スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は普段から考えている事をなんとなく形にしてみたくて記事にしてみました。

ウルトラライトだからって徒歩で行く必要ある??

写真はめちゃめちゃウルトラライトなキャンプをしてるにも関わらず、移動手段はキャンピングカー。笑

以前まで自分はウルトラライトだからって徒歩とか自転車に拘っていたんですが、最近普通に自動車でキャンプに行ったりしています。

荷物は勿論ウルトラライトなんでザック1つになってるんですけど。。。

交通のコスパを考えると電車やバスよりも自動車使った方が安い場合もありますからね。特に複数人で移動するならなおさらです。

装備をウルトラライトにする理由

正直装備をウルトラライトにする理由って人それぞれで良いと思います。

私は当初、単純に道具のもちはこびで車と何往復もしなきゃいけないのが面倒くさいという準備と設営の楽さからウルトラライトなギアを見るようになりました。

でも今では寧ろウルトラライトのスピリットだったり、そのビジュアルが好きでウルトラライトギアを追っかけてますから。

好きな理由なんて人それぞれで良いと思います。

だからこそ垣根を超えたキャンプ。

「キャンプが大好きなんだ!」ってゆう気持ちはウルトラライトだろうが重装備キャンプだろうが変わりませんよね??

だったら一緒にキャンプして当然。

お互いにキャンプのジャンルが全然違うなら、寧ろその「違い」を楽しみましょうよ!

例えば、重装備キャンプしてる人はタープ泊でのんびりする事を知らないかもしれないし、ウルトラライトなキャンプしかしない人は重装備なテントでの居心地の良さを知らないかもしれない。

寧ろスタイルが全然違う方が自分の見識も深められるし、よりキャンプを楽しむのに良いと思います。

ウルトラライトって

以前にベースウェイトが5㎏周辺だったらウルトラライトになるよって話はしましたが、それはあくまで「ハイカー」の世界でできた定義であるわけです。

私たちキャンパーにとっては別にベースウェイトが10㎏超えていたってウルトラライトな装備を揃えているだけでも「俺はウルトラライトキャンパーだ!」って名乗って良いと思います。

寧ろ変に拘りを持って無理する方がキャンプを楽しくなくしてしまう可能性があるので、そこは自分で勝手に好きな事を追っかけて、自分の好きな肩書を自分につけるくらいのテンションでも問題ないかなと思います。

自分に正直にキャンプしよう!

キャンプする時の楽しみの一つとしてやっぱり自由度が凄くあるので、自分の本当に好きなキャンプを追い求め甲斐があると思います。

自分の好きな事が「違ったー!」ってなっていらないギアがドサッとできたとしてもメルカリで売っちゃえばいいだけの話。

そう考えると、臆さずにどんどん突き進んでもっともっと今の自分が一番ワクワクする世界に飛び込んだ方が充実した時間になる事は間違いないですよね。

だから皆さんどんどんキャンプを楽しんだらいいと思います。

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事