【自論】キャンプで失敗はかっこいい事なんじゃないかという話。

Pocket

CAMPたかにぃです。

先日YOUTUBEチャンネルを新しく作ってアップしましたのでよかったら見て下さい♪

今日はめちゃめちゃ個人的なお話。

自分自身がとても失敗が多く、自己肯定するためにこの記事を書きました。

キャンプでの失敗とは??

キャンプで失敗する事っていっぱいあると思うんですよね。私もいーっぱい!あるんです!風でペグが外れてタープが落ちて穴が開いたとか、テントがかびた。シュラフのスペック足りなくて寒くて眠れなかった。レインウェア上だけしか持ってなくて死にかけた。嵐が来るのをわかっててキャンプしたらテントぶっ壊れた。箸忘れて犬みたいにメシ食った等。。。。あまりに多いです。報告するのが恥ずかしくて言ってない事だってあります。

 何が悪い??

でも、自分失敗するのってすごくネタになるし美味しいなぁと思うんですよね。なのでたまに「キャンプの失敗した話聞かせて」と言われると喜んで話しちゃいます。

そもそも失敗の前に探求心があった事を忘れてはいけないと思います。「軽量化するためにレインウェアは上だけでいけないかね??」とか、「軽量化するためにペグはスティックペグじゃダメかね??」とか。何かしらの探求心が根源にあったりするのです。

誰かに相談したら90%以上ダメだと言われるような事を真に受けて、探求心を抑えてしまうのは勿体ない。試してみるべきだと思います。

新しい発見の可能性

つまり、自分的には「失敗する事」と「新しい発見」は隣り合わせだと思ってます。そして失敗する事に比べて、「新しい発見」というのは比べようがないくらい価値の高い事だと思います。新しい発見は新たな世界の幕開け。自分の見方が変わっていく事を楽しむことに関して、「キャンプ」は最高のフィールドだと思っています。

ワクワクした事は全部やる

ワクワクした事がたとえどんなに危険だったり、バカにされることであっても、どんなにコンセプトがずれていたとしてもとりあえずやってみる!

失敗を恐れてやらないという事は自分の中での優先順位がそこまで高いポジションに無かったという事だと私は思います。本当はワクワクしていない。だからやらなくていい。

まとめ

とまぁあまりに身勝手な独り身の意見をまき散らしました。発信する側としては、あまり良くない事はご承知です。申し訳ない。

1人1人抱えてる責任や状況は違うので、一概に「これが正解」は無いです。よし!と言ってやるにしてもある程度セーフティーネットを用意したり、ある程度覚悟を決めなければ本当に危なかったりもするので気を付けてください。

でも、私は溢れるエネルギーがあるうちは発散せざる終えないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mystery movies より:

    This is a topic which is close to my heart… Cheers!
    Where are your contact details though?

  2. キャンプ たかにぃ より:

    Thank you for your comment!
    I will accept something detailed questions here, so please tell us anything.