【ギアレビュー】アピデュラのレギュラーサドルバック

Pocket

みなさんこんにちは!CAMPたかにぃです!

今日はロードバイクでキャンプに行く人にオススメな大容量サドルバック。

「アピデュラのレギュラーサドルバック」の紹介です。

とにかく大容量

このサドルバックに決めた一番の理由。それは「他のサドルバックと比較しても大容量である事」でした。メーカーさんは17.5Lとは記載しておりますが、これがなかなか入ります。

自分はこのサドルバックに夏場ならキャンプ道具一式全て入れることができます。(まぁUL系のギアで固めてるのもあるんですが。。。)

実際に入れてみた

ガス缶、ヘッドライト、LEDランタン、小型スピーカ

コッヘル、テントポール、エアマット、上着

シュラフカバー、テント、エマージェンシーシート

こんな感じでございます。どう?結構入れてるでしょ??

折り畳み可能

入れる容量が少ない場合はこうして折りたたんで小さくすることもできます。

バンジーコードが便利!!

バンジーコードが上部に着いていて、コレで色んなものがつけ足せます。

つまり!17.5L以上の物量が運べるという事なのです!!

調節できるバンジーコード
小さい物を固定するなら6か所のフックにゴムをかけ。少し大きめの物を固定するなら4か所が良いでしょう。私はチェアやインフレーター固定した時は4か所でした。

取り付けはシンプル簡単!

通常のサドルバックと固定の仕方は同じです。

サドルのフレーム(レール)に引っ掛けて固定するのと、サドルの下バー(シートピラー)に固定します。

こんな感じ

重すぎると沈む。

これねぇ。重すぎると沈んでしまうんですよね。。。

走ってるうちに沈んでて、ギギギギってタイヤと擦れたりなんかして。傷が。。。

一応元々中にフレームが入ってるのですが、金属ではなく恐らくアクリル製のもの。どうにかしてフレームの強度を上げてほしいものです。

ダウンシングが重くなる

自転車に乗ってダウンシングする時(立ち漕ぎ)重みとたわみで凄く自転車が持って行かれる感じがあります。安定感が無くなるので少し怖いです。

なので、静かに自転車を振らずにダンシングするのが良いでしょう。

完全防水ではない。

一応防水とは謳われていますが、生地が防水素材なだけでつなぎ目から少し水が入ってしまいます。どうしても濡らしたくない物は防水パックで保護しておくべきでしょう。

まとめ

ロードバイクでキャンプするならコレでしょ!って感じです。大は小を兼ねるので、大きい物を選んでおいた方が得。17.5Lは入れ過ぎずのギリギリのラインだなぁと思います。メーカーさんもよく考えてお作りになったなぁと思いました。いいアイテムだ。

なんかアマゾンで調べると現在(2018年5月)バカみたいに価格が上がってますが大丈夫です。コチラmoonlightgearさんから購入されると通常価格で購入可能です。

友だち追加で「お得な情報」「オフ会情報」「交流の場」お届けします!
友だち追加←こちらをポチッと!
コレはナイスな記事!!って思ったら是非クリックをお願いします!↓↓
只今ランキング上位にチャレンジ中!No.1になるぞー!!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする