ソロキャンプをする時の必要な道具を紹介します!

Pocket

こんにちは!CAMPたかにぃです!

本日はソロキャンプをするならどんなキャンプ道具が必要になるか?どんな装備になるか?

そして最後にはパッキング方法等も含めて紹介しようと思います。

ソロキャンプ道具一覧

この装備一式に、シュラフや防寒着が加わります。

野外で生活する事を考えた、

たかにぃ
これ本当に全部入るの??

 

入るんです!!

こんな感じ。

このバックパックは30リットルで装備の総重量が6〜7㎏と

かなり軽いウルトラライトスタイルです。

たかにぃ
パソコン入れて参考書や弁当入れた時と同じくらいの重量かな。

でも容量を50リットルにすればまだまだ入るし、

15㎏以内であれば全然背負う事はできます。

どうですか?

ちょっとイケそうだなと思えてきました??

ソロキャンプで必要になる道具

バックパック

まずはバックパック。

有名ブランドを選べば高いけれど、かなり丈夫なのでずっと使用できる。

安い中国製のバックパックでも良いと思うけど、壊れないという保証はできません。

テント

テントは色んな種類があるのでかなり悩みますよね。

居住性・機能性を重視するのか、パッキングの簡単さを重視するのか。

はたまたビジュアルを重視するのか。

因みにソロキャンプのペグ選びなら小さくて軽いもので大丈夫。

この辺をおすすめします。

シュラフ

キャンプにシュラフは必須アイテム。

最初に良いシュラフを購入しておけばその後何年も持つので実は拍数で割ると安い。

最初の1つはスリーシーズンシュラフを持っておくのが鉄板かなと思います。

また、併せて持っておくと便利なのがシュラフカバーやダウンシューズ。

これがあれば冬場も問題なくキャンプできます。

マット

マットも色んな種類がありますよね。

バックパックでキャンプするならエアーが1番コスパが良いけど、

軽さ重視ならロールマットでも良い。

テーブル

テーブルがあるとちょっと特別な気持ちになりますよね。

テーブルは人間らしさを維持するものだと、とある尊敬する師匠がおしゃっていました。

動物と人間の境界線でございます。

チェア

チェアは持っていかない事が多いですが、

たまにはちょっと自然の中でゆっくり座ってビールを飲んだり読書したい。

そんな気分転換で持っていきます。

バーナー

バーナーはどれでも良いって訳ではなく

商品によって特性が様々。

メリットとデメリットを見極めて購入しましょう。

クッカー

クッカーは素材や形によって料理のメニューが変わります。

キャンプで何を食べるのか、イメージしながら選びましょう。

また、おすすめのマグカップとカトラリーです。コンパクトで軽い。かつ安価!

クーラーバック

クーラーバックは凍らせて持ってきたお肉を安全に保管するのにも重量。

コンビニでビールを買ってキャンプ場で飲む時、ヌルイと嫌ですもんね。

数時間でもいいので、冷たく保存できるクーラーバックを持っておきましょう。

created by Rinker
BIG SKY INTERNATIONAL(ビッグ スカイ インターナショナル)

焚火台

キャンプの醍醐味は焚火。

焚火をするなら焚火台は必須アイテムですが、その辺の焚火をおいそれと購入した日には

重たすぎてお留守番になってしまいます。

できるだけ、軽くてパッキングしやすい物を。

また、焚火をする時の薪を割るナイフとして、私も使っている定番のナイフがあります。

安くて使いやすい、コスパ最高のナイフです。

ランタン

野外で食事する時、テントの中で本を読むときも

ランタンは必須。

特にLEDランタンは万能にしようできるので、コンパクトになるものを1つか2つ。

選んでおきましょう。

ヘッドライト

ヘッドライトは脇役に見えるけれど

調理時やトイレ行く時、洗い物する時など、両手が塞がる瞬間って意外と役に立つものです。

1つは持っておきましょう。

私が使用しているのはの暖色も出る、目にも優しいジェントスのヘッドライト。

ソロキャンプであると便利な道具

これらもソロキャンプするのにはやはり必要。

ソロキャンプをより便利にする道具たちだ。

ガスランタン

灯油ランタンまで行くとちょっと重たいなぁ〜と思うので

ではせめてガスランタンを持って行くのは如何でしょうか??

特にプリムスのマイクロンランタンは堅牢で壊れません。

ガスヒーター

冬場はなんだかんだ言ってストーブがあるととても便利です。

冬キャンプを楽しみたい方は1台持っておくのがおすすめ。

BRSのヒーターは中国製で安いけど、丁度良い大きさとそのスペック。

ただ、火事には気をつけましょう。

スイムタオル

ソロキャンプの後はゆっくり温泉に入りたい。

タオルは意外にかさばるので、スイムタオル。

これはマジで便利。持ってない人は騙されたと思って使って欲しい。

十徳ナイフ

瓶ビールやワインのコルクを開ける瞬間ってふと訪れるもの。

そんな時にこの十徳ナイフを使用します。

ちょい変!

いち早くウルトラライトなソロキャンプに近くために

リーズナブルでコスパの良い道具をご紹介。

まずはここから初めてみても良いかもしれません。

ソロキャンプに出かけよう

準備が整ったらキャンプに出かけましょう!

私が電車とバスで行くならおすすめするキャンプ場もリストアップしました。

ただ自分が住んでる場所が関東なので、関東の情報になってしまって申し訳ない!!泣

また、忘れ物が無いようにするための

持ち物チェックリストというものも作りました。

ソロキャンプのオフ会もあるよ!

当サイト「minimalize gears」ではキャンプのオフ会もやっております。

宜しければ是非CAMPたかにぃとキャンプして下さい!

キャンプ友達欲しい!!

たかにぃ
それが目的だ!!!


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