スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです。

今年の夏もキャンプを楽しんでいるのですが、今年の暑さは異常。

キャンプから帰ってくると、ぐったりしています。(笑)

ウルトラライトなキャンプの夏は過酷。

基本的に装備を軽くして移動手段がアナログになりがちなウルトラライトなキャンプってやっぱり極度の気温に対抗するとなると「キャンプでのんびり~」とはいかなくなります。

装備の薄さ

ウルトラライトなギアなので、タープの生地の薄さは真夏の太陽の日差しには勝てない。

以前にキャンプをした時はニンジャタープで夏キャンプをしましたが、やはり真夏の日差しには対抗できず、めちゃめちゃ汗だくになりました。

また、クーラーバックに入れていたビールも瞬く間に温くなってしまう!

移動手段がアナログなので

移動手段が歩きや自転車だったりするので、距離的に避暑地に行きにくく、低山であったり等、標高の低い場所でのキャンプが多い。

私も川くらいなら徒歩キャンプで行ったことがあります。でもやっぱりめちゃめちゃ暑いですよね~。寝苦しくて仕方ない。

スポンサーリンク

しかし!諦めない!

そんな事で夏キャンプを諦めて貰っちゃあ困る!

高原に行こう!

電車とバスと己の足を使って高原に行こう!

徒歩でも行ける高原キャンプ場を今日は紹介していきます。

徒歩でも行ける高原キャンプ場紹介!

菖蒲ヶ浜キャンプ場

標高が1,269mもあり、真夏の気温が最高でも30度下回り、最低20度前後。半袖だけだと寒いレベルです。

ロケーションは最高。サイトには車の乗り入れができない点も徒歩キャンパーには嬉しいキャンプ場です。

<交通アクセス>

JR日光駅→東部バス→菖蒲遊覧船発着所→徒歩5分→菖蒲ヶ浜キャンプ場

電車で日光駅まで行ってから東部バスで菖蒲遊覧船発着場。その後は5分歩くだけ。

<おまけ>

近くに戦場ヶ原という綺麗な湿原があるので是非HIKEしに行こう!

駒出池キャンプ場

標高1,285mのこのキャンプ場ではゴールデンウィークに雪を降られたこともありました。

真夏の気温最高24℃前後で最低15度前後。15度ってフリースが必要ですね。(笑)

<交通アクセス>

佐久平駅→千曲バス1時間13分→駒出池キャンプ場

佐久平駅までは長野新幹線でも行けるけど、高速バスを使った方が安い。駒出池キャンプ場までは千曲バスを使うのですが、土日にしか運航していないようなので注意。

<おまけ>
八千穂レイクまでのハイキングコースがあるので是非ともHIKEしに行きましょう!

県立赤城公園キャンプ場

標高は1300mのこのキャンプ場では標高1,400mのキャンプ場なので夏でも当然涼しい。

平均気温は8月で最高23度。最低14度まで下がるんだとか。

夏だからって舐めてかかると痛い目に合う気温ですね。(笑)

<交通アクセス>
前橋駅→関越交通バスで1時間弱→湖尻厚生団地入口→徒歩15分→県立赤城公園キャンプ場

バスが土日祝日なら一本で行けるけど、平日だと一度乗り換えが必要になるので注意!

<おまけ>

赤城山エリアにあるキャンプ場なので観光スポットはたくさんあります。是非立ち寄ってみましょう!

RVリゾート猪苗代湖モビレージ

ここは特に特別標高が高いわけでは無いのですが(514m)、単純に緯度が北上しているので涼しいキャンプ場。真夏の平均気温は最高28度で、最低18度と調度良い気候。

<交通アクセス>

猪苗代駅→磐梯東都バス20分→会津レクリエーション前→徒歩10分→RVリゾート猪苗代湖モビレージ

猪苗代駅までは都内からでも高速バスが出ております。昼行便なら¥3,000で行けたりするのでなかなか安い!土日祝日以外も運行しているので平日キャンパーにとっても良いですね!

<おまけ>

会津若松の方まで行く事になるので観光スポットは盛沢山!1泊2日じゃ物足りないかもしれませんね!

また、この猪苗代湖周辺には他にもキャンプ場があるので覗いてみてもいいかも!

曽原湖キャンプ場

写真は曽原湖ですが、曽原湖キャンプ場ではございません。

標高830mで更に緯度が北上しているので涼しいキャンプ場。

真夏の平均気温は27度。最低は15度になります。夜の焚火が楽しみな気温ですね!

<交通アクセス>

猪苗代駅→磐梯東都バス1時間→サイトステーション前→徒歩6分→曽原湖キャンプ場

コチラも平日も運行しているので平日キャンパーさんにも持ってこいなキャンプ場。

<おまけ>

実はこの近くのキャンプ場で私もキャンプしましたが、気候はめちゃめちゃ快適でした。

自転車を輪行して色々周りたくなるキャンプ場でしたよ~!

まとめ

ざざっと紹介していきましたが、自宅からだと往復1万円程度かかったりするようなキャンプ場もあります。

私の様な貧乏キャンパーには割と痛手なのでできれば2連泊や3連泊くらいしてその周辺の観光地を回りたいところですね。

是非、この夏涼しい爽やかな思い出を作りましょう!

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事