【LONG TRAIL】みちのく潮風ロングトレイルを歩く。4泊5日のキャンプ旅。DAY4

Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです。

今日はみちのく潮風ロングトレイルDAY4を紹介していきます。

DAY4.

朝焼け

時刻は5:47。

日の出は雲に隠れて見ることはできませんでしたが、綺麗な朝焼けを見ることができました。

昨日入ったスーパー銭湯「マリンサイドスパ たねいち」で

明日の日の出の時刻はAM5:40です。

と書かれていました。

「こんどこそ!」と思い、日の出を待っていたのです。

朝ごはんはしっかりとボリュームのある大きなメロンパン。

昨夜駅前のスーパーで購入したものです。

途中で買い出しができるっていうのは街も歩くロングトレイルの便利なとこですよね。

種市海浜公園キャンプ場

種市海浜公園キャンプ場のトイレ。めっちゃ綺麗でした。

DAY4の朝のウォーク

なんやかんやのんびり。出発したのは7:40

DAY4は出だしから左足の膝小僧がギシギシと痛んだので、少し気を使いながらゆっくりと歩きました。

朝一のコースは舗装路なので落ち着いて歩くことができました。

朝も早速舗装路を歩きましたが、すぐに田舎道に入ります。

種市海浜公園を尻目に。

午前中の発見

今回もいろんな楽しい景色がありました。

豊かな田舎道

この日もマップでは解りづらい場所がたくさんあったので畑に迷い込んだりしました。

グーグルマップが必須になります。

ただ、天気の良い日の田舎道は本当に気持ちが良いので、体力があれば寄り道してみても良いかもしれませんね。

釣り人観察

海で釣りをする人がたくさん。

「何を釣っているんですか??」

と聞いて見たところ。

「シャケ!」

と海釣りのおっちゃん。

この時期はシャケが海から川へと登るらしく。

みなさんそのシャケを狙って竿を振るみたいですよ。

しばらくシャケが釣れるのを待っていましたが、これがなかなか誰もヒットがない。

シャケを釣るのはどうやら難しいみたいですね。

田園散歩

ちょうど稲の収穫時期で、稲穂が綺麗に金色になっていました。

風に揺られる稲穂を見ていると心地良い気分になります。

これは稲を収穫した後の稲藁干し(いねわらほし)。

綺麗に並んでいました。

小さなティピーテントがたくさん並んでいるみたいで可愛らしい。

DAY4のスタートも良い感じ。

楽しむポイントがたくさんありますね。

田園の脇にしっかりとみちのく潮風トレイルエンブレム。

昆布を頂く。

かなり長い間舗装路を歩いた気がしました。

舗装路は山道とは違って、じわじわとボディーブローのように疲れが襲いかかってきます。

ここは「松橋酒店」

スタンプラリーポイントの1つです。

かなり蜘蛛の巣の張った小屋の中でスタンプを押しました。

お店に入るとちょっと個性的な感じ。

おばちゃんが出てきて

「お!?昆布食べてく?」

と昆布を千切ってプレゼント。

なんでも旅人のみんなはこの昆布をかじりながら歩いて行くそうな。。

「なんだか不思議な体験をしたな。」とぼんやり昆布を頬張っていました。

綺麗な線路道

みちのく潮風トレイルでは海をバックに線路が見るのが醍醐味だったりします。

松橋酒店の前にも線路を見るポイントがあって、張り切って写真を撮ったものの

本番は松橋酒店の後!

電車が来ないか気をつけて見なきゃいけませんが、かなり近くで線路を見ることができます。

大浜踏切。

砂浜に続く踏切は珍しい。

タイミングを見計らって写真を撮りました。

久々の砂浜

かなり舗装路歩きが続いてましたが、砂浜に出るコースになります。

海で1人ではしゃぐ青年。たかにぃ。

思えばこうして砂浜を歩くのはDAY1以来。

気持ちが高揚します。

因みにこの砂浜コースを歩ききった先に「有家駅」

有家駅に到着したのは12:15。

因みに時間配分的にはあまりよろしくはない。

今回のんびりし過ぎています。

中野熊野神社

次のポイントが「中野熊野神社」になります。

アスファルトの登り坂が続いていてこれまた結構疲労が溜まります。

DAY4にしてようやく疲れが見え始めたなという感覚が出てきました。

中野熊野神社の階段でヒーヒー言うたかにぃ。

そしてこれが「中野熊野神社」。

大きな木々に囲まれた大きな神社で神秘的な空間でした。

熊野信仰は日本各地であり、そのうちの1つにここ岩手県洋野町の中野熊野神社があるそうです。

夏には中野熊野神社で「中野熊野神社例大祭」って大きなお祭りが行われていてこれがまた楽しそうなんですよね〜。

フレンズショップ大久保

中野熊野神社から徒歩5分の場所に「フレンズショップ大久保」という商店があります。

ここもスタンプラリーポイントの1つ。

中では生活用品やお菓子が売っていたので補充したい方はお買い物もできますよ!

店主の人がとても親切な方で、この先の道の情報を教えてくれました。

向かい側の「ガソリンスタンド大久保」で休憩させてもらっていると

「お昼食べる?」

と聞かれ、お昼を頂いてしまいました。

身に染みるうまさだ!!

道を教えてもらい、食事を出してもらってデザートまで頂きました。

「なんて親切な方達なんだろう」。

感動しました。

道が無い無い事件

フレンズショップ大久保の人たちが名残惜しくて再スタートを切りたくない気持ちでしたが、日が暮れると大変なのでまた歩き出します。

描いてもらった手書きの地図を見ながら道を進みました。

時刻は14:00。木漏れ日があんまり美しく、少しセンチメンタル。

「ゴリラ岩」を探したけどどれだかわからない。。。

事件は「白滝神社」に行く途中に起きました。

地図の通りに進んで行くとこの先に川を渡る橋があります。

しかし、実際に行ってみると

橋がね。無いんですよ。

橋がどこにもない!!

地元の人に聞いてみると、どうやら橋は川の増水によって流されてしまったみたいです。

これは困った。

時計をみると15:00。あと2時間もすれば暗くなってしまう。

でもどこを見ても川を渡れそうな場所はないし、川の流れの速さ的に着水して渡るのは危険だろうと思いました。

と言うわけで白滝神社に行った後、コースを迂回することにしました。

しかし白滝神社のコースは本当にここに人が立ち入っていいんだろうか?と不安なるような道の悪さ。

マゾな人間ならゾクゾクするかもしれませんが、私は普通に恐怖。

階段を登ってみると。。。

行き止まり。

柵を登って超えました。恐怖。

ただ神社と白滝は普通に観光しました。

白滝はかなり足場も悪かったので慎重に観光しました。

結果かなり迷いながらも白滝神社の正面玄関となる場所までたどり着きました。

いやぁ、恐怖でした。

ナイトハイキング

その後は迂回コースを歩いていきます。

マップに載っているコースをそのまま歩くと最終的にナイトハイキングになるだろうと思ったので、少し違う道でいきました。

しかしその道は歩道が狭く、危険。

そしてようやく正規のコースに戻ることができました。

時刻は16:00。

しかし、キャンプ場までまだあと約5㎞ほどあるので確実に1時間はかかるでしょう。

あと1時間で暗くなってしまうので、ナイトハイキング確定。

信越トレイルで1人深い森の中を恐怖を感じながら歩いたのを思い出しました。

迷子

桑畑から山道に入るのに、その標識は全く見つけられずにいました。

農家の方に聞いても見つけられず、漁師の方に聞いてもあまりに訛りが強いので何を話しているのか全然聞き取れず。

ずーっとうろうろしていました。

そこで、犬連れのおばちゃんが

「どうしました??ひょっとして山道を探していますか??」

と道を教えてくれました。

「ありがとうございます!」

とすごい勢いで言ったのを覚えています。

いやぁーこら分からんわ。

山道は畑を横切る場所にあったようです。

確かに歩いてみるとすこーしだけ道っぽい。

もうナイトハイキングは確定していたので、頭にはヘッドライトを装備し、いつもより2倍近い速度で歩いていきました。

道は判断しかねるような感じでしたが、ピンクテープがあるのでそれを追いかけることにしました。

足元はこんな感じ。

急に開けた場所に出た。

山道から海を覗くことができる。

アップダウンで多少疲れますが、なかなか面白いコースです。

そしてとうとうキャンプ場につく手前で「侍石」

侍石は海に突き出した広大な花崗岩。滑らかで、夕日に赤く染められ綺麗でした。

北侍浜野営場

最後のキャンプ場は北侍浜野営場。

もう辺りは真っ暗になっていたので、どんな様子だったのか写真でお伝えすることはできませんが、思ったより広いキャンプ場でした。

自分以外に2人お客さんがいました。

「こんばんは。失礼します。」

と挨拶をし、近くにテントを張りました。

人がいるキャンプ場は久しぶりだったので少し嬉しかったのです。

早速ウイスキーを開け、スーパーで種市のスーパーで購入したチーズ入りのウインナーを焼いて食べました。

とんでもなく美味しいかった。

夕飯は親子丼!

最後の夜だし、明日はスタートが遅くても問題ないのでかなりゆっくり過ごしました。

安定した木板の上での就寝は快適。ぐっすりでした。

DAY5に続く。

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする