スポンサーリンク

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

ソロキャンプっていくらくらいで始めることができるんでしょうね?

正直、価格を落とせばとことん落ちると思うんですが、快適では無いキャンプになってしまっては本末転倒。やはり快適で楽しいキャンプだからこそ、ソロキャンプは楽しいと思います。

ソロキャンプ道具の費用は結構高い。

キャンプ道具を購入するのにはそれなりの資金が必要。

ハマるか分からないのにそれだけの資金を投入できないですよね。

何も考えずに道具を揃えると20万程飛びます。笑

たかにぃ
アウトドア用品店の店員さんにギアを選ばしたら
テント4万、シュラフ2万、マット8千、焚火台1万とかかもしれないね。
怖いね。
スポンサーリンク

ソロキャンプの道具を5万円で揃える。

これくらいの荷物量を目指します。

今回は全部で5万円程度で揃えます。

もちろん5万円だからと言って快適性は落としません。

ルールはシンプルに3つ

  • 5万円程度!
  • 快適!
  • 積み込み簡単で設営楽チン!

を条件として、道具を紹介します。

    テントセットで19,000円

    まずはテントやペグやペグハンマー等のセットで19,000円です。

    テントには雨風を凌ぐための貴重なアイテムではあるけど

    他にもプライバシーを守る、荷物置き場、夜露の濡れから守る等の効果もあるので、絶対に必要です。

    テント:16,000円

    おすすめするテントは少し高いけど、キャノピー(ヒサシ)が伸ばせる、広い前室がある、2人でもストレス無く使える、最悪ペグ打たずとも立つ等のメリットを兼ね備えていて、このテントさえあればわざわざタープを購入して広げる手間が省けます。

    たかにぃ
    タープが買う必要が無くなるんだよね。

    テントを立てるのに必要な物:3,000円

    テントだけだと、ダメ。他にも道具は必要になります。

    グランドシート:1,400円

    グランドシートはテントの下に敷くシート。インナーテントが泥で汚れるのを防ぎます。

    たかにぃ
    もっとコストを抑えたい人にはブルーシートってゆう手段もあるよ!

    ポール:1,500円

    キャノピー(ヒサシ)を突き上げるためのポールです。(最大200㎝)

    ペグハンマー:100円

    ペグハンマーは100円ショップのペグハンマーで十分です。

    必要になる物

    ・テント本体(ペグ、ガイライン付属):16,000円
    ・グランドシート:1,400円
    ・ポール:1,500円
    ・ペグハンマー:100円

    シュラフ:3,000円

    3,000円の安物シュラフですが、6月〜9月であれば十分使用できました。標高が低い場所であれば、5月、10月もイケるのででしょう。

    また、寒い時期でも自宅から毛布やカイロを持って行き、装備する事で3,000円シュラフでマイナス10度でも快適に就寝することができました。

    必要になる物

    ・シュラフ:3,000円
    ・毛布(10月〜5月):自宅から持参
    ・カイロ(10月〜5月):自宅から持参

    マット:2,000円or4,000円

    マットは地面のゴツゴツを防ぐだけではなく、地面からの冷気を遮断します

    春夏秋ならエアーマット1枚。安い物でも厚みがあれば十分です。

    冬場はその下にウレタンマットを重ねましょう。

    必要になる物

    ・エアーマット:2,000円
    ・ウレタンマット(11月〜4月):+2,000円

    テーブル:1,400円

    テーブルは「キャプテンスタッグのアルミローテーブル」がソロキャンプ定番品です。

    アニメ「ゆるキャン△」で出てくるリンちゃんも使っています。

    チェア:3,000円

    チェアはだいたい安いのでコンパクトになるのは2,500円程度で手に入りますが

    おすすめするチェアは頭まで支えてくれる背面の長いタイプ。こっちの方がくつろぐには最適です。

    ラック:3,000円

    別にいらないと言えばいらないんですが、あったらあったで結構嬉しいアイテム。

    • 物が整理できる
    • レイアウトがそれっぽくなる
    • ウォータージャグとか置くと超快適

    というようなメリットがあるので、余裕があれば用意しましょう。3,000円で購入できます。

      バーナー:4,000円

       

      また、アウトドアガス缶(OD缶)はちょっとお値段するので、カセットガス缶(CB缶)を使うようなバーナーがおすすめ。何本もガス缶を購入していると、そのうち差が出てきます。

      クッカー:3,000円

      クッカーの素材はアルミを選びます。

      • 炒め物するフライパン
      • ご飯を炊くためのお鍋
      • レトルトを温めるためのお鍋

      を考えると最低でもフライパン1枚お鍋2個欲しいですよね。

      そして蓋も欲しい。

      オススメするクッカーはアルミ素材で、フライパンやお鍋や蓋等、一通り揃っているもの。洗剤、スポンジ、金たわし等洗い物セットも収納しましょう。

      コップ:1,000円

      コーヒーを入れたり、ビール注いでだりするための、コップを持って行きましょう。

      外気に左右されない保温性のあるものが好ましいのですが、「キャプテンスタッグ」で真空断熱壁のオシャレなデザインのコップがあります。

      カトラリー:自宅から持って行こう

      カトラリーとは食器の事で、ハシ、スプーン、フォークを持っていきましょう。

        自宅から持ち出しても良いですが、こだわりたい人は安いので購入しても良いかも!

