【ギアレビュー】バーグハウスのウルトラライトポンチョはタープ兼用にできていいぞ!

皆さんこんにちは!軽量キャンパーCAMPたかにぃです!

今日は雨の日に使える!ポンチョのレビューをしていきたいと思います。

※ウルトラライトポンチョではなく、ライトウェイトポンチョに改名なさったそうです。

スポンサーリンク

バーグハウス「ライトウェイトポンチョ」

基本スペック

重量 222g
収納サイズ ???
材質 30デニールコーデュラナイロン

カラー展開は青赤黄色とありますが、サイズは1サイズしかないです。

もちはこび

重量は222g(実測値)。

単純にレインウェア上下を揃えるよりは全然軽いです。

左から。スマホ、ウルトラライトポンチョ、モンベルの軽量レインウェア。

モンベルの軽量レインウェアですら小さいなと思っていましたが、それを超えて小さい。

この小ささは助かりますねぇ~!

ライトウェイトポンチョの使い方

普通に着る。

前ツバの帽子を被らないと前が見えません。

身長168cmの私でも余裕な感じ。ポンチョが地面に着くことは無かったです。

ザックを入れるとこんな感じ。

ザックも一緒に被ってしまうので、ザックカバーも必要なくなります。

いやん。

ただ風がめちゃめちゃ強いと完全に巻き上げられてパンツがチラリ。

これでは恥ずかし、いや、濡れてしまう。

腰にパラコードで結ぶと随分とマシになります。バサバサするとうっとおしいので、上から抑えてしまいましょう。

おりゃー!!

片付ける時はグシャグシャに入れちゃいます!

簡単に撤収ができるのでこれは使える!

タープとしても使えるよ!

今回最もアピールしたいポイントはこの使い方!

ポンチョをタープ兼用に出来ちゃうんです!

ライトウェイトポンチョを広げると1枚の四角い布になります。

また、ポンチョの四隅にはこういったハトメがあるのでそこに紐を通すことができます。

たかにぃ
タープを立てることを想定して作ったのかね??

頭の部分はコードを絞ってしまえば閉じる事ができます。

自在結びでテントとテントの距離感を調節すれば出来上がりです。

スポンサーリンク

ライトウェイトポンチョを使用してみて。

雨はバックパックごと防げる。

雨の中歩きましたが、身体もバックパックは濡れません。

縫い目にシーム処理がされてなかったのが気になっていましたが、無事でしたね。

また、歩く時もそんなにスカート部分が気にならなかったですが、よじ登る場所になるとちょっとスカート邪魔ですね。

ちょっと蒸れる。

通常のレインウェア同様で中が少し蒸れます。

「透湿性はありますか?」

と店員さんに聞いてみたけど、「ないです。」とのこと。

登山靴の中は濡れた。

ライトウェイトポンチョのスカート部分はシューズまでカバーしてくれません。

足は濡れます。

乾きやすいトレランシューズの様なものを履いて、短パンが望ましいです。ロングパンツは失敗でした。

サコッシュ持っとくと便利だった。

また、ポンチョにはポケットが無いので、サコッシュを肩にかけて細かい物をすぐに取り出せるようにするのが良いですね。地味に。

軽量タープとして十分良さげ。

雨の日に2人でライトウェイトポンチョを使いました。

小雨なら全然問題ないですね。

寧ろこのミニマム感が個人的には好きなので、あえてポンチョタープを選ぶこともあります。

まとめ:ライトウェイトポンチョは面白い!!

ポンチョにもなるしタープにもなるので、1枚で結構楽しめる。

特にロングトレイル中のポンチョタープを味わって欲しいなと思います。

ただし価格がちょっと高めかなとは思うので、一応他のタープポンチョリストも作っておきました。重量とサイズ感を比較しつつ、1度チェックしてみて下さい。


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事