【LONG TRAIL】霧ヶ峰美ヶ原中央分水嶺トレイル(38㎞)二泊三日の旅(計画編)

Pocket

みなさんこんにちは!たかにぃです!

2017年9/5~9/7の2泊3日で霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル(38㎞)を踏破してきたので、そのエピソードを語っていきたいと思います。

今回は計画編と言ったところです。

行程


まず、この霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイルですが、9/5~9/7の2泊3日で

1日目:長門牧場→女神湖→白樺湖

2日目:白樺湖→霧ヶ峰→扉峠

3日目:扉峠→山本小屋(美ヶ原)

といった感じで歩きます。

荷物

こんな感じで、30Lのデイパックに積み込みました。

ザック30Lの中身

以上になります。

コッヘルは??

今回、コッヘルは持って行っていません。

袋飯で統一して食料計画を行っているため、食事は全て200mlのお湯で事足ります。

なので、コッヘルではなくシェラカップで対応してしまいます。

かなり極端。ストイックな考え方だとは思いますが、今回はチャレンジ!

防寒着

通常の登山時はポリエステルのTシャツ。ナイロンのパンツ。

しかし寒かった時のために、綿の素材ですがチェックシャツを用意。

寝る時は極暖ヒートテック上下とダウンベストを着ます。

問題

その1

しかし問題があって、

このトレイル上にはキャンプ場が無いとゆう事。

つまり、小屋やペンションに泊まるのが本来の宿泊方法なのだけれど、

どうしてもキャンプに拘る私は野宿を決意!

その2

アクセスが悪い。

スタート地点の「長門牧場」まではバスで行けるけれど、

ゴール地点の「山本小屋」からはバスが出ておりません。

なので

  • タクシー
  • 山小屋で宿泊して送迎サービスを利用する

のどちらかになります。

では、1日目から書いていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする