【LONG TRAIL】フェリーに乗って南房総ロングトレイルチャレンジ!!DAY2

Pocket

皆さんこんにちは!ウルトラライトキャンパーのCAMPたかにぃです!

今日は南房総ロングトレイルのDAY2になります。

前回の記事:【LONG TRAIL】フェリーに乗って南房総ロングトレイルチャレンジ!!DAY1

気持ちのいい朝

朝方目が覚めて口の中が気持ち悪かったので外に歯磨きしに行きました。時刻はAM4:00。

外はまだ寒いけどすっかり晴れていて青空も見ることができました。

昨夜は酔っぱらってすぐに寝てしまったけど、深夜には相当雨が降ってたようです。太郎さんから教えてもらいました。

私のデュシューツも太郎さんのWisp1もシーム処理していないにも関わらず、全然大丈夫でした。雨漏りなし。

朝ごはんはタラコパスタ。

山用品店で買ったわけでは無く、その辺のスーパーで売られているパスタにかけるだけでできるやつ。簡単でそれなりにカロリー摂取ができて、朝でもスッとお腹に入るのでオススメ!

その後は太郎さんが起きるまでのんびりしていました。

私の旅にはこういう時間がとても貴重。早朝に急いで撤収しなきゃいけないプランは私たちには合わないのです。笑

少し遅れたスタート

結局出たのは8:30とか。

十分キャンプ場、、いや、廃校でのキャンプを楽しんでからスタート。

その時間には日差しも強くなってて炎天下で歩くことになりました。

昨日歩いた国道を再び歩く。

昨日は雨が降っていたためあんまり感じなかったけど。山に囲まれたこの一般道も歩いてて楽しい。気持ちのいい風を感じました。

因みに今日のコースはこんな感じ。
「御殿山」→「大日山」→「坊滝」→「増間ダム」→国道歩いてそのどこかで野宿。一日目をあまり歩いてないので、確実に二日目にしわ寄せが来ています。笑

そして「御殿山」の登山口。

登山口を入って歩いて行くとすぐに深い森になっていきます。「ああ、今日も山を歩くんだなぁ。」とワクワク。

過酷な稜線

今日の山は「御殿山」と「大日山」さえ超えてしまえば、あとは爽やかなハイキングになるのですが、「御殿山」「大日山」への道はそれなりに過酷。

稜線上を歩くため、アップダウンがあるのですが、それなりに激しいアップダウンである事と、道がしっかりしていなくて泥濘も多い。初心者だと少し苦労するコースだなというのが感想です。

しかし、雰囲気は凄くあります。

あんまり手入れされていないだろうその登山道にはだからこその面白味があります。

虫嫌いな私にはちとキツイ。

御殿山での休憩。お昼を食べるならここはいいかも!

階段は用意されているものの、木でできた階段は滑りやすい。注意!

信越トレイルを思い出す。泥濘地獄。

大日山まであともう少し!ブナの木に囲まれて休憩♪

そしてとうとう大日山を越えました。

あ~やっと山を越えたと安心する2人。この後は滝とダムを観光して、一般道に出てしまいます。

ゆるっと観光ハイキング

大日山を越えると泥濘も無くなって落ち着いたハイキングができます。

階段も稜線上を歩いていた時より歩きやすくなっているところを見ると、ここはよく人が訪れるのだろうという気がします。

もうあとは下るだけなので気持ちが涼しい。炎天下にも関わらず、森林が調度良い日除けになってくれています。

あれ?でも、こんな道もある。

ヤマレコでチェックすると足跡は少ないのであんまり人は通ってなさそう。。。

「坊滝」を観光。

お坊さんがここで滝に打たれて修行をしていたそうな。だから坊滝。

道幅がどんどん広くなって行きます。

途中ヘビが出て2人してあとずさり。威嚇しながら一気に通り過ぎました。

そして「増間ダム」。

増間ダムは近くまで観光できなかったので遠くからチラッと見ただけ。

お昼ご飯は山菜おこわ!

国道を出てしまうと休憩スポットは無いので、出る前にその辺の脇道で休憩するのが良いかもしれないですね。

ただ、水が欲しいなら国道258号線に出てすぐ左側にトイレや自販機があるので利用するのは一つの手かも!

田舎道を歩く

その後、258号線を歩きます。

ここで「野宿はちょっと嫌だな。」と2人して思っていたのでキャンプ場を予約しました。

実はこの先の道の駅「三芳村 鄙の里」の近くに「みよしファミリーキャンプ場」という名のキャンプ場があります。
料金は1区画3,000円。2人で割るので1人1,500円。
予約制なので電話して予約しました。

「今夜はキャンプ場でゆっくりできる。」という安心感はとてつもなく私たちにとってエネルギーになりました。「飲むぞー!!」

長い長い平坦な道を歩いてヘトヘト。 早くキャンプ場に着いて荷物を置いて道の駅でビールを買うんだ!!

キャンプ場で

そしてキャンプ場到着。

到着時刻は16:00でした。

キャンプ場では管理人さんが待っていてくれて簡単な案内を受けました。

どこから来たのか聞かれたので、岩井駅から歩いてきたと説明したら「え?歩いてきたんですか??」とビックリ。笑

サクッとテントを設営して、ポンチョをタープ代わりに2つのテントを連結。

最高の宴会所を作りました。

ただ、このキャンプ場の蚊は本当に厄介で、めちゃめちゃ刺してくる。虫よけスプレーもあまり効き目がない程に。。。

小さな宴会場ではその旅の素晴らしさが凝縮されていました。

このポンチョでタープを作る事が私たちにとってはかなり傑作で、何度も「またコレやろう。」「次いつキャンプするよ?」と話していました。

あんまり素敵な空間が出来上がっていたのでお酒は進むし、酔うのも早い。テントを開けっ放しにして気付いたら寝落ちしていました。

DAY3に続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする