【ギアレビュー】軽量ペグケースはSea to SummitのUtensil&Peg Bag!

Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

皆さんペグケース何使ってますか??

いろんなペグケースがあると思うんですけど、今日は私のペグケースを紹介します。

Sea to Summitの「Utensil&Peg Bag」

基本スペック

製品情報

ウルトラシル30Dシリコンコーディング高強度コーデュラナイロンとかいうとっても強そうな生地が使われていますね。

重量は20gとのことですが、実際に測ってみると。針が動かないくらい軽いです。

本当に20gなのか?私の測りが壊れているのか??

使い方

ARAITENTのスティックペグとか、muracoのペグとか、MSRの1,000円するペグとか。

ペグ入れるんです。

あんまり長いペグは入らないので、15㎝前後の物が好ましいでしょう。

ARAITENTのスティックペグくらいのペグが1番丁度良いんじゃないかと思います。

もちろん刺さる側を先に入れていきます。

せっかく強度の高い生地をボトムに仕込んであるので、有効活用。

他にもカトラリーを入れるという使い方もあります。

カトラリーって意外に入れるケース無いですよね〜。こういうの私も欲しかった!

キャンプで実際に使ってみて

安心してペグを収納

最近はテントの収納袋にペグも一緒にぶち込んでしまいます。

このペグケースならペグのとんがった部分をある程度保護してくれているので、テントと一緒に収納袋に入れたとしても多少気が楽です。

試しにペグケースを裏返しにしてみました。ボトムの補強がしっかり裁断してありますね。

ちょっとしたこういう細かい工夫は嬉しいものです。

たくさんペグが入る。

思ったよりペグがたくさん入ります。

10本入れたけどまだまだ余裕があるので、これなら15,6本くらいなら難なく入れられそうですね!

でも。。。

他色が欲しい。

いろんな色のペグケースを準備しといてくれて、選べるともっと嬉しかったなと思います。

私はアースカラー好きなのでこの色で満足していますけど、赤色や緑色が欲しい人もいるはず。

自分のテントの色に合わせてペグケースもコーディネートしたいですよね!

まとめ

以前までは結構ペグケースを軽視していましたから、100円均一の物を使ってたりしましたが、やはり少しペグケースも拘ってみると少し楽しくなります。

ガッツリキャンプ用のペグケースになると十分ゴツ過ぎるので、ウルトラライトなアナタにはコレくらいのものでいかがでしょうか?

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする