【自作ギア】コジ―を簡単に自作する方法!コッヘルを冷ますな!!

Pocket

皆さんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日は皆さんに「コジ―」の作り方をお教えいたします。

と言っても、大雑把な私の事ですので、クオリティは低いかもしれませんが、悪しからず。

コジ―とは??

説明しよう!

コジ―とはまぁ簡単に言うと保温カバーであります。包み込むものは「コッヘル」だけでなく、「タッパー」を包んだりする人もいますので特にコッヘルにしなきゃいけないわけでは無いです。

信越トレイルを歩いた時にたまたまテントサイトが一緒だったロングトレイラーが自作のコジ―を使っていてかっこよかったので真似してつくってみました。

どんな人なのか知りたい人は信越トレイルの話も是非お楽しみください。

用意した物

百均で有名なザ・ダイソーで購入してきた「保温袋」と「アルミテープ」。「マジックペン」に「ハサミ」にサイズ合わせのためにも「コッヘル」。

作り方

まず袋型になっている保温袋を切って開きます。

保温材をコッヘルの大きさに合わせて切っていきます。

この様な方眼用紙の様な模様の保温剤ならば、印を付けたりしなくてもまっすぐに切る事ができるのでおススメ。

切り終えたらコッヘルに巻き付けます。大体1cm程度被るように巻きつけました。あんまり余裕なくキチキチに巻き付けてしまうと後でコッヘルが入りにくい等の問題が出てくるので、少余裕を持たせて巻きつけましょう。

位置が決まったらアルミテープを貼って下さい。

底の部分は保温材にコッヘルを当てつつ、マジックペンで印します。コッヘルにマジックのインクが付かないように注意してください。

切り込みを上部に入れているだけです。

で、切り終えたらこういうのを作ります。アルミテープを切ってこの形にしてください。

側面から綺麗に貼って、その後切り込み入れた部分を折り込んでいきます。結構ここは難しいです。

こんな感じになると思います!

そしたらお次は2cmくらいの幅でコッヘルの外周を巻ける程度の帯を作っていきます。これもキツキツは禁物!結構余裕見てあげた方が良いですよ!

そしたらかなり余裕を持たせて今度は上部の円を描いていきます。

コッヘルにあてがって先程の2cmの帯と円系の保温材を底の方法でくっつけたら完成になります。

ちょっとGIFってみました。可愛いでしょう??笑

機能性はどうか??

実際にコレでアルファ米を作ってみたんですよね。

お湯をコッヘルで作った後、そこにアルファ米をざざっと入れてから、コジ―に入れて15分待機しました。

結果は見事に暖かいご飯でした。ただ、実行したのが気温20度とかの暖かい環境だったので、寒い場所でやるとどれくらい冷めてしまうのかは分からないです。寒い時期なんかはコジ―を抱いて湯たんぽにして自らが保温してもいいかもしれないですね。

まとめ

ものの30分もしないくらいで作れちゃうので、一個作っといてもいいかも!コストもかかんないし、道具もハサミとマジックペンしか使ってないし。

自作アイテムって持ってると人の目を引くし、なんと言っても愛着が湧きますからね~。簡単な物からチャレンジするのは1つ手ですよ!!

コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓


登山・キャンプランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする