【たかにぃの考察】旅×キャンプでおしゃれな服装であるために。

Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は旅×キャンプをするときの服装について話したいと思います。

旅の服装

山の中を旅する時ってみなさんどんな格好していますか?

登山だと基本的に高低差があって登りで汗をかきまくったり、宿泊地となるテントサイトの標高が1,000mを超えてて夜と昼の気温差が15度以上だなんて事ザラにありますよね。

そんな時、やっぱり皆さん登山用品店でしっかりした登山ウェアを購入されると思います。

登山用品店のウェアって

自分は以前登山用品店で働いていた事もあり、登山ウェアはいつも見ていました。

やっぱり山の洋服っていまいちパッとしない物が多いなぁと思っていたし、価格も高いのでなかなか「よし、買おう!」って思えなかったんですよね。

でも最近結構おしゃれな登山ウェアでそんなに高く無い物、出てきているように感じます。

こちらは湘南T-SITEにあるノースフェイスグローブウォーカー。旅と山のコンセプトの面白いウェアや雑貨が置いてあります。(湘南T-site公式ホームページより)

素材を意識して

素材は機能性に直結してくると思います。

夏場は綿のTシャツを着るとベタつきが気になったり、汗で浸みたまま1日を過ごすことがある。でも、ポリエステルに変えるとあんまりベタベタしないし、汗で濡れても比較的すぐに乾いてくれたりします。

風の強い日はポリエステル系の上着を羽織ってもそれがたとえ厚手だったとしても寒く感じます。でも、ナイロン性の上着を羽織るとそれが薄手であっても割と暖かかったりします。

かっこよくありたい

ウルトラライトなテントを選んだ理由も圧倒的にそのスタイリッシュな見た目だったので、当然自分自身もスタイリッシュな格好をしたい。

ファッションは自分のアイデンティティとは言われますが、テントもザックもウェアもアイデンティティだと私は思っています。

コーディネートしよう

旅をする時の服のコーディネートって私にとって凄く大切。

旅のモチベーションをあげるし、人ともっと接しようという意欲も与えてくれる。

自分が好きな素材感、柄、色合い。拘りを持っていきたい。

そんな時、生地によってどんな気候に対応できるのかって知っておくのはとても大切。登山用品店の店員さんに選んでもらっては自分の1番気に入ったものはなかなか見つからないかもしれないので、自分でも選べるようにしておいた方が良いと私は思います。

自由を求めて

最終的には登山用品店で購入するのではなく、アパレルショップで購入するようになる時がくるんじゃないかなと思っています。

まだ今の段階では「ウェアは登山用品店で買うものなんだ!」っていう固定概念があるような気がして、もっともっと自分で調べて旅のファッションに自由度を持たせて良いのでは無いかと思っています。

でもポイントだけ抑える

  • Tシャツ
  • ダウン
  • レインウェア

に関してはケチると怖い気がします。

できるだけケチらない方が良いと思います。

コストがかからなかったり、荷物は軽くなったとしても旅の間辛い思いをし続けるのは苦でしか無いですからね。それは私自身ケチりまくってきたので痛いほど感じています。

低山程度なら死ぬことはないかもしれないので、「我慢する!」って意気込めばできたりしますが。(私のように。笑)

まとめ

色々書いてきましたが、私はウェアに関してはあんまり詳しく無いのでまだまだ勉強中。

もっともっと登山も旅もおしゃれになれば良い。

いろんなお店で素材を見ながら機能性を考えてウェアを選んで、より自由度の高い旅のファッションを考えていきたいですね。

スタイリッシュに旅×キャンプを!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする