【CAMP×TRAIL】二泊三日の尾瀬でキャンプ旅(前編)

Pocket

みなさんこんにちは!

CAMPたかにぃです!

今日は尾瀬のキャンプ旅一日目(2017年9月25日)、紹介していきたいと思います。

DAY1.MORNING

電車に揺られて

朝5:30に赤羽にて電車のタイミングを合わせました。

高崎線で沼田駅に向かいます。まだ9月ですが、この日は肌寒い朝でした。

沼田駅に着いて、バスまで時間があるので、朝ごはんを食べます。

平日なので、閑散としています。

シーズン的には紅葉の時期なので土日は激しく混むみたいですよ。

平日って素晴らしい。(笑)

尾瀬の旅スタート

大清水でバスを降りて、尾瀬の旅がスタートします。

実は大清水から一ノ瀬休憩所までシャトルバスが出ているのですが、何も知らず、少し広めの道をずっと歩いて行きます。

日差しも強いため、すでにバテる、三人。

正直、同じような道がずっと続いてて少々退屈でした。シャトルバスに乗ってしまってもよかったなと今では思います。

一ノ瀬を抜けると

一ノ瀬でサクッと休憩し、歩きます。

急に景色が変わります。道もゴツゴツ。完全に登山道です。

それにしても、紅葉がまだ全然で、周囲の木々は青々としています。

まだ早かったか。。。

石清水の湧き水

石清水。

湧き水でのんびりコーヒーつくって飲みました。

石清水を超すと三平峠までは特にポイントは無いので割愛。

どんどん登ります。

DAY1.NOON

三平峠で

記念写真。(笑)

本当に楽しみにしていたのはこっち。

「ヤンさん」「アユムさん」が作ってきてくれたこのエナジーバー!

甘くて美味しい、超高カロリーのエナジーバーでした!

さて、いよいよ尾瀬沼までも終盤と差し掛かりました。

尾瀬沼到着

三平峠からそんなに歩かないうちに、尾瀬沼は現れました。

そこからは超絶ボーナスタイムです。

気持ちいい、自然によるテーマパークって感じです。

尾瀬沼山荘で少し休憩。

長く、綺麗な木道

横を向けば尾瀬沼と燧ケ岳。

尾瀬沼に着いてから、気持ちいい木道を歩き、尾瀬沼キャンプ場に向かいます。

尾瀬沼キャンプ場

こちらが尾瀬沼キャンプ場になります。

基本的に木の上に設営する事になります。

非常に絶妙な場所に建つ、デュシューツ。

木の上に建てるので。ロープ等用意しとくべきでした。ボクはロープが無い上に、非自立式テントなので、地べたに張りました。

※本来は自然保護されていると思われるので、絶対に真似はしてはいけない。後日気付きました。申し訳ない。

到着してからはテントで各々の自由な時間です。

本を読む、たかにぃ

早速お昼寝。この後、暫く起きない。

尾瀬沼写真集

尾瀬沼でお散歩してきた写真を並べるだけです。

特に説明もできないので、不親切。すみません。

テントサイトの木道。

明日歩くとこ、チェック。

学校。でなく、何かの施設。隣に食堂があった。

途中、テントサイトに戻ると2人が起きてたので、感動を伝えました。

「尾瀬沼が!ヤバいっす!!!」

んで、みんなで見に行く。黄昏る。

黄昏写真

DAY1.NIGHT

DinerTime

夕食の時間がやってまいりました。

今日の献立は

  • 焼肉
  • すき焼き

料理長の「やんさん」「アユムさん」により調理がすすみます。

焼肉(高級なお肉との事。)

すき焼き。こうや豆腐に味が染みるのに時間がかかる。

感想としてはこんなに幸せな飯があるのかというくらい美味しい夕食でした。

感謝です。

また尾瀬行く時も是非、このすき焼き、食べたいなと思いました。

それにしても夜は冷え込みました。

標高が1600m代なので、0.6×16=9.6℃も都内とは気温差があります。9月とは言えどしっかり防寒着が必要ですね。

因みにボクは極暖ヒートテックを上下に着て、その上からフリースダウンジャケット着ています。お陰様で、凍えずに快適な夜となりました。

おやすみなさい。

DAY2に続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする