つ使っていました。

しかもパッケージが逆さまにならないので、可愛くできちゃう!

これは是非作りたいでしょう!

用意するもの

  • コンパスカッター(100円)
  • カッターナイフ(ロフト)
  • ホッチキス(100)
  • 油性マジックペン(100)
  • 定規(100)
  • ハサミ(ロフト)
  • ラジオペンチ(100)
  • カッターの刃(ホームセンター)
  • キリ(100)
  • 木のブロック(ホームセンター)

ズラーっと並べてみましたが、これらのほとんどは100円均一『ダイソー』で手に入れたもの。(100と書かれたものが100円均一で揃えたものです。)

なので誰でも簡単に手に入るものばかりだし、明日にでも購入して実践することだってできるのであります。

一応怪我を防止するために、こういった薄手のタイプの手袋をしましょう。

指に滑り止めが付いている方が好ましいです。

アルミ缶がスルスル滑るので。

作り方を紹介!

私自身この方法を探していて、色々実験をしつつやっと成功しました。

たくさんビールを飲んでアルコールストーブを作りましたよ〜!

そんなアルコールストーブの作り方を紹介していきます。

1.燃料入り口開け

まずはコンパスカッターを使って空き缶の上部に穴を開けていきます。

この穴は燃料を入れる口になります。

コンパスカッターでは5〜7周くらい空き缶の蓋を傷つけていきます。

およそなん㎝の穴を開けます。

コンパスカッターは傷をつけるためだけに使います。
ここで切断するわけではないので、注意。

その後、カッターで飲み口の部分から切っていきます。

カッターを傷口に押し込むようなイメージで切っていきましょう。

最後はラジオペンチでパタパタ上下に動かせば綺麗に切ることができます。

無理矢理引っこ抜いたりすると切り口が汚くなるので注意!

2.噴射口開け

お次に噴射口を作ります。

穴は12箇所に開けますので、先に十字のポイントにマジックで印をし、

その後、2点の間に2点印を付けます。

こんな感じ!

印を付けたら2㎜のキリを使って穴を開けます。

手首をグリグリ動かすだけで穴は開きます。

こんな感じ!

3.空き缶切断

ここでホームセンターで置いてある端材を利用します。

これは1つ30円!

丁度高さが3㎝だったので使えるなぁと思い購入しました。

この様にカッターの刃を木の端材の上に置くことで、きっちり3㎝の高さをキープしてアルミ缶を切断することができるのです。

空き缶を上から抑えつつ、くるくる回転させ、空き缶を傷つけます。

これも5〜7周くらいさせましょう。

この時点では空き缶を切断するのではなく、傷つけるイメージ。
切断しようとして力を入れると空き缶が潰れるので注意が必要です。

空き缶を反対にして、同じく傷を付けます。

目安としては傷つけた部分が空き缶の内側にも浮き出てきてたらOKのサイン!

カッターで切り込みを入れましょう。

これもカッターを押し込む様な感覚!

一箇所一箇所丁寧にカッターを押し込んでいきましょう。

傷がキチンと付いているとカッターを使わなくても、手で切り取ることもできます。

押すだけで切れていく!

最後は何度もパカパカさせれば綺麗に切ることができます。

無理矢理引きちぎらないようにしましょう。

4.内部パーツの作成

空き缶の余ったパーツを使って、アルコールストーブの内部パーツを作っていきます。

まずは縦方向に切断。

反対方面に曲げることで、空き缶がカールするのを防ぎます。

3.7㎝の部分に印を付けます。

3.7㎝幅の帯を作ります。

それを切って、

空き缶の底に合わせて丸めます。

パッケージが内側に来るようにしてください。

ホッチキスで止めます。

止めたら余った部分をカット!

その後、ハサミで筒の底になる部分に三角形を切り込みます。

三箇所に三角形です。

こんな感じ!

5.空き缶底仕上げ

空き缶の底になるパーツをラジオペンチでギザギザさせます。

だいたい底側面の半分くらい掴んでネジネジネジっていきます。

6.いよいよドッキング!

内部パーツを底パーツにセットして

上部パーツを被せます。

できるだけ均等に力を加え、押し込んでいきます。

「カチッ」と言えば完成になります。

たかにぃ
完成ー!燃料入り口のギザギザはヤスリでこすると滑らかになるよー!

ワークショップもやったよ!

実は先日行われた「テンマクデザインさん」と「こいしゆうかさん」のイベント

酒と焚き火とPANDA」で

自作アルコールストーブのワークショップを開催させて頂きました!

photo by 猪俣

photo by 猪俣

たかにぃ
写真はKIPPISwith campでお馴染みの猪俣慎吾さんに頂いたよー!

思いの外、参加者のみなさんに好評でたくさん喜んで頂けたので嬉しかったです!

しかもみんな綺麗に作れていました!すごい!

お仕事の以来、受け付けてます。問い合わせの方からどうぞ。

まとめ

以上、空き缶のパッケージデザインを活かしたアルコールストーブの作り方でした!

ぜひ、自分の好きなデザインの空き缶を見つけて、世界で1つだけのアルコールストーブ作りましょう!!

たかにぃ
自分で作ったバーナーで飲むコーヒーは最高だよね!!
友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする