バックパックのソロキャンプは最低で〇〇円で始められる!!

たかにぃ
皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

この記事ではバックパックでソロキャンプの装備について、「最低どれくらいの金額でバックパックキャンプデビューできるのか?」を調査してみました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

バックパックキャンプの装備は高い??

基本的に軽量化されたアイテムは価格は高いです。

その理由としては使われている素材がそもそも高価なものだったり、大量なロットで作られない事が原因としてあるかと思われます。

軽量で安いギアもある!

結構安くて軽量な物が出てきました。

中国製がほとんどですが、その中国製の軽量キャンプ用品が意外に質が高く使えるものが多い

たかにぃ
昔は「中国製はちょっと心配。」というイメージがあったけどね〜。
スポンサーリンク

バックパックキャンプ!最安値でも妥協しない!

安くても良い加減な道具では意味がありませんし、軽量コンパクトじゃないアイテムは当然選択肢から外します。

条件としては

  • 道具は全て軽量コンパクト!
  • 50ℓのバックパックには入る!
  • 登山まではしない事!
  • 充実したキャンプができる事!

バックパックキャンプ装備一覧

バックパックキャンプの最安値の装備一覧を紹介します!

たかにぃ
キャンプ道具は全部で15点になりました。

1.バックパック:ホークギア

重量 2.1㎏
容量 55ℓ
金額 ¥5,990

バックパックの決め手は外付け機能の豊富さが大きいです。

他にもウエストベルトがしっかりしていたり、ポケットが細部にまであったり、ザックカバー付きであったりと。

バックパックとしての欲しいスペックは揃っています。重たいけど。

たかにぃ
かなり高評価のバックパックだよね!

2.テント:ネイチャーハイク「tagar1」

重量 1060g
収納サイズ φ10×40㎝
金額 ¥11,900

シングルウォールのテントなので内部結露の心配はありますが、軽量コンパクトかつ快適。

たかにぃ
ネイチャーハイクのテントは安くても質が高い!安心して使えるよ!

ペグも揃えておきましょう。

また、ハンマーに関しては軽量チタン製ハンマーがあるけど、それは高価。100円ショップに売っている小さめのハンマーを購入するのでも良いと思います。

3.マット「エアーマット」

重量 510g
収納サイズ φ8×23㎝
金額 ¥2,680

バックパックキャンプにエアーマットを選択する1番の理由は収納のコンパクトさです。

他にもエアーマットには寝心地の良さもあるので快適な就寝には欠かせません。

たかにぃ
「膨らますのが面倒臭そうだな」と思う方はロールマットでも十分OK!

4.シュラフ

重量 570g
収納サイズ φ12×26㎝
金額 ¥10,000

軽量コンパクトとなるとシュラフはダウンにしておきたい。

理由は軽量コンパクトでも十分保温性が高いからです。こちらのシュラフなら秋口までの低山なら使用可能。

たかにぃ
シュラフは主に2種類!
化繊タイプとダウンタイプがあるよ!

5.テーブル:FLYFLYGO

重量 590g
収納サイズ 39×15㎝
金額 ¥2,080

テーブルはコンパクトになるミニテーブル。

ミニマルなサイズですが、コップとクッカーとスマホを置くなら十分なスペースが確保できます。

たかにぃ
テーブルは他にもおしゃれなデザインがたくさん!
自分のベストテーブルを探してみよう!

6.チェア

重量 997g
収納サイズ φ12×35㎝
金額 ¥2,699

チェアは軽量な物を探すと、残念ながら高級なチェアになります。

テーブルとの高さの調節を考えるとアグラチェアくらいの物がベスト。どっかのタイミングで揃えると良いかも。

たかにぃ
今の所ヘリノックスのグランドチェアがベストだね〜!

7.クッカー:プリムス「イージークック・ミニキット」

重量 272g
収納サイズ φ11.3×12.4㎝
金額 ¥2,721

プリムスのクッカーは表面加工されているので焦げ付きにくく、洗いやすいのが嬉しい。

特にこのクッカーセットなら格安で一人分の米を炊きつつ、レトルトカレーの湯煎が可能です。

8.バーナー:スノーピーク「ギガパワーストーブ"地"」

重量 75g
収納サイズ 8.2×4.4×3.5㎝
金額 ¥4,747

点火装置が付いていないので、軽量なシングルガスバーナーとなります。

4本ゴトクなので、ある程度大きなクッカーに変更したとしても安定して使えるのが嬉しいポイントです。

たかにぃ
因みに風防は自作できる!300円程度に抑えられるよ!

9.カップ:WILDO「フォルダーカップ」

重量 25g
収納サイズ φ12×35㎝
金額 ¥660

軽量で小さくなるのでパッキングストレスはほぼ皆無!

安く手に入るので、何気に軽量キャンパー御用達のナイスアイテムです。

10.焚き火台:ファイヤスタンド

重量 690g
収納サイズ φ10×24㎝
金額 ¥2,000

軽量の焚き火台で有名なメーカーの物を購入すると10,000円はかかるので、2,000円で手に入るお手軽なものを。

たかにぃ
ピコグリルやニンジャファイヤーの方が便利でしっかりしてるから、
そこはお財布とご相談を!

火床がメッシュの焚き火台は火の粉が地面に落ちるので、カーボンフェルト等の焚き火シートがあった方が良い。

また、火バサミは100円均一で入手すれば安いし、火吹き棒も300円でAmazonで手に入るので入手しておきましょう!

11.ウォータータンク:EVERNEW「ウォーターキャリー2ℓ」

重量 42g
収納サイズ -
金額 ¥848

炊事場で水を汲んで自分のキャンプサイトに水を用意。いつでも使える様にしておきます。

たかにぃ
2ℓあれば最低でも1晩と翌朝分は持つよ。

12.LEDランタン

重量 90g×2
収納サイズ 6.7×4.5㎝
金額 ¥1,980

LEDランタン2個セットで1,980円。

1つはテントの中で、もう1つは外で使用。

たかにぃ
バッテリー式の方が躊躇いなく使えるからおすすめ!

13.ランタンスタンド:FLYFLYGO

重量 340g
収納サイズ 34×7㎝
金額 ¥2,180

軽量でコンパクトなランタンスタンドがあります。

ランタンスタンドがあるとヘッドライト無しでも手元が照らせるし、キャンプサイトも見栄えが良くなるので装備。

たかにぃ
登山のテント泊とは違う、キャンプらしさが出るよ!

14.ヘッドライト

重量 70g
収納サイズ -
金額 ¥1,189

ヘッドライトは何でも良いけど、これは300ルーメンで十分明るく、バッテリー式で便利。

たかにぃ
大容量バッテリー持っていけばランタンもヘッドライトもスマホも充電できちゃうね!

15.ソフトクーラー:イスカ「コンパクトクーラーバック」

重量 110g
収納サイズ 15×21×15㎝
金額 ¥2,200

ソフトクーラーはハードタイプのクーラーボックスの様な保冷力はありませんが、保冷剤との併用で十分使えます。

たかにぃ
真夏に日当たりの良い場所に置かない様に!

全部で53,874円!

計算してみると全部で53,874円でした。

ペグだったり焚き火シート、100円ショップでハンマーや風防、火バサミその他諸々購入すると考えても6万円以内には収まるでしょう

安くないですか?

たかにぃ
安くなったよ。昔より。

投票してもらった!


なんと8割の方が「安い!!」と思っているようです。

たかにぃ
これも参考になるデータになるのでは??

まとめ:良い時代になったもんだ。

私がキャンプを始めた頃は軽量化したキャンプ道具はこの金額では手に入りませんでした

高いのしか無いので高級アイテムを頑張って揃えたもんです。

せっかくバックパックキャンプがこんなに手軽に始められるフィールドになっているので、是非皆さんも始めてみては如何でしょうか?面白いですよ。

たかにぃ
旅×キャンプの始まりだね!

関連記事


軽量キャンプのオフ会をやってます!ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーリンク
おすすめの記事