スポンサーリンク
Pocket

皆さんこんにちは!軽量キャンパーCAMPたかにぃです!

今日はちょっと偉そうなタイトルにしてみました!すみません。

というのも気付いたんですよね。この洗濯物カゴにキャンプ道具一式入ってるのってちょっと面白くないですか??笑

洗濯物カゴに収まるキャンプ道具

キャンプに行く時、いつも取り出すのがこの洗濯物カゴなんです。

もともと洗濯物を入れてたんですよ。このカゴ。

今ではキャンプ用品を一式入れてロフトの上にしまい込んでいます。

即座に準備ができるというメリット

カゴの中に全部詰まっているので、カゴさえ取ればいい。

ロフトへ1往復するだけで事足りてしまいます。

因みに、通常のキャンプの道具も持ってるんです。ダブルウォールのテントとか、5人くらいは入れるタープとか、ウッドテーブルとか。。。

でも通常の大きなキャンプ道具だったら何往復もしなくちゃいけないので、めちゃめちゃ大変です。重量だって1つ1つ結構あるので自分が落ちたり、道具を落としたりって考えるとちょっと怖いんですよね。。。

でもウルトラライトなキャンプ道具なら大丈夫!

これだけまとまってても重さもそんなにないし、洗濯物カゴには取手が付いているので片手で持てちゃいます。

なのでロフトから降ろすときもこんな感じです。

中に入っている道具を広げてみた。

試しに中に入っているキャンプ道具を広げてみました。

ざざっと紹介しちゃいます。

シェルター3つ デュシューツタープ57ニンジャタープ
シュラフカバー エスケープヴィヴィ
マット クライミット イナーシャオゾン
コッヘル チタニウム550ポット・ツンドラミニブラックバージョン
ランタン マイクロンランタン
シート エマージェンシーブランケット
バーナー ウインドマスター・チタンアルコールストーブ(コッヘルに内蔵)・自作アルコールストーブ
自作コジー
ウェア系 レインウェア・ポンチョ・防寒着等
ティッシュ・ウエティ入れ(迷彩柄)
水筒
燃料用アルコール
ザブトン
テーブル カスケードスノピ
浄水器 ミニソーヤ―
麻紐
食料 ビビンバとビーフシチュー
その他小物 コンパス・十徳ナイフ・ポイズンリムーバー・ファイヤーストライカー・卵ケース

大雑把な説明で申し訳ないですが、ザっとこんな感じです。

ポールが無いなぁと思ったら、ポールはザックに入れっぱなしにしていました。

いつもの準備の流れ

ここで、私がこの6畳の1人暮らしのお部屋でどの様に準備しているかを紹介していこうと思います。

ロフトからカゴとザックを取り出す。

道具を選抜し、ザックに入れて行く。

以上です。

選抜の仕方はどんなキャンプにして、どんな食事をするか決めてから、それに合わせてシェルターを選んだり、コッヘルを選んだり、バーナーを選んだりしています。

1人暮らしの人にはめちゃめちゃ良いのでは??

1人暮らしの方は分かると思うんですが、特に都内で住んでる方とか。

結構収納スペースってないですよね?

だからこうやって道具を小っちゃくして棚にすっと入れて置けるって良いと思うんですよね。

なんならザックの中に入れっぱなしでも良いとは思います。

防災グッズにも使えるのでは??

ちょっとお値段がしますけど、これだけ小さくなるものならいざという時の防災グッズとしても役に立つと思います。

だってこの洗濯物カゴ1つ持って行けば一泊できちゃうんですから。

自分的には究極の防災グッズなんじゃないかなと思いますよ!

まとめ

どうでしたか?

ウルトラライトなキャンプ道具ってここまでコンパクトになるのか!!ってちょっとは興味を持って頂けたら嬉しいなと思います。

皆さんもカゴやコンテナ一つにキャンプ道具一式入れて、手軽にキャンプしてみればきっとこの楽しさがわかると思います。

でも正直、これ以上道具増えるならカゴがもう1つ必要だなというのが本音です(笑)

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事