スポンサーリンク
Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

パーゴワークスのニンジャタープをもれなく紹介していこうと思います。

皆さんのご協力により記事はどんどん改善されて行きますので是非アドバイスください!

基本スペック

製品情報

タープの大きさ自体は280×280㎝

それにパラコードが6本付属されております。

ペグやポールは付属されていないので別途で購入が必要になります。

私の場合は

を使っています。

素材は30Dシルナイロン。

触った感じかなり丈夫な素材っぽく、そう簡単に破れはしないでしょう。

もちはこび

重量を測ってみたところ

  • タープ
  • パラコード
  • 収納袋

全てを合わせて550g。

サイズ感的にはウルトラライトテントの「SIXMOON DESIGNS デュシューツプラスタープ」よりもコンパクトになるし、スリムな形をしているので、パッキングはしやすい。

ただ、収納時は結構キツキツになります。

スポンサーリンク

ニンジャタープの仕組み

ニンジャタープは他のタープとは少し違っていろんな仕掛けがほどこされています。

どんな仕掛けがあるのか紹介していこうと思います。

特殊なハドメ

ニンジャタープに付属されているパラコードは通常のパラコードとは違います。

ロープの端には「もやい結びになっている側」と「自在金具が取り付けられている側」になります。

黒いフックとニンジャタープのハドメを接続。

通常のタープはあらかじめタープのハドメに、もやい結びでロープを固定したりしなきゃいけない。

でもニンジャタープのハドメはただ引っ掛けるだけの構造になっています。

ハドメとは
ロープやペグでタープをピンと張るために付けられている金具。パーツ。

なぜ?そんな構造になっているのか?

それはニンジャタープの変幻自在さと大きく関係しています。

自在はハドメ側。

また、自在金具はハドメ側に付いています。

通常だとペグの近くだったりしますよね??

これにより、ひっかけてすぐにロープの張りの調整が可能になるのです。

それぞれのハドメにはポールを引っ掛けたり、ランタンを吊るすこともできます。

たくさんの仕掛け

手裏剣型タープ。形のこだわりが素敵。

これは簡単にニンジャタープを描いてみました。

タープの周囲に黒いきのこがついていますね。

それ全部ハドメなんです。それからど真ん中にもハドメが付いています。

タープの中心のハドメ??

タープのど真ん中にハドメが付いているのはなぜなのかと言うと

 

こんな感じで、背中を引っ張るようにしてテンションをかけてやれば少しでも居住空間を広げることができます。

隠されたコード

ちなみに上のタープの絵の上辺下辺には点線がありますが、

灰色のコードがタープの中に内臓されていて、

引っ張るとこのようにタープの一辺を縮ませることができます。

タープの内側にも

実はタープの内側にもちょっとした仕掛けがあります。

見えますでしょうか?

トレッキングポールでテンションかけた時にポールがずれないように、ひっかけて固定できるマジックテープがついているんです。

たかにぃ
ニンジャタープ凄すぎだろ。。。

この仕組みはタープの裏側三箇所に取り付けられていますので、時と場合に応じてタープの張り方をアレンジすることができるのです。

数々の張り方

これまで数々の張り方を試して、勝手に名前までつけて紹介してきました。笑

ハーフシェルター型

一番最初はこの張り方。

目の前の景色を思う存分楽しむ事ができる張り方。

居住空間としてはめちゃめちゃ快適で最高。

「ニンジャタープめっちゃええやん!」ってなりました。

ムーンライト型

形がモンベルの「ムーンライトテント」に似ていたからこの名前。

保温性があるので寒い時にゴロゴロしながら本を読むのが良いかも。

居住性はあんまりよくなかったけど。。。

マンタ型

これもまた前方の景色を思う存分に楽しめるし、何より広くて快適。

ただ一晩寝てみて思ったことは逆にオープン過ぎたな〜ってことですかね。笑

でも1番お気に入りの張り方。

ウイングタープ型

風通しもいいし、開放的でゴロゴロしながら景色を見れるので楽しい。

これもオープンすぎる張り方ではありますが、めちゃめちゃ広くスペースがとれるので、タープの下でいろんな物を広げることができます。

オクタ型

禍々しいオーラを放ったこの形。

個人的には「フォルム賞」を捧げたい。

居住性としては覆われているの安心感は半端ないですが、正直出入りしにくい。

でも意外に良かった。

面白いからネタにこの張り方してみてもいいかも。笑

トレイルスター型

先ほど紹介した「オクタ型」にポールを一本追加しただけでこの形。

居住性に関して完璧なテントです。

形もかっこいいし、設営も簡単なのでおすすめ!

オープンタープ型

なんやかんやこういうベーシックな張り方は一番安心感があるのではないかと思った瞬間でした。

張り方も一番簡単なのでおすすめ。

まとめ

他にも張り方はこんなにあるぞ!!

ここまでタープ1枚で遊べるウルトラライト系のタープは他には無いかなと思えるくらい、たくさんの張り方がありますね。

実際に色々張ってみた感想としては、

「コイツ、かなり使える。おもろい。」

ある程度キャンプにも慣れてきて、少し刺激が欲しくなったなら絶対このタープは満足させてくれると思います。

たかにぃ
ホンマええで。これ。

ゆるーいキャンプしてます。是非ご参加下さい!

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事