【徒歩キャンプ】徒歩キャンプでも都内からすぐに行けるキャンプ場を紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は徒歩キャンプする方達に、私の徒歩キャンプで楽しめそうな場所を紹介していこうかなと思います。

でもその前に!

都内の人たちって

車がない

都内に住んでいる方でよくあるケースですが、車を持っていない人が多いですよね。

私もそのうちの1人でした。

都内で車を持つとなると維持費がめちゃめちゃかかるので、あまり頻繁にキャンプに行かないならレンタカーの方が安く住む事があります。

お家が狭い

都内の様な人が密集している場所は家賃が高い!

家賃が高いので、私も今では六畳の部屋にせせこましく住んでおります。

それはつまり「キャンプ用品を収納するスペースが無い!」っていう発想に繋がります。

自然から遠い

自然から遠いって距離的な問題だけではなく、周囲に森林が少ないという意味で。

公園はたくさんありますが、誰もいない深い森林の中で1日過ごすことはなかなか無いですよね。

人に作られた自然ではなく、本当の自然。

遠出しないとなかなか味わうことって無いと思います。

都内からでも徒歩キャンプができる!

今回のテーマは都内からでも気軽に徒歩キャンプができるよ!っていうお話。

車で行く、オートキャンプとは違って徒歩キャンプのキャンプ用品は収容もせいぜい70ℓ未満になりますので、クローゼットの1区画のスペースのみで済みますから、都内に住むキャンパーさんにとっては理にかなっているかなと思います。

どんなキャンプ場があるの?

私が実際に行った場所と行ってない場所も紹介しますが、ここなら都内からでもアクセスしやすいなと思った場所を挙げて行こうと思います。

条件的には

  • 新宿から2時間程度
  • 交通費¥3,000以内

この2つの条件がクリアできる様な場所をリサーチしていきます。

月川荘キャンプ場

サイトはいくつかあるので事前にチャックしておこう!

  • 交通:新宿→武蔵嵐山 時間:1時間12分 交通費:¥874
  • 料金:入場料¥300+持ち込みテント料¥870円で合計¥1,170

ソロキャンプの聖地とも呼ばれているキャンプ場ですが、駅から徒歩40分と結構歩きます。

直火ができるキャンプサイトもあるので焚火台がいらないのが嬉しい。薪をキャンプ場で購入したりここなら枝もいっぱい落ちているので現地調達でもいいかもしれません。

また、スーパーもお風呂も徒歩圏内にありますが、スーパーはキャンプ場から歩いて片道30分近くかかるので、駅からキャンプ場に向かう途中で寄り道する形が1番スムーズかもしれません。

たかにぃならこう楽しむ

そこそこ広いキャンプ場なので敷地内を散策。

太平山が近くにあるので、ちょこっと山登り。

帰って来たら川で冷やしておいた生ビールをプシュッと。うま!

巾着田キャンプ場

河原のサイト。土日祝日は混雑します。

  • 交通:新宿駅→高麗駅 時間:1時間20分、交通費:¥678
  • 料金:なんと¥0

ここは駅から徒歩10分で行ける。

無料だし、駅近だしでめちゃめちゃ嬉しいですが、薪は売ってないし直火NGなので焚火台が必要です。

また、近くにスーパーはありません。でもコンビニがあるので、私はいつもコンビニで適当な食料を買っていきます。

たかにぃならこう楽しむ

奥むさしのハイキングコースがあるのでちょっとゆるーくハイキング。

また、9月〜10月までは彼岸花が咲くシーズンなので彼岸花畑を見てうっとり。

ランチにはアリサンオーガニックセンターで優雅なランチを頂きつつ、生ビールをプシュッと。うま!

道中で薪を拾って夜には焚火!

氷川キャンプ場

  • 交通:新宿駅→奥多摩駅 時間:1時間35分 交通費:¥1,080
  • 料金:¥800

駅から徒歩7分ほどで着きます。

6月〜9月は大学生たちが騒いでいるイメージ。静かにキャンプしたいならジーズンを外して行きましょう。

キャンプ場は全面砂利でテントサイトは割と狭いですね。また、人気キャンプ場なので土日はちょっと人の多さを懸念。

スーパーが近くにありますが、品揃えはいまいちなので食材を持って行くか、精肉店や八百屋さんをうまく使ってキャンプ飯をしましょう。

直火OKだし、ゴミが捨てられるので徒歩キャンパーにはめちゃめちゃ嬉しいキャンプ場。

たかにぃならこう楽しむ

朝はハイキング。

奥多摩むかし道をゆーっくり歩いて奥多摩の自然を満喫。

ハイキングが終わったら釣り!

釣竿は持ってないけど、釣竿をレンタルしてマス釣り体験

釣ったお魚は焼いてもらって美味しくいただく。早速生ビール。プシュッ!

キャンプ場に戻る前に近くにある温泉に入ってゆーったり。

柳島キャンプ場

  • 交通:新宿駅→茅ヶ崎駅 茅ヶ崎駅南口→西浜高校前(バス) 時間:1時間40分 交通費:¥1,144+¥175=¥1,319
  • 料金:¥3,000(シーズンにより変動あり。)

バス停から徒歩10分程歩きます。

ここはまだ行けていないのだけど、以前からマークしている場所。

料金が¥3,000と「高くね!?」と思うかもしれませんが、1区画¥3,000でテントを2張りしても3張りしても料金は同じなので、複数人で来ることで安くキャンプができる。

ただ、テントサイトでの火気厳禁。

「え?キャンプ場でそんな場所あるの?」って思うかもしれませんが、火器を使用する場合はバーベキューコーナーに移動しなきゃいけないんだとか。。。

ただ、冬のシーズン期間は火器OKのテントサイトを設けているみたいなので、冬に行くのがいいかもしれません。

たかにぃならこう楽しむ。

キャンプ場で自転車をレンタルして周辺のお散歩。

近くのサザンビーチで、釣り具をレンタル。釣りを楽しみます。

ランチはサザンビーチカフェで。

帰りは温泉に立ち寄ってゆったり温泉につかり、ビールを飲みながらキャンプ場へ。

焚火でしばらく楽しんだらテントサイトに戻って、ごろごろ。就寝。

タイニーキャンプビレッジ

  • 交通:新宿駅→本厚木駅 あつぎ通り→七沢城跡(バス)時間:1時間44分 運賃:¥1,064+¥360=¥1,424
  • 料金:¥1,500

バス停から歩いて徒歩10分程あります。

直火OKにはなっていますが、周囲の状況的にはあんまり直火OKなムードでも無いので、できるだけ焚火台は持って行った方がいいかもしれません。

地盤が硬い場所が多いので、ペグの強度はそこそこ必要。

スーパーは無いけど、一応コンビニがあるので、そこで食料調達がいいかも。

たかにぃならこう楽しむ

歩いて5分圏内に七沢温泉もあるしBAR&ラーメン屋がある。この「zund-bar」というラーメン屋が最高に美味いので夜はキャンプ飯を作らずにzund-barでラーメンとお酒で楽しみたいところ。

昼間の間はキャンプ場に隣接しているアスレチックパークで遊んだり、見城山ハイキングコースを巡るのが良さそう!

まとめ

私が知っているキャンプ場はこれくらい。

改めて調べてみるとキャンプ場周辺に歩いていける面白い場所がたくさん!

お昼とか別にキャンプ飯じゃなくて、お店でランチしたりして現地名産物の食べ物が食べれるといいですね。

キャンプ×観光×グルメ

これは是非とも全部制覇したい!

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする