スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

本日は気になるsnowpeakの商品を紹介して頂きました。

HOME&CAMPバーナーです。

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK
スノーピーク(snow peak)

たかにぃ
どうもこんにちは。ミカヅキさん。

ミカヅキ
たかにぃこんにちはー!
よーし、今日は新ギア紹介しちゃうぞ!
ミカヅキさん

キャンプを初めて1年とは思えないくらいのキャンプ経験の持ち主。使用するキャンプ道具もファミリー系からUL系まで幅広いラインアップなので毎回面白い道具を見せてくれる

現在山登りにもチャレンジ中!

ミカヅキさんのTwitterはコチラ

HOME&CAMPバーナー(ホームアンドキャンプバーナー)

基本情報

重量 1,400g
収納サイズ 10.8×8.8×25.4㎝
対応鍋径 最小φ14cm~最大φ30cm
材質 ステンレス、スチール、アルミニウム合金、ブラス、樹脂、ゴム
最大出力 2,300kcal/h

配色が三種類。

  • ブラック
  • ベージュ
  • シルバー

今回紹介するのは「シルバー」になります。

もちはこび

重量が1,400gとULテント並みの重さではありますが、

収納サイズはこのようにスリムな形で、小さい。

なのでバックパックにも問題なく収納ができます。

例えば、複数人でキャンプする時に

  • バーナー役
  • クッカー役

と分担すれば、より軽量な道具として使用できるでしょう。

スポンサーリンク

HOME&CAMPバーナーの組み立て方

一応これでもカセットガスコンロ。

たかにぃ
え?でもカセットガスコンロみたいになるの?

こんなふうに?
ちょっと想像できないなぁー。

 

ミカヅキ
まぁまぁたかにぃ。
見てなって♩

パカっ。

ミカヅキ
まずはパカっと開けようか。

ジャキーン!!

ミカヅキ
ゴトク部分を引っこ抜くよ〜。

ウィーン!!!

ミカヅキ
ワシはこの時点でゴトクを開いちゃう。
Yの字にしてね。

ポチ。

ミカヅキ
ココをポチッと押しながらバーナー部分を取り出すよ。

グッ。

ガシャウィーン!!

ミカヅキ
90度移動させるよ。

クルッ!

ミカヅキ
反対向けるとこんな感じになってる。

チャキーン!

ミカヅキ
蓋を閉めれば完成だ!

 

たかにぃ
すげぇー!!かっけー!!!
トランスフォームしてたね!!
トランスフォームコンロだね!!

HOME&CAMPバーナーのメリットやデメリット

たかにぃ
それじゃあミカヅキさん。
このホームアンドキャンプバーナーのメリットとデメリット。
教えてちょ!

ミカヅキ
メリットはあるけど、デメリットかぁ。
なんだろう?

ゴトクが大きい!

ゴトクが大きいので、5人でお鍋する時なんかにも最適。

徒歩キャンの道具でなかなか大きなゴトクで調理できるアイテムってなかったですもんね。

これってちょっと人数多めのキャンプで使える。

たかにぃ
大きなお鍋持って来て鍋パができる!!
徒歩でも鍋パ!!こういうので鍋パしたい。↓

安定感がある!

四点足で支えておりながら、

結構重たいものでも乗せられそうだなと思う安定感です。

また、足の裏がピンになっているので、柔らかい地面の上でも

刺さってさらに安定。

ちょっと極端かもしれませんが、ダッジオーブンでも問題なく乗せられるでしょう。

それくらいしっかりしています。

たかにぃ
安定感があった方が、圧倒的に気軽に料理できるよね。

ヒートプレートあり!

しかもご親切にヒートプレートまで付いている。

カセットガスは冬場に使用するとガスの出がとても悪いですよね。

でもこのヒートプレートのおかげで

寒い中でも火の出が悪くなること無く、調理ができます。

たかにぃ
この親切さ。
流石スノーピークさんですな!

擦れるのが嫌らしい。

火が出る噴射口の部分が収納時に擦れて、ほんの少し傷がつく。

これを何度か繰り返していると、しっかりとした傷になってくるでしょうね。

使用時に問題にはなりませんが、これは見た目の問題

別に私みたいな図太い性格なら気にはなりませんが、

ビジュアルをめちゃめちゃ気に入って買って大切にしているのに、

いつの間にか傷ができているのは確かに少し残念かも。

たかにぃ
ビジュアルは大切。

収納袋は付属しないらしい

あと、収納袋がない。

裸のままでも大丈夫って人は良いけれど、

欲しい人は専用の収納袋がないので、自分で探さないといけません。

ミカヅキ
ワシはたまたま良いのが手元にあったから
それを収納袋に使用しているよ。

たかにぃ

100円ショップに良いのありそうだよね。

耐久性に少し不安。

そしてやはりあまりに重たいものを乗せるのは不安な構造。

スキレット程度なら問題はないでしょうが、ダッジオーブンを乗せるのにはちょっと不安。

トランスフォームしてかっこいいけれど、

その分、デリケートになってしまっているようですね。

まとめ

というわけで、スノーピークの「HOME&CAMPバーナー」の紹介でした。

たかにぃ
これは徒歩キャンパー達の新しい見方だね!
今度のオフ会はHOME&CAMPバーナーで鍋パでもしようかな!
ありがとう!ミカヅキさん!

ミカヅキ
どういたしまして〜。
鍋パかぁ〜。良いねぇ〜!やろうやろう!
スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK
スノーピーク(snow peak)


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事