        クッカーに入るくらいコンパクトになるので、あったら便利です。

        クーラーボックスセット:2,000円

        クーラーボックス:1,000円

        使用しない時折りたためるタイプのソフトクーラーが良いと思います。ソロキャンプなら15ℓあれば十分です。

        保冷剤:1,000円

        保冷剤はクーラーボックスの中の生物や飲み物を冷やしておくのには大切。ぜひ購入しておいて、キャンプの2日前には冷凍庫に保管しておきましょう。

        ウォータージャグ:300円

        ウォータージャグは100円ショップにもあり、300円で販売されていました

        • 手をちょっと洗う
        • 調理用の水として
        • コーヒーの水として

        と使い道がありますが、1人なら3リットルも水を汲めば十分。

        照明セット:5,900円

        ランタン:2,000円

        常時照らしておけるランタンを準備!テントの中で使うランタンと、外で使う用ランタンの2つがある方が便利ですので、LEDランタンを2つ用意します。

        おすすめするランタンは2個セット2,000円。バッテリー式で便利だし、キャンプに嬉しい暖色の照明です。

        ランタンスタンド:1,900円

        外で高い位置から照らすのにはランタンスタンドがあると便利です。

        おすすめするランタンスタンドは小さくて設営も簡単。持ち運びにも大変便利です。

        ヘッドライト:2,000円

        ヘッドライトを使う機会は調理時やトイレ行く時、何かを探す時等に使用します。

        おすすめするのは白色だけでなく、暖色タイプの光も出せるヘッドライトです。

        焚き火台セット:4,500円

        焚火台は焚火をする時に必要。

        焚き火台:2,000円

        軽くて小さくて安い焚き火台。

        焚き火台の他に必要になる道具:2,500円

        焚き火台の他に必要になる道具は意外とたくさんあります。

        焚火シート:2,000円

        ただ、メッシュタイプの焚火台は下にたくさん灰が落っこちるので、芝生の上だと引火して自然破壊になり、マナー違反です。

        焚火シートを準備しましょう。

        着火剤:100円

        着火剤はホームセンターに売っている100円の文化焚付けを購入しましょう。

        余裕があれば、ジェルタイプは簡単に着火できるし、扱いも簡単ですからおすすめです。

        火吹き棒:300円

        Besthomelife 火吹き棒 送風機 バーベキュー必需品 アウトドア キャンプ用 軽量 炭などの火起こし
        besthomelife

        火吹き棒はたったの300円とかで手に入っちゃうんですね。私も使用しておりますが、めちゃめちゃ使えますので、購入しておきましょう。

        火バサミ:100円

        火バサミは別に100円ショップで購入すれば十分です。

        これも余裕があるならキャプスタの火バサミをおすすめ。安いし、ダッヂオーブン持ち上げるギミックが付いているので嬉しいですよ。

        全部で52,100でした!

        五万円超えてしまいましたが、ラックは贅沢品なので抜いても良かったかもしれませんね。抜けば49,100なので五万円以内達成です!

        たかにぃ
        これなら大学生や高校生でも揃えられそうだね!

        いやぁ、安いですね。キャンプ用品。昔と比べたら随分と安くアウトドア用品って手に入るようになったのではないかと思いますよ。テントだって8,000円テントでも十分キャンプできますから、更にコストを落とすことだってできるんです。

        キャンプ道具をレンタルするという手も!

        キャンプ場によってはレンタルするという手もあります。

        TENTAL」というキャンプ用品レンタル屋さんで「ソロキャンプ セット」をレンタルする事ができます。

        テント、シュラフ、マット、チェア、ランタン、バーナーの6点セットで13,800円です。とりあえず試してみたい方にはおすすめ。

        まとめ:ソロキャンプは誰でも始められる!

        以上でソロキャンプを最短で最速で始める方法を紹介しました。

        かなり快適さを狙いつつ、必要最低限に絞ったつもりです。5万円を拾ったら是非ソロキャンプ始まり始まりですね。

        たかにぃ

        この装備なら大丈夫!

        関連記事

        友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
        友だち追加

        コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
        只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

        にほんブログ村 アウトドアブログへ

        スポンサーリンク
        おすすめの記事